患者さんへ

メニュー

大動脈解離

疾患の概要

 人間の動脈は3層構造になっており、内側から内膜、中膜、外膜とそれぞれ分けられます。内膜に何らかの原因が傷ができると、その亀裂から中膜に向かって血液が流れこみ、血圧と血流の影響で中膜から血管が裂けてしまいます。これを大動脈解離と言います。症状としては、血圧が上昇し、そして動脈が裂けることで激痛が生じます。裂ける場所によって胸や背中、肩に出る場合や胸から背中に痛みが移動する場合があります。血流障害に伴う症状として、脳に行く血管が裂けた場合、脳循環低下に伴い脳梗塞を起こし、四肢に行く血管が裂けた場合は血流の低下により冷感や指先の痛みが出現します。腎臓に行く血管が裂けた場合は腎機能の低下を引き起こします。

診断と治療

 心電図、胸部レントゲン、心臓超音波、採血、CTなどを使用し診断しますが、特にこの病気を疑ったときは迅速なCT検査が必要となります。造影剤という血管を評価する薬剤を用いて診断を行います。大動脈解離は心臓に近い血管である上行大動脈が裂けるA型と、上行大動脈に解離がないB型の2種類に大きく分けられます。A型解離の場合は心臓に近い血管の病気のため、心臓を覆っている膜の中に血液がたまり心臓を圧迫したり、心臓を栄養している冠動脈が障害を受け心筋梗塞になる等急死する合併症をきたす可能性が高く、裂けた血管を人工血管と取り換える手術が必要となります。一方B型解離の場合血管の破裂や臓器への障害がなければ、血圧を下げる降圧剤を使用し動脈解離や合併症の進行が起きないよう管理していきます。

<A型解離>

<B型解離>

入院生活の流れ

 入院後は血圧を含めた全身状態の管理を集中治療室で行います。少なくとも入院後24時間はベッド上で生活して頂きますが、血圧や痛みが十分管理できている場合は早期から歩行を開始していきます。入院後も適宜造影CTを行い、解離の状態の評価を行います。解離の増悪がなく、全身状態の管理が十分と判断できれば退院となります。退院後も血圧の管理は、継続して必要になります。

文責:池田裕樹

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
佐倉病院 循環器内科

〒285-8741
千葉県佐倉市下志津564-1
TEL:043-462-8811(代表)