患者さんへ

メニュー

心臓弁膜症

疾患の概要

 心臓には左心房、左心室、右心房、右心室という4つの部屋があり、左心室は大動脈につながって全身に血流を送る役割があります。また、右心房は全身を巡った血液が戻ってくる部屋であり、右心房に流れ込んだ血液は、右心室を経て肺動脈に送り出され、左心房に戻って左心室を経てから大動脈に流れていきます。心臓弁膜症とはその4つの部屋を区切る“弁”に異常が生じて正常に機能しなくなる病気のことです。それぞれの弁は右心房と右心室を隔てる 三尖弁”、右心室と肺動脈を隔てる肺動脈弁”、左心房と左心室を隔てる僧帽弁”、左心室と大動脈を隔てる大動脈弁”です。弁の機能が低下することにより心臓の血液を運び出すポンプ機能が破綻し、息切れや、胸痛、めまいなどの症状が出る場合があります。原因としては加齢や変性、心筋梗塞、感染症やまた生まれつき弁形態に異常がある場合もあります。

診断と治療

 無症状の場合は心雑音を契機に発見されることが多く、心電図、胸部X線、心臓超音波検査により診断に至ります。他、息切れなどの症状で受診し、診断されます。
 心臓超音波検査を行い、症候性の弁膜症と判断された場合、心臓カテーテル検査により、冠動脈に狭窄がないか(左心カテーテル)や心臓の機能の詳細な測定(右心カテーテル)を行い、手術適応を検討します。心臓弁膜症の治療には、機能が失われた弁を人工弁に取り換える弁置換術や自身の組織で弁の修復を行う弁形成術があります。かつては体への負担が非常に大きな治療法でしたが、現在では傷口を最小限に抑えて体への負担を軽減する手術方法が開発されています。近年、カテーテル治療も発展してきました。体への負担は手術に比べてはるかに少ないものの、治療を行うには熟練した技術と設備が必要なため、実施できる施設は限られているのが現状です。
僧帽弁閉鎖不全症と大動脈弁狭窄症の心エコー図 僧帽弁閉鎖不全症と大動脈弁狭窄症の心エコー図

入院生活の流れ

心臓弁膜症にはそれぞれの弁で、狭窄症と閉鎖不全症があります。最近は人口の高齢化に伴い、大動脈弁狭窄症が増加しています。弁膜症単独で入院することはあまりなく、多くは心不全発症で入院された際、心不全治療と並行して、上記心エコー図検査やカテーテル検査を行って、総合的に対応していくことが一般的です。

文責:清川甫

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
佐倉病院 循環器内科

〒285-8741
千葉県佐倉市下志津564-1
TEL:043-462-8811(代表)