ご挨拶

ご挨拶

 現在、多くの病気の原因が、遺伝子の変化によって起きていることが医学の進歩によって分かっています。また、最近では遺伝子検査の結果によって、治療薬を選択する医療も注目されています。まさに、病気を単に治すのではなく、“その人の病気”を治すという、時代が到来しています。遺伝学的な検査の数は急速に増加し、簡便になっており、遺伝情報が溢れています。このような状況で、検査を受けることの意味、その必要性について十分な説明が必要とされています。また結果についての正確な解釈・評価がなされなければ、患者様ご本人のみならずご家族の方々にも大きな不安・不利益をもたらすことになりかねません。

 佐倉病院では「臨床遺伝診療センター」を設置しており、主に遺伝学的検査の施行にあたり、担当医とともに遺伝学的問題について話し合い、精神面にも配慮した支援を遺伝カウンセリングという形で実施しております。

 遺伝という言葉からは、妊娠、出産との関係を思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし実際は、内科、外科、小児科をはじめ、ほとんどの診療科に深く関係しています。皆様が各診療科において、遺伝に関係する問題や不安を持たれた際に、安心な医療を受けるために当センターを利用していただく事が出来ましたら幸いに存じます。

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
佐倉病院 臨床遺伝診療センター

〒285-8741
千葉県佐倉市下志津564-1
TEL:043-462-8811(代表)