消化器外科

胃粘膜下腫瘍に対する胃部分切除

胃粘膜下腫瘍(GIST、 平滑筋腫、神経腫など)に対しては胃部分切除が基本術式であり、多くは腹腔鏡手術で施行可能です。胃の入り口(噴門)近傍に発生し悪性度が低いと判断した場合は、腹壁から胃内腔に手術器械を挿入する胃内手術を行う場合もあります。この手法によって胃全摘、噴門側胃切除を回避できる場合があります。
以下のページには手術中の画像が含まれます。