消化器外科

経肛門的内視鏡下マイクロサージェリー(TEM)

大腸内視鏡で切除不能な直腸腺腫、早期直腸がん、直腸カルチノイドなどが適応となります。肛門から手術用直腸鏡を直腸内腔に挿入し局所、内視鏡下に病変を切除し、欠損部を縫合閉鎖します。この手法により人工肛門を要するような過大手術を回避できる場合があります。切除で根治可能な病変が対象となりますので、適応に関しては十分な術前精査が必要となります。
以下のページには手術中の画像が含まれます。