消化器外科
東邦大学医療センター佐倉病院 交通案内
後期研修・入局向けのWEBサイト
内視鏡外科手術について
内視鏡的胃内バルーン留置術
東邦大学医療センター佐倉病院外科
東邦大学医療センター佐倉病院
東邦大学 教育・研究業績データベース【外科学/一般・消化器外科学】

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
佐倉病院 消化器外科

〒285-8741
千葉県佐倉市下志津564-1
TEL:043-462-8811(代表)

食道アカラシアとは

アカラシアとは食道の筋肉の異常による疾患で、蠕動運動の消失と食道下部筋層の過緊張のために通過障害、嘔吐、胸痛等をきたす疾患です。心臓や他の臓器の異常と誤診されることもあります。

食道アカラシアの発症例と原因

若年から発症例を認め、20才代から40才代に多く、国内では10万人に1~2人程度の珍しい病気です。原因は不明ですが、経過とともに食道の拡張が進行します。本疾患を疑われれば、食道X造影検査で診断可能です。食道の異常収縮や拡張像、食道胃接合部における通過障害、また、緊張をとる薬剤による瞬時の改善が見られます。

食道アカラシアの治療法

治療法には、薬物療法、内視鏡的拡張術、手術があります。軽症であれば、筋緊張をとる内服薬で改善しますが、効果のない場合も多々あります。
また、内視鏡により食道の狭窄部を拡張させることにより、一時的な拡張が得られます。拡張している期間には個人差があり、週単位でもとに戻る場合もあります。これらの場合には、手術が考慮されます。
手術は食道下部筋層の縦切開による減圧および狭窄解除と、噴門形成による逆流防止からなります(図1、2)。 当科では、本術式を鏡視下手術にて(腹部に5mmから1cmの小孔を5個あけて)施行しております。術後は早期に摂食可能で、一般に5日から7日で退院となります。
食道アカラシア手術方法