消化器外科

食道がんの検査とは

もし、あなたが、食道がんの症状があるようでしたら、是非検査をお勧めします。
食道がんの原因は生活習慣であることがほとんどです。早期に発見し、治療で完治させ、生活習慣を改善することが何より重要です。
検査には、食道がんがあるかどうかをみるための存在診断と、がんの広がりをみるための進展度診断があります。内視鏡切除で完治できるものから、手術・放射線・抗がん剤等を併用するものまで様々な治療方法を適用するための検査です。正確な診断は、Quality of Life を重視した過不足ない適切な治療法につながります。
全国標準のために発行されている「食道がん治療ガイドライン」も、現行の検査の水準に基づいています。
検査には、食道造影、内視鏡、CT、頚部腹部超音波、超音波内視鏡、RI(骨スキャン、 PET )などがあります。以下のページにて解説します。