消化器外科
東邦大学医療センター佐倉病院 交通案内
後期研修・入局向けのWEBサイト
内視鏡外科手術について
内視鏡的胃内バルーン留置術
東邦大学医療センター佐倉病院外科
東邦大学医療センター佐倉病院
東邦大学 教育・研究業績データベース【外科学/一般・消化器外科学】

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
佐倉病院 消化器外科

〒285-8741
千葉県佐倉市下志津564-1
TEL:043-462-8811(代表)

内視鏡的粘膜切除術(EMR)・粘膜下層剥離術(ESD)

粘膜に留まるがんに対しては、内視鏡的粘膜切除術(EMR)にて3cm、3/4周以内の病変が切除の適応となっています。近年、切除装置の進歩により粘膜下層剥離術が開発され、より大きな病変の一括切除も可能となっています。
食道がん治療ガイドラインでは、深達度の、m1・m2までを絶対適応、m3・sm1を相対適応としています(図:食道壁構造)。 切除の後には、病理組織診断をおこない、追加治療が必要かどうか検討します。
食道壁構造
食道壁構造

食道粘膜がんに対するESDの実際
食道粘膜がんに対するESDの実際
左上:ヨード染色、右上:生食注入
左下:マーキング、右下:ITナイフによる切除

ESDによる食道がん切除標本:ヨードに染まらない部分が病巣
ESDによる食道がん切除標本:ヨードに染まらない部分が病巣