診療科のご案内

診療科のご案内

東邦大学医療センター佐倉病院膠原病内科は、関節リウマチ含めた膠原病を専門に診療を担当しています。近年、生物学的製剤やJAK阻害薬といった分子標的治療薬が広く用いられるようになり、リウマチ性疾患の治療は大きく進歩し、疾患の予後も改善しています。当科ではこれらの新薬なども積極的に導入しながら患者さんにとって最善の医療を提供していきます。

沿革

平成3年9月に佐倉病院内科学講座は入江實教授のもとで開設されました。その後、膠原病の診療は、富岡玖夫教授のもとで免疫・アレルギー・呼吸器内科として、鏡味勝先生(昭和51年千葉大卒)、松村竜太郎先生(昭和56年千葉大学卒)が、主に膠原病を、中澤卓也先生(平成3年東邦大卒)がアレルギー疾患を、川島辰男先生(昭和61年千葉大卒)、松澤康雄先生(平成3年千葉大卒、現呼吸器内科診療責任者)が、主に呼吸器疾患を担当し、多くの診療実績、研究業績を残してきました。平成16年からは、膠原病専門医が不在となっていましたが、平成27年4月に熊野浩太郎先生(平成4年千葉大卒)が膠原病内科の臨床教授として赴任され、佐倉病院にて膠原病疾患における研究、教育、診療を熱心に行ってきました。令和3年9月に熊野浩太郎教授がご退職され、令和4年4月より金子開知(平成17年東邦大卒)が講師として赴任し引き続き、リウマチ膠原病の診療を行っています。

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
佐倉病院 膠原病内科

〒285-8741
千葉県佐倉市下志津564-1
TEL:043-462-8811(代表)