患者さんへ

メニュー

診療内容

まずは症状やこれまでの生活歴や病歴、さらにはご家族のことなどお話を聞かせていただくことから始まります。
その後、診察に続いてマンモグラフィや乳房超音波などの検査を行います。
これらの結果に応じて、必要なら治療計画を立てていくことになります。
良性と診断されても、症状や希望などに応じて経過観察や診療の計画をすることもあります。
悪性と診断されるなど積極的な治療が必要な場合でも、個人のライフスタイルや考え方、希望をもとに診療の計画を立てていきます。

乳癌の治療は、研究が進み、乳癌のタイプに応じた個別治療が可能となってきました。
乳腺外科では、科学的根拠に基づく乳癌診療ガイドラインなどに沿って、手術療法や薬物療法、放射線療法など、乳癌のタイプに応じた治療計画を提案します。
また、形成外科と協同した乳房再建、リプロダクションセンターと協同した妊孕性温存のための対策、診断や治療に伴う心身の不調への対応等も積極的に行っています。
さらに、化学療法室、緩和ケアチーム、がん相談支援センター、看護相談室など様々な組織が連携し、1つのチームとなって、あなたの治療や療養環境のサポートを行ないます。

あなたの診療の主人公は、あなた本人です。

*スタッフの移動予定等の為診療日につきましては、外科外来受付までご連絡いただきますよう、よろしくお願いします。

043-462-8811(代表)

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
佐倉病院 乳腺外科

〒285-8741
千葉県佐倉市下志津564-1
TEL:043-462-8811(代表)