脳神経内科

診療時間・診察日

💛患者さんへのお知らせ💛
★東邦大学佐倉病院脳神経内科の外来は、2019年4月から下記となります。

【新患外来】

午前8時30分より受付開始
月曜(相羽,川邉清一[午前])
水曜(榊原,大木剛(第2,4週)[午前])
金曜(榊原,舘野冬樹[午前])
 ※一般外来は午前中のみ。
 ※「ものわすれ外来(榊原)」
  金曜午後13時~
なるべく紹介状をご持参ください。

【再診外来】

月曜(相羽,川邉清一[午前])
水曜(榊原,,大木剛(第2,4週)[午前])
金曜(榊原,舘野冬樹[午前])
 ※一般外来は午前中のみ。

【ものわすれ外来】

金曜午後(榊原)

火,木,土曜は院内・院外救急対応のみとさせて頂きたく存じます。

診療スケジュールへ

ご紹介頂く先生方へ

入局希望の方向け特設サイトへ
第51回日本脊髄障害医学会
第51回脊髄障害医学会のご報告と御礼
佐倉病院神経内科10周年・教授就任の会のご報告2017
2017・2018年度学会賞 ご報告と御礼
東邦大学医療センター佐倉病院 内科学講座
東邦大学医療センター佐倉病院

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
佐倉病院 脳神経内科

〒285-8741
千葉県佐倉市下志津564-1
Tel:043-462-8811(代表)

ご挨拶

榊原 隆次
私どものホームページをご覧頂きありがとうございます。このホームページは、一般の方/患者さん/医療関係の方/研修医・学生の方を、広く想定して作成しております。
21世紀は脳の世紀ともいわれます。大学病院で脳神経を扱う科は3つあり、神経内科、脳神経外科、メンタルヘルス科(精神科)に分けられます。
神経内科は、頭痛外来(頭痛の早期診断・治療)、物忘れ外来(認知症の早期診断・治療)、しびれ外来(しびれ・まひの早期診断・治療)、ふるえ外来(ふるえの早期診断・治療)、脳卒中・歩行障害外来(脳卒中・歩行障害の早期診断・治療)、排尿障害外来(内科的尿もれ・頻尿・排尿困難の診断・治療)、めまい外来(内科的めまいの早期診断・治療)、てんかん外来(てんかんの診断・治療)などを行なっており、救急に対応しております。外来および入院では、脳脊髄MRI(エムアールアイ)、脳血流SPECT(スペクト)、筋電図・脳波、自律神経検査、遺伝子検査等を駆使して、病気の早期発見と、先進的治療を行なっております。
神経内科の病気には、厚労省の特定疾患である重症筋無力症、多発性硬化症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、筋萎縮症をはじめ、年配の方に多いアルツハイマー病や脳卒中、しびれの原因となる末梢神経炎、立ちくらみの原因となる自律神経障害など、多彩な疾患があります。
東邦大学医療センター佐倉病院では、平成19年(2007年)3月に、内科学講座に神経内科が開設され、榊原隆次をチーフとしてメンバーを増やし、診療実績を積んでまいりました。新患外来は毎週月曜(岸)・火曜(榊原)・水曜(榊原,舘野冬樹[午前])・木曜(岸,露崎[午前])・金曜(榊原, 舘野冬樹[午前])、午前8:30からです。稀に学会・講義等で休診日がありますので、神経内科受付まで電話でお問合せ下さいませ。今後も、地域への貢献LOCAL(外来・入院・市民公開講座をご参照ください)と、発信GLOBAL(研究をご参照ください)、の両面を備えた神経内科を目指し、皆様とともに歩んでまいりたいと存じます。
2010.3.25 文責 神経内科 榊原隆次

お知らせ一覧へ

2021年06月03日 昨年度コロナ延期しておりました「佐倉神経精神セミナー(東邦医学会分科会)」が、小児科金村先生を年度世話人として、8月27日17:00~19:00 東邦大学医療センター佐倉病院7階(薬学)講義室で開催されることになりました(本年度は、院内限定での開催です)。
2021年06月03日 医学部2・3年生・医学論文【総説】コースの総説論文が月刊「薬局」誌に発表されました。
2021年04月20日 💛💛ニューロWEB多職種公開講座 完全リモート 地域で考えるケアと治療「てんかんは怖くない! (第2回)」💛💛2021.7.31 (土)14:00-15:30  が、佐倉病院ニューロチーム(今回は脳神経内科・小児科・脳神経外科・メンタルヘルスクリニック)を中心に開催されることになりました。子供さんから年配の方まで、時にみられるてんかんについて、ケアと治療のお話をさせて頂きます。スマホで2次元バーコードを読んでみて下さいませ。どうぞ皆様のご参加をお待ちしております! (お問合せ先: 東邦大学医療センター佐倉病院脳神経内科 榊原隆次)
2021年04月08日 💛コロナ禍の中、東邦大学医療センター佐倉病院WEB公開講座が、当院ニューロチームより2年振りに開催されました! ~「歩行障害と共に歩む~予防とケア luctor et emergo '希望'」💛
2021年04月02日 💛佐倉病院脳神経内科が監修した「パーキンソン病と便秘」が、日経メディカル動画サイトにて配信されます! パーキンソン病の便秘は、薬剤の吸収にも影響し、悪性症候群(高熱・高CK血症と共に動けなくなる状態)やイレウス緊急手術に至ることがある大事な症状です。その予防とケアについて分かり易く解説しています。資料も併せご覧下さいませ💛