脳神経内科

平成29年度(2017年度)の研究業績

研究原著17編(うち英文14編);著書3編(うち英文1編); 総説15編; シンポジウム/特別講演/ランチョンセミナー/パネルディスカッション等29編(うち英文4編); 一般講演49編(うち英文19編)であった。
昨年度に引き続きパーキンソン病、多系統萎縮症などの変性疾患、認知症、脳血管障害などの研究を行なった。特に、代表的な脳疾患であるパーキンソン病による神経因性膀胱についての治療ガイドラインが、日本排尿機能学会ガイドライン委員会から、東邦大学(佐倉病院神経内科榊原隆次、大橋病院泌尿器科関戸哲利先生)を含めて発信された。

研究原著17編(うち英文14編)

  1. An International Continence Society (ICS) report on the terminology for adult neurogenic lower urinary tract dysfunction (ANLUTD). Gajewski JB, Schurch B, Hamid R, Averbeck M, Sakakibara R, Agrò EF, Dickinson T, Payne CK, Drake MJ, Haylen BT. Neurourol Urodyn. 2017 Nov 17. doi: 10.1002/nau.23397. [Epub ahead of print]
  2. Urological dysfunction in synucleinopathies: epidemiology, pathophysiology and management. Sakakibara R, Tateno F, Yamamoto T, Uchiyama T, Yamanishi T. Clin Auton Res. 2017 Nov 9. doi: 10.1007/s10286-017-0480-0. [Epub ahead of print] Review.
  3. The prevalence, course and clinical correlates of migraine in Parkinson's disease: A multicentre case-controlled study. Suzuki K, Okuma Y, Uchiyama T, Miyamoto M, Sakakibara R, Shimo Y, Hattori N, Kuwabara S, Yamamoto T, Kaji Y, Hirano S, Suzuki S, Haruyama Y, Kobashi G, Hirata K; Kanto NMPD investigators. Cephalalgia. 2017 Jan 1:333102417739302. doi: 10.1177/0333102417739302. [Epub ahead of print]
  4. Postvoid residual predicts the diagnosis of multiple system atrophy in Parkinsonian syndrome. Yamamoto T, Asahina M, Yamanaka Y, Uchiyama T, Hirano S, Fuse M, Koga Y, Sakakibara R, Kuwabara S. J Neurol Sci. 2017 Oct 15;381:230-234.
  5. Impact of sleep-related symptoms on clinical motor subtypes and disability in Parkinson's disease: a multicentre cross-sectional study. Suzuki K, Okuma Y, Uchiyama T, Miyamoto M, Sakakibara R, Shimo Y, Hattori N, Kuwabara S, Yamamoto T, Kaji Y, Hirano S, Kadowaki T, Hirata K; Kanto NMPD investigators. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2017 Nov;88(11):953-959.
  6. Editorial Comment from Dr Sakakibara to Case of possible multiple system atrophy with a characteristic imaging finding of open bladder neck during storage phase as an initial sign. Sakakibara R. Int J Urol. 2017 Nov;24(11):819-820.
  7. Characterizing restless legs syndrome and leg motor restlessness in patients with Parkinson's disease: A multicenter case-controlled study. Suzuki K, Okuma Y, Uchiyama T, Miyamoto M, Sakakibara R, Shimo Y, Hattori N, Kuwabara S, Yamamoto T, Kaji Y, Hirano S, Numao A, Hirata K; Kanto NMPD investigators. Parkinsonism Relat Disord. 2017 Nov;44:18-22.
  8. Genetic Screening for Spinocerebellar Ataxia Genes in a Japanese Single-Hospital Cohort. Sakakibara R, Tateno F, Kishi M, Tsuyusaki Y, Aiba Y, Terada H, Inaoka T, Sawai S, Kuwabara S, Nomura F. J Mov Disord. 2017 Sep;10(3):116-122.
  9. Anticoagulant-Free but Dangerous: Perisurgical Consideration. Aiba Y, Sakakibara R, Tsuyusaki Y, Kishi M, Tateno F, Ogata T, Nagao T, Terada H, Inaoka T. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2017 Sep;26(9):2038-2040.
  10. Neurogenic bowel dysfunction: Clinical management recommendations of the Neurologic Incontinence Committee of the Fifth International Consultation on Incontinence 2013. Cotterill N, Madersbacher H, Wyndaele JJ, Apostolidis A, Drake MJ, Gajewski J, Heesakkers J, Panicker J, Radziszewski P, Sakakibara R, Sievert KD, Hamid R, Kessler TM, Emmanuel A. Neurourol Urodyn. 2017 Jun 22. doi: 10.1002/nau.23289. [Epub ahead of print] Review.
  11. Seiza-induced neuropathy: an occupational peroneal neuropathy in a Japanese lady. Kishi M, Sakakibara R, Takahashi O, Nakamura H, Tateno F, Tsuyusaki Y, Aiba Y, Ogata T, Suzuki Y. Neurol Sci. 2017 Aug;38(8):1521-1522.
  12. The Utility of Post-Void Residual Volume versus Sphincter Electromyography to Distinguish between Multiple System Atrophy and Parkinson's Disease. Yamamoto T, Asahina M, Yamanaka Y, Uchiyama T, Hirano S, Fuse M, Koga Y, Sakakibara R, Kuwabara S. PLoS One. 2017 Jan 6;12(1):e0169405. doi: 10.1371/journal.pone.0169405.
  13. Diagnostic imaging of dementia with Lewy bodies by susceptibility-weighted imaging of nigrosomes versus striatal dopamine transporter single-photon emission computed tomography: a retrospective observational study. Kamagata K, Nakatsuka T, Sakakibara R, Tsuyusaki Y, Takamura T, Sato K, Suzuki M, Hori M, Kumamaru KK, Inaoka T, Aoki S, Terada H. Neuroradiology. 2017 Jan;59(1):89-98.
  14. Prevalence and treatment of LUTS in patients with Parkinson disease or multiple system atrophy. Ogawa T, Sakakibara R, Kuno S, Ishizuka O, Kitta T, Yoshimura N. Nat Rev Urol. 2017 Feb;14(2):79-89.
  15. 柴田千晴, 榊原隆次, 加賀 勘家, 内山 智之, 和久井 大輔, 山西 友典. 排尿筋圧が持続する特徴的な排尿筋過活動について(原著論文) 日本脊髄障害医学会雑誌 30巻1号 P52-56 (2017.05)
  16. 秋葉 崇, 小川 明宏, 寺山 圭一郎, 土谷 あかり, 中川 晃一, 榊原 隆次, 丸岡 弘. 足関節底背屈運動が血行動態と自律神経系に与える影響(原著論文) 理学療法科学32巻5号 P695-699 (2017.10)
  17. 柴田 千晴, 榊原 隆次, 加賀 勘家, 加賀 麻祐子, 池田 眞由美, 堀内 裕次, 及川 信次, 菱沼 昭, 山西 友典. 尿流動態検査における排尿時・排尿後感覚定量評価の試み(原著論文) 臨床検査栃木12巻2号

(研究原著より。文献No.2)

Urological dysfunction in synucleinopathies: epidemiology, pathophysiology and management. Sakakibara R, Tateno F, Yamamoto T, Uchiyama T, Yamanishi T. Clin Auton Res. 2017 Nov 9. doi: 10.1007/s10286-017-0480-0. [Epub ahead of print] Review.
サイニュークレイノパチー(パーキンソン病・多系統萎縮症)の神経因性膀胱の総説である。
排尿の神経支配
排尿の神経支配

大脳基底核による排尿系の神経支配.
大脳基底核による排尿系の神経支配.

著書3編(うち英文1編)

  1. Apostolidis A, Drake MJ, Emmanuel A, Gajewski J, Hamid R, Heesakkers J, Kessler T, Madesbacher H, Mangera A, Panicker J, Radziszewski P, Sakakibara R, Sivert KD, Wyndaele JJ. Committee 10: Neurogenic fecal incontinence. In: ICI International Consultation on Incontinence: Abrams P, Cardozo L, Wagg A, Wein A eds., Incontinence, 6th Edition, ICUD publisher, 2017: 1095-1280.
  2. 日本排尿機能学会 パーキンソン病における下部尿路機能障害診療ガイドライン作成委員会(委員長 榊原隆次) 編集 パーキンソン病における下部尿路機能障害診療ガイドライン 113頁ISBN978-4-498-06428-7 2017年04月発行
  3. 榊原隆次. 認知症. 下部尿路機能障害の治療とケア、編集: 谷口珠美、武田正之、MCメディカ出版、東京、2017: 116-122.

(著書より。文献No.1,2)

ICI International Consultation on Incontinenceは、WHO World Health Organizationの協賛で開始され、2-4年に1回開催されている。排泄障害を学際的に研究・普及させるための国際研究グルーブで、本書はICI 2016 Tokyo (ICS 2016 Tokyoと並行して開催された)の報告書である。

日本排尿機能学会 パーキンソン病における下部尿路機能障害診療ガイドライン作成委員会(委員長 榊原隆次、東邦大学大橋病院泌尿器科関戸哲利教授に多大なご協力を頂きました) 編集 パーキンソン病における下部尿路機能障害診療ガイドライン 113頁ISBN978-4-498-06428-7 2017年04月発行. 巻頭言より抜粋:
パーキンソン病(PD)では、泌尿器科医・消化器科医の間で広く知られておりますように、過活動膀胱・便秘をはじめとする多彩な「非運動症状」がみられます。PD患者さんの下部尿路機能障害の治療に際して、どのような点に気をつけて行うべきなのか、どのような効果が予想されるのか、これまで、十分にまとまった参考資料がほとんどなく、治療の選択等で難渋する場合が少なくなかったように思われます。これらの点について、先生方から、身近で使えるガイドラインの必要性が聞かれておりました。今回、「診療ガイドライン」を作成いたしました。PDの下部尿路機能障害は、病態面では、中枢性の神経因性膀胱の中で、最も研究が進んでいる領域と思われますが、なお不明な点が少なからずみられます。治療面では、多数例無作為2重盲検による介入研究が、残念ながらまだほとんど行われておりません。しかし、本ガイドラインは、PD患者さんの治療を、科学的かつ実際的に行う最初のステップになるものと考え、あえて作成に取り組むことと致しました。この「診療ガイドライン」が、広く参照され、臨床の場で役立ち、下部尿路機能障害で苦しんでおられるPD患者さんの助けになることを祈念しております。

総説15編

  1. 榊原 隆次, 舘野 冬樹, 土井 啓員, 岸 雅彦, 露崎 洋平, 相羽 陽介. 【慢性便秘診療の今】 神経内科領域での便秘診療(解説/特集) Pharma Medica35巻9号 P45-47(2017.09)
  2. 北村 範子, 稲岡 努, 中塚 智也, 榊原 隆次, 寺田 一志. 【脊椎・脊髄MRIのピットフォール-アーチファクトと偶発所見】 下位腰椎・仙椎MRIでのピットフォール 遭遇する可能性のある骨盤内病変を中心に(解説/特集) 脊椎脊髄ジャーナル30巻9号 P849-856(2017.09)
  3. 荒木 信夫, 田村 直俊, 長谷川 康博, 榊原 隆次, 内山 智之, 山本 達也, 舘野 冬樹, 岸 雅彦, 露崎 洋平, 中村 正彦, 土本 寛二, 中里 良彦, 中島 耕一, 日本神経治療学会治療指針作成委員会. 標準的神経治療 自律神経症候に対する治療(解説) 神経治療学33巻6号 P653-688(2016.11)
  4. 榊原 隆次. 【筋神経系疾患の排泄障害対策】 [第1部]要介護度5の神経難病における排泄障害 筋萎縮性側索硬化症と脊髄小脳変性症/多系統萎縮症を中心に(解説/特集) 難病と在宅ケア23巻3号 P27-29(2017.06)
  5. 榊原 隆次. 検査からみる神経疾患 排尿・排便検査の実際とその異常 Tests for gastrointestinal tract and bladder autonomic function(解説) Clinical Neuroscience35巻4号 P487-489(2017.04)
  6. 榊原 隆次, 舘野 冬樹, 山本 達也, 長尾 建樹. パーキンソン病診断のコツとPitfall パーキンソン病での自律神経症状(解説) Frontiers in Parkinson Disease10巻2号 P90-96(2017.05)
  7. 舘野 冬樹, 榊原 隆次. 検査からみる神経疾患 血圧・脈拍テストの実際とその異常(解説) Clinical Neuroscience35巻2号 P236-237(2017.02)
  8. 内山 智之, 榊原 隆次, 平田 幸一. 【神経因性膀胱の完全制覇】 大脳・脳幹疾患による神経因性膀胱 パーキンソン病・多系統萎縮症・アルツハイマー病(解説/特集 臨床泌尿器科71巻2号 P137-146(2017.02)
  9. 榊原 隆次, 舘野 冬樹, 山本 達也, 内山 智之. パーキンソン病-基礎・臨床の最新情報-】 パーキンソン病の治療 パーキンソン病の非運動症状とその対応 排泄障害(解説/特集) 日本臨床75巻1号 P111-118(2017.01)
  10. 榊原隆次 脳卒中と排尿障害. JSA (The Japan Stroke Association) NEWS 2017; 48: 7-9.
  11. 榊原隆次、猿田雅之. 便秘Interface: 神経疾患編.神経内科領域での便秘診療. (神経内科専門医への質問, 神経内科専門医から消化器専門医への質問). Pharma Medica 2017; 35: 45-47.
  12. 榊原隆次 術後にビタミンB1を投与しなかったためにウェルニッケ脳症が発症して後遺障害が生じたなどと主張して損害賠償を求めた事例: 解説~専門家の立場から 医療判例解説 第69号(2017.8)
  13. 榊原隆次 敗血症や細菌性髄膜炎を疑い、速やかに検査、治療する注意義務に違反した結果、患者が受診翌日に死亡したとして損害賠償を求めた事例: 解説~専門家の立場から 医療判例解説 第70号(2017.10)
  14. 内山智之、山本達也、鈴木圭輔、加賀勘家、山西友典、榊原隆次、桑原聡、平田幸一. 認知機能と排尿ケア. Modern Physician 2017; 37: 1296-98.
  15. 舘野 冬樹, 榊原 隆次. 概論で学ぶ 脳血管障害の高齢者に対する排尿管理(解説) Uro-Lo 2017; 22: 745-749.

(総説より。文献No.12))

判例解説の途中、このように記載されています: 「・・・例えば当院では病棟薬剤師さんが常駐するようになり、以前は内服に関してだけでしたが、現在では点滴薬などにも関与し、チェックが入るようになっています。全国的にも現在はそのような体制になっている医療施設が多くなっているものと思います。薬剤師さんのプロ意識は高く、かなり勉強されているのが分かります。本件の病院の体制は分かりませんが、病棟薬剤師さんなどのチェックが入っていたら、ビタミンの不投与は防げていたのかもしれません。」

シンポジウム/特別講演/ランチョンセミナー/パネルディスカッション等29編(うち英文4編)

  1. Sakakibara R. Skill Workshop (Educational Course). Novel Insights into bladder and sexual dysfunction in Parkinson’s disease. Vancouver, Canada, 2017. 6.7
  2. R. Sakakibara. Symposium. Synycleinopathies from autonomic point of view. Journal of the Neurological Sciences, Vol. 381, p16 Published in issue: October 15, 2017 23rd World Congress of Neurology 2017, Kyoto, 2017.9.16-21.
  3. R. Sakakibara. Symposium. Autonomic bladder disorders in dementia with Lewy bodies. 70th The International Society for Autonomic Neuroscience 2017, Nagoya, 2017.8.31-9.2
  4. Uchiyama T, Sakakibara R. Symposium. Autonomic bladder disorders in stroke. 70th The International Society for Autonomic Neuroscience 2017, Nagoya, 2017.8.31-9.2
  5. 榊原隆次. 加齢に伴う変化と過活動膀胱(OAB) 認知症など(高次機能の変化)とOAB. 第19回UTPシンポジウム、東京、2017. 1.14.
  6. 榊原隆次 なぜ起きる? パーキンソン病患者の消化器症状. 大塚製薬e-講演会、東京、2017.2.1
  7. 榊原隆次 特別講演. 神経変性疾患と便秘  アミティーザ発売4周年記念講演会、幕張、2017.2.11
  8. 榊原隆次. 特別講演. パーキンソン病の病態と治療、Novartis Pharma講演会、千葉、2017.3.1
  9. 榊原隆次. 特別講演. パーキンソン病の自律神経障害、Happy Face Seminar in 千葉、千葉、2017.3.6
  10. 榊原隆次. 特別講演. 認知症治療と自律神経~膀胱直腸障害の対処法、Reminil Web Seminar、東京、2017.3.22
  11. 榊原隆次. 特別講演. パーキンソン病の自律神経障害 第2回高崎パーキンソン病地域医療研究会、高崎、2017.5.19
  12. 榊原隆次. 中枢疾患とLUTD: 認知症と歩行障害がある患者さんの見方. 日本泌尿器科学会/日本排尿機能学会/日本老年泌尿器科学会、 第14回排尿機能検査士講習会Advancedコース 東京、2017.6.10
  13. 榊原 隆次. 特別講演. 認知症患者さんの排尿排便障害 症状と対処の理解へ(会議録)  日本老年医学会雑誌54巻Suppl. P58(2017.05) 第59回日本老年医学会、東京、2017.6.14.
  14. 榊原隆次. 特別講演. パーキンソン病における消化管・膀胱直腸障害. 第42回北和神経内科研究会、奈良、2017.8.25
  15. 榊原隆次. 特別講演. 高齢者過活動膀胱と認知機能. 第3回アカシア泌尿器科講演会、金沢、2017.9.21
  16. 榊原 隆次. 特別講演. パーキンソン病における下部尿路機能障害診療ガイドライン(会議録) 日本排尿機能学会誌28巻1号 P162(2017.09) 第24回日本排尿機能学会学術集会、東京、2017.9.28
  17. 榊原隆次. 特別講演. 認知症と自律神経~膀胱直腸障害の対処法. 第14回東海地区精神科病院認知症セミナー、名古屋、2017.10.7
  18. 榊原隆次. 特別講演. 神経難病患者の排尿障害. 平成29年度東葛北部地域難病相談支援センター事業、柏市、2017.10.21
  19. 榊原隆次. 特別講演. パーキンソン病と便秘. アミティーザ発売5周年記念講演会、札幌、2017.10.28
  20. 榊原 隆次 特別講演. .泌尿器「排尿障害患者治療における地域医療連携:パーキンソン病における下部尿路機能障害診療ガイドラインを受けて パーキンソン病における下部尿路機能障害診療ガイドラインにもとづいた神経因性膀胱の診断・治療と医療連携(会議録)   日本臨床生理学会雑誌 47巻4号 P94 (2017.10) 日本臨床生理学会学術大会、栃木、2017.11.5
  21. 榊原隆次. Web講演. OTSUKA DR'S STUDIO 「エキスパートと学ぶ!パーキンソン病の症状」  第1回 2017/10/04 パーキンソン病における排尿障害とは?
  22. 榊原隆次. Web講演. OTSUKA DR'S STUDIO 「エキスパートと学ぶ!パーキンソン病の症状」  第2回 2017/10/18 パーキンソン病における排尿障害の治療とは?
  23. 榊原隆次. Web講演. OTSUKA DR'S STUDIO 「エキスパートと学ぶ!パーキンソン病の症状」  第3回 2017/11/01 パーキンソン病における性機能障害とは?
  24. 榊原隆次. 特別講演. 認知症と排尿障害. 第9回埼玉県産婦人科医会 女性加齢医学研究会 学術講演会、浦和、2017.11.7
  25. 榊原隆次. 特別講演. 高齢者の排泄障害. 東京大学医学部付属病院高齢者研修講習会、東京、2017.11.8
  26. 榊原隆次. Opening Remarks Presentation, 認知症と運転免許について考える会、佐倉、2017.11.17
  27. 榊原隆次. 特別講演. 神経因性膀胱の見方~脳疾患を中心に. 名古屋ニューロサイエンスカンファランス、名古屋、2017.11.30
  28. 榊原隆次. 認知症と下部尿路症状(LUTS). YurifOD錠Web講演会, Live配信、東京、2017.12.6
  29. 榊原隆次. 特別講演. 認知症と下部尿路症状. 倉敷泌尿器科カンファランス、倉敷、2017.12.14

その他

  1. 榊原隆次、中川晃一  特集: 老いとともに. しびれの原因 隠れた病気? 朝日新聞 医療欄 2017.2.1
  2. 榊原隆次、土井啓員、秋葉崇、飯村綾子. 自律性(autonomy)を尊重する医療チームへ. Happy Face Café(パーキンソン病), 2017, Vol4.
  3. 榊原隆次. Web Interview. 「医のふかぼり」 パーキンソン病における下部尿路機能障害診療ガイドライン. わたらせリバーサイドクリニック、東京、2017.5.23
  4. 榊原隆次「元気になる健康ワイド特集」 ふるえがあれば神経内科(本態性振戦)」 日刊ゲンダイ2017年12月6日
  5. 榊原隆次 「夏バテ? だけじゃない 食後の低血圧にご用心」食後に席を立とうとした時、めまいを感じたり、ふらついたことはありませんか? もしかしたら「食後性低血圧」かもしれません。東京都港区広報誌「ラクっちゃ通信」 第10号 2017.7夏 
  6. 榊原隆次 パーキンソン病における便秘とその対処法 シリーズ: パーキンソン病と上手に付き合うためのヒント パーキンソン病情報誌「マックス」(第49号) 2017.12
  7. 榊原隆次. 第5回国際神経泌尿器科学会(INUS2017)in Zurich フォト・エッセイ. 排尿障害プラクティス 2017; 25: 78-82.

一般講演49編(うち英文19編)

  1. Sakakibara R, Tateno F. Stercoral ulcer and colonic perforation in a Parkinson’s disease patient with constipation. Asian Neurogastroenterology & Motility Association (ANMA) & Japanese Society of Neurogastroenterology & Motility (JSNM) Joint Meeting 2017, Nagoya, 2017.3.23-25.
  2. Sakakibara R. Wearable gait sensors to measure degenerative cerebellar ataxia. Vancouver, Canada, 2017. 6.7
  3. Suzuki K, Okuma Y, Uchiyama T, Miyamoto M, Sakakibara R, Shimo Y, Hattori N, Kuwabara S, Yamamoto T, Hirata K, Kanto NMPD investigators. Headache and migraine in Parkinson’s disease: a multicenter cross-sectional study. International Headache Society 2017, Vancouver, Canada, 2017.9.7-10.
  4. Tateno f1, Sakakibara r1, Aiba y1, Tsuyusaki y1, Kishi m1, Ri h2, Takahashi o3, Nakamura h3, Sugiyama m3. The relationship between lower urinary tractfunction and 123i- ioflupane scintigraphyin Parkinson’s disease. International Continence Society in Florence, Italy, 2017.9.12-15.
  5. Sakakibara r1, Takahashi o2, Tateno f1, Kishi m1, Tsuyusaki y1, Aiba y1, Lee h3, Yamamoto t4, Shibata c5, Uchiyama t5, Yamanishi t5. Relationship between bladder, periarterial and somatic neuropathy in diabetes. International Continence Society in Florence, Italy, 2017.9.12-15.
  6. Sakakibara r1, Tateno f1, Takahashi o2, Kishi m1, Tsuyusaki y1, Aiba y1, Lee h3, Yamamoto t4, Shibata c5, Uchiyama t5, Yamanishi t5. Parkinson’s disease and prostate hyperplasia: which is more contributing to overactive bladder? International Continence Society in Florence, Italy, 2017.9.12-15.
  7. Sakakibara r1, Sugiyama m2, Tateno f1, Takahashi o2, Nakamura h2, Kishi m1, Tsuyusaki y1, Aiba y1, Lee h3, Yano m3, Suzuki h3. Bladder first-sensation-volume increase is primary in diabetic neuropathy: a five-grade measure. International Continence Society in Florence, Italy, 2017.9.12-15.
  8. Uchiyama t1, Yamamoto t2, Higuchi y3, Suzuki k4, Kadowaki t4, Fujita h4, Watanabe y4, Kaga k5, Yamanishi t5, Sakakibara r6, Hirata k4, Kuwabara s2. Association between abnormal circadian rhythm of melatonin secretion and nocturnal polyuria in patients with Parkinson’s disease. International Continence Society in Florence, Italy, 2017.9.12-15.
  9. Shibata c1, Ishii t2, Kanya k3, Mayuko k3, Miki f4, Oikawa s5, Hishinuma a5, Sakakibara r6, Yamanishi t3, Igarashi t2. The morphological characteristics of the bladder contraction in female. International Continence Society in Florence, Italy, 2017.9.12-15.
  10. Yamamoto t1, Asahina m1, Yamanaka y1, Uchiyama t2, Hirano s1, Fuse m3, Koga y4, Sakakibara r5, Kuwabara s1. Large postvoid residual is a strong predictor of the diagnosis of multiple system atrophy in patients with parkinsonian syndrome. International Continence Society in Florence, Italy, 2017.9.12-15.
  11. Sakakibara r1, Doi h2, Tateno f1, Kishi m1, Tsuyusaki y1, Ogata t1, Aiba y1. Gatrointestinal dysfunction in dementia with Lewy bodies: a comparison with Parkinson’s disease. International Continence Society in Florence, Italy, 2017.9.12-15.
  12. Y. Aiba, R. Sakakibara, Y. Tsuyusaki, F. Tateno, M. Kishi, T. Ogata. Antithrombotic-free but dangerous: Post-surgical consideration. Journal of the Neurological Sciences, Vol. 381, p390 Published in issue: October 15, 2017 23rd World Congress of Neurology 2017, Kyoto, 2017.9.16-21.
  13. R. Sakakibara, K. Terayama, A. Ogawa, H. Haruta, T. Akiba, F. Tateno, M. Kishi, Y. Tsuyusaki, and others. Wearable gait sensors to measure degenerative cerebellar ataxia. Journal of the Neurological Sciences, Vol. 381, p56–57 Published in issue: October 15, 2017 23rd World Congress of Neurology 2017, Kyoto, 2017.9.16-21.
  14. R. Sakakibara, H. Doi, F. Tateno, M. Kishi, Y. Tsuyusaki, T. Ogata, Y. Aiba. Gatrointestinal dysfunction in dementia with lewy bodies: A comparison with Parkinson’s disease. Journal of the Neurological Sciences, Vol. 381, p115 Published in issue: October 15, 201 23rd World Congress of Neurology 2017, Kyoto, 2017.9.16-21.
  15. K. Suzuki, Y. Okuma, T. Uchiyama, M. Miyamoto, R. Sakakibara, Y. Shimo, N. Hattori, S. Kuwabara, and others. The effect of sleep-related symtpoms on clinical motor subtype and disease-related disability in parkinson’s disease: A multicenter, cross-sectional study. Journal of the Neurological Sciences, Vol. 381, p178 Published in issue: October 15, 2017 23rd World Congress of Neurology 2017, Kyoto, 2017.9.16-21.
  16. M. Kishi, S. Mori, K. Shigemoto, H. Nakamura, O. Takahashi, R. Sakakibara, Y. Tuyusaki, F. Tateno, and others. Low-density lipoprotein receptor-related protein 4 (LRP4) antibody positive myasthenia gravis: Electrophysiological evaluations in model mice (IN VITRO) and a patient. Journal of the Neurological Sciences, Vol. 381, p475 Published in issue: October 15, 2017 23rd World Congress of Neurology 2017, Kyoto, 2017.9.16-21.
  17. R. Sakakibara. Parkinson’s disease and prostate hyperplasia: which is more contributing to overactive bladder?. 70th The International Society for Autonomic Neuroscience 2017, Nagoya, 2017.8.31-9.2
  18. R. Sakakibara. Gastrointestinal dysfunction in dementia with Lewy bodies: a comparison with Parkinson’s disease. 70th The International Society for Autonomic Neuroscience 2017, Nagoya, 2017.8.31-9.2
  19. Tateno F, Sakakibara R. Relationship between lower urinary tract dysfunction and 123I-ioflupane scintigraphy in Parkinson’s disease. 70th The International Society for Autonomic Neuroscience 2017, Nagoya, 2017.8.31-9.2
  1. 中村祥子、舘野冬樹、相羽陽介、露崎洋平、岸雅彦、榊原隆次. パーキンソン病患者における高度消化管機能異常. 第2回北総ニューロロジー倶楽部、佐倉、2017.1.19
  2. 丸山 祐樹, 舘野 冬樹, 相羽 陽介, 舘野 広美, 露崎 洋平, 岸 雅彦, 榊原 隆次 .γグロブリン大量静注療法により劇的改善したMiller-Fisher症候群の1例(会議録/症例報告) 東邦医学会雑誌64巻2号 P124(2017.06) 第149回東邦医学会例会、2017.2.9
  3. 榊原 隆次, 土井 啓員, 舘野 冬樹, 露崎 洋平, 岸 雅彦, 相羽 陽介, 舘野 広美, 鈴木 康夫. レビー小体型認知症とパーキンソン病の消化管運動障害(会議録) 日本消化器病学会雑誌114巻臨増総会 P A275(2017.03)
  4. 斎藤 百恵(明治薬科大学 薬・医薬品安全性学), 三橋 範子, 土井 啓員, 真坂 亙, 榊原 隆次, 佐藤 光利. ヒスタミンH2拮抗薬のコリンエステラーゼ阻害活性に関する検討(会議録) 日本薬学会年会要旨集137年会4号 P166(2017.03)
  5. 三橋 範子(明治薬科大学 薬・医薬品安全性学), 中野 優子, 土井 啓員, 真坂 亙, 榊原 隆次, 佐藤 光利. ゾニサミドを併用した進行期パーキンソン病患者におけるL-DOPAおよびL-DOPA代謝物の血中濃度推移に関する検討(会議録) 日本薬学会年会要旨集137年会4号 P166(2017.03)
  6. 本橋、舘野冬樹、露崎洋平、相羽陽介、岸雅彦、榊原隆次. Metronidazole脳症の1例. 第10回佐倉神経精神セミナー 佐倉、2017.3.10
  7. 露崎洋平、相羽陽介、舘野冬樹、岸雅彦、榊原隆次. Hemichorea\hemiballism syndromeを発症した左線条体梗塞の1例. STROKE2017 日本脳卒中学会、大阪、2017.3.16-19.
  8. 相羽 陽介, 榊原 隆次, 岸 雅彦, 露崎 洋平, 舘野 冬樹, 舘野 広美 周術期抗凝固薬中止時に経験した脳梗塞5例に対する検討(会議録) 臨床神経学57巻4号 P190(2017.04) 第220回日本神経学会関東地方会、東京、2017.3.4
  9. 榊原隆次. レヴィー小体型認知症とパーキンソン病の消化管運動障害. 第103回日本消化器病学会総会、東京、2017.4.20-22.
  10. 高橋 修, 榊原 隆次, 中村 春香, 片岡 学, 金 徳男, 清水 彩未, 井山 建二. 糖尿病の神経伝導検査(会議録) 日本医学検査学会抄録集 66回 P357(2017.06)
  11. 柴田千晴、榊原隆次、加賀勘家、中村優子、和久井大輔、内山智之、阿波裕輔、及川信次、菱沼昭、山西友典. 尿流動態検査における排尿困難感検出の試み. 日本老年泌尿器科学会、東京、2017.6.9-10.
  12. 舘野冬樹、榊原隆次. 当院における膀胱知覚亢進のウロダイナミクスによる検討. 第14回関東ウロダイナミクス研究会、東京、2017.7.1
  13. 相羽陽介、舘野冬樹、露崎洋平、岸雅彦、榊原隆次. Osler病による脳梗塞の1例. 第11回佐倉神経精神セミナー、佐倉、2017.7.7
  14. 内山 智之, 山本 達也, 鈴木 圭輔, 門脇 太郎, 沼尾 文香, 藤田 裕明, 渡邉 悠児, 宮本 雅之, 加賀 勘家, 山西 友典, 榊原 隆次, 桑原 聡, 平田 幸一. 仙髄神経根磁気刺激による膀胱支配神経遠心路の評価を用いた多系統萎縮症とパーキンソン病の鑑別(会議録) 自律神経54巻2号 P166(2017.06)
  15. 榊原 隆次, 土井 啓員, 舘野 冬樹, 露崎 洋平, 岸 雅彦, 相羽 陽介, 鈴木 康夫. レビー小体型認知症の消化管運動障害(会議録) 日本早期認知症学会誌10巻3号 P52(2017.08) 第18回日本早期認知症学会学術大会、東京、2017.10.14-15
  16. 李 芳菁, 榊原 隆次, 相羽 陽介, 舘野 冬樹, 岸 雅彦, 露崎 洋平, 矢野 仁, 鈴木 啓悦, 西村 春香, 杉山 恵, 高橋 修, 江澤 直樹, 関島 良樹. 家族性アミロイドポリニューロパチーに対しタファミジス治療前後でウロダイナミクスを行った一例(会議録) 日本排尿機能学会誌28巻1号 P304(2017.09)
  17. 高橋 修, 榊原 隆次, 西村 春香, 杉山 恵, 李 芳菁, 舘野 冬樹, 矢野 仁, 露崎 洋平, 岸 雅彦, 相羽 陽介, 鈴木 啓悦, 高田 伸夫. 薬剤性排尿障害3例のウロダイナミクス(会議録)日本排尿機能学会誌28巻1号 P303(2017.09)
  18. 榊原 隆次, 土井 啓員, 舘野 冬樹, 露崎 洋平, 岸 雅彦, 相羽 陽介, 鈴木 康夫. レビー小体型認知症の消化管運動障害(会議録) 日本排尿機能学会誌28巻1号 P226(2017.09)
  19. 山本 達也, 榊原 隆次, 内山 智之, 朝比奈 正人, 平野 成樹, 山中 義崇, 布施 美樹, 古閑 靖子, 桑原 聡. パーキンソン病と多系統萎縮症鑑別における残尿量と括約筋筋電図の有用性(会議録) 日本排尿機能学会誌28巻1号 P224(2017.09)
  20. 舘野 冬樹, 榊原 隆次, 李 芳菁, 高橋 修, 中村 春香, 杉山 恵, 相羽 陽介, 露崎 洋平, 岸 雅彦, 鈴木 啓悦, 膀胱知覚亢進のウロダイナミクスによる検討(会議録) 日本排尿機能学会誌28巻1号 P201(2017.09)
  21. 榊原 隆次, 土井 啓員, 舘野 冬樹, 露崎 洋平, 岸 雅彦, 相羽 陽介, 鈴木 康夫. パーキンソン病とレビー小体型認知症の消化管運動障害(会議録) パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集 11回 P82(2017.10) 第11回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス、東京、2017.10.26-28.
  22. 舘野 冬樹, 榊原 隆次, 相羽 陽介, 露崎 洋平, 岸 雅彦. パーキンソン病におけるダットスキャンと排尿障害の関連の検討(会議録) パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集 11回 P74(2017.10) 第11回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス、東京、2017.10.26-28.
  23. 岸 雅彦, 森 秀一, 重本 和宏, 西村 春香, 高橋 修, 榊原 隆次, 露崎 洋平, 舘野 冬樹, 相羽 陽介. LRR4免疫モデルマウスの電気生理学的特徴 短期シナプス可塑性(paired pulse facilitation)に関する考察(会議録) 臨床神経生理学 45巻5号 P432(2017.10)
  24. 榊原 隆次,高橋修, 舘野 冬樹, 露崎 洋平, 岸 雅彦, 相羽 陽介. 家族性痙性対麻痺のウロダイナミクス. 日本脊髄障害医学会総会、千葉、2017.11.16-17.
  25. 舘野冬樹、榊原 隆次, , 露崎 洋平, 岸 雅彦, 相羽 陽介. パーキンソン病消化管障害のロチゴチンによる改善. 日本神経治療学会総会、大宮、2017.11.16-18.
  26. 榊原 隆次,舘野冬樹、 露崎 洋平, 岸 雅彦, 相羽 陽介. 脊髄小脳変性症の携帯型歩行解析計による検討. 日本神経治療学会総会、大宮、2017.11.16-18.
  27. 土井啓員、榊原 隆次. 未治療のパーキンソン病とレヴィー小体型認知症の上部・下部消化管運動機能障害(第2報). 日本神経治療学会総会、大宮、2017.11.16-18.
  28. 榊原 隆次. 神経変性疾患鑑別のための髄液中バイオマーカーの探索. 第1365千葉医学会例会、千葉、2017.12.2
  29. 舘野 冬樹, 榊原 隆次, 岸雅彦、露崎洋平、相羽陽介. パーキンソン病消化管障害のドパミン刺激薬による変化. 第10回東邦医学会佐倉内科分科会、幕張、2017.12.17
  30. 土屋貴裕、相羽陽介、舘野 冬樹, 榊原 隆次, 岸雅彦、露崎洋平. 3か月に及ぶ意識障害より軽快した、抗NMDA抗体辺縁系脳炎の1例. 第10回東邦医学会佐倉内科分科会、幕張、2017.12.17

Research Update 2018 Sakura Medical Center


Our research goal is:
First, to develop a clear way of early diagnosis and treatment of the patients, using advanced neuroimaging (MRI tensor & curtosis imaging, functional brain mapping of autonomic stimulation), cerebrospinal fluid analysis (alpha synuclein, separating repeat-numbers of phosphorylated tau, oxidative stress, neuro-immunology), neurophysiology, cognitive testing, and advanced autonomic testing (bladder electro-sensation & video urodynamics, upper & lower gut motility).
Second, to develop a clear way of management and care for the patients, using patient-oriented care by a Neuro-Team from the functional recovery of aphasia to the bladder care.
Just kick on, join and research together!
ISAN international society of autonomic nervous system in Nagoya 2017

ISAN international society of autonomic nervous system in Nagoya 2017 Upper figure: Hitsumabushi, a traditional Japanese cuisine of eel.
ISAN international society of autonomic nervous system in Nagoya 2017 Upper figure: Hitsumabushi, a traditional Japanese cuisine of eel.

ICS 2017 Florence, Italy.  Montepulciano.  The Heart of Wine.
ICS 2017 Florence, Italy. Montepulciano. The Heart of Wine.

ICS 2017 Florence, Italy.  Chairman’s reception, Palazzo Borghese
ICS 2017 Florence, Italy. Chairman’s reception, Palazzo Borghese

WCN world congress of neurology Kyoto 2017
WCN world congress of neurology Kyoto 2017

WCN world congress of neurology Kyoto 2017
WCN world congress of neurology Kyoto 2017