脳神経内科

歩行障害と共に歩む~予防と治療ケア Luctor et Emergo

緊急のお知らせ

佐倉病院公開講座「歩行障害と共に歩む~予防と治療ケア Luctor et Emergo」 2020.3.28 (土)13-16時 につきまして、 新型corona virusを含めた感染予防のため、2020年3月末まで、上記を含めたすべての東邦大学佐倉病院対外行事が中止されることとなりました
残念ですが、どうぞご了承を頂けますと幸でございます。
(文責 榊原隆次)
東邦大学医療センター佐倉病院(千葉県佐倉市)では2020年3月28日(土)に「歩行障害」をテーマとする一般の方向けの公開講座を開催します。
佐倉病院で行われる公開講座「歩行障害と共に歩む~予防と治療ケア Luctor et Emergo」 2020年3月28日 (土曜日)午後13-16時 がCableNet296 の取材を受けます。後ほどの放映もお楽しみに!

「膝が痛くて歩けない」「脚が小刻みにふるえる・ふらつく・よく転ぶ」などの症状に代表される歩行障害は、さまざまな病気が原因となって起こります(下表参照)。「老化現象のひとつだろう」などと自己判断して放置することなく、早い段階から適切な診断や治療を受けることが大切です。

本公開講座では、歩行障害の治療に携わる「脳神経内科」「脳神経外科」「整形外科」の医師および、「薬剤部」「リハビリテーション部」「看護部」「ソーシャルワーカー」「臨床心理」のスタッフが一堂に会し、それぞれの専門的な立場から原因や予防、治療についてわかりやすく説明します。高齢の方の転倒を防止しながら運動を増進し、歩行の問題を抱える難病患者さんに共感し理解を深める場となれば幸いです。

日時 2020年3月28日(土)13:00~16:00(12:30開場)
場所 東邦大学医療センター佐倉病院 7階 講堂
定員 200名
その他 予約不要、受講料無料、駐車場無料対応

公開講座ポスター pdf


歩行障害の原因となっている病気とは?

歩行障害の

主な症状

原因として考えられる病気 該当する診療科
膝の痛み 膝関節症 整形外科
足先のしびれ 末梢神経障害 脳神経内科
片足裏の痛み 腰椎症 整形外科
半身麻痺 脳卒中 脳神経内科・
脳神経外科
両足麻痺 脊髄障害 脳神経内科・
整形外科
小刻み歩行・
後方に傾く
パーキンソン症候群 脳神経内科・
脳神経外科
開脚歩行ふらつき 脊髄小脳変性症 脳神経内科
めまいふらつき・こり 良性発作性頭位めまい・
神経症
耳鼻科・精神科
座位から立てない 廃用性萎縮 全科

講演内容

1.下記の各診療科・部門の担当者から治療やケアについてわかりやすくお話しします。

脳神経内科、脳神経外科、整形外科、薬剤部、リハビリテーション部、看護部、ソーシャルワーカー、臨床心理

2.質疑応答の時間も設けています。

共催・後援

  • 共催
    東邦大学医療センター佐倉病院、印旛市郡医師会、佐倉地区医師会、大日本住友製薬株式会社
  • 後援
    佐倉市、千葉県パーキンソン病友の会、NPO全国脊髄小脳変性症・多系統萎縮症友の会、千葉県印旛健康福祉センター(印旛保健所)

お問い合わせ先

東邦大学医療センター 佐倉病院 事務部総務課
〒285-8741 千葉県佐倉市下志津564-1
TEL:043-462-8811(代表)