脳神経内科

スタッフ紹介

榊原 隆次 (さかきばらりゅうじ)

榊原隆次
内科学神経内科 教授
Ryuji Sakakibara, MD, PhD
1984年 旭川医科大学卒業
1984年 千葉大学医学部神経内科
1992年 千葉大学大学院 医学博士取得
1993年 鹿島労災病院 神経内科部長
1997年 ロンドン大学神経研究所 客員研究員
2003年 千葉大学大学院医学研究院神経内科 講師
2007年3月 東邦大学医療センター佐倉病院 内科学神経内科 准教授
2016年4月 東邦大学医療センター佐倉病院 内科学神経内科 教授(になりました)
日本脊髄障害医学会理事、日本排尿機能学会理事・専門医、日本自律神経学会評議員、日本神経治療学会評議員、日本神経学会専門医、日本内科学会認定内科医・指導医、Committee Member of International Continence Society (ICS), Committee Member of International Consultation of Incontinence (ICI), Member of American Academy of Neurology, Association of British Neurologists, Movement Disorder Society, International Medical Society of Paraplegia, International Society for Autonomic Neuroscience, American Autonomic Society,など
日本神経治療学会学会賞(2017年)、日本神経学会学会賞(2018年)など

舘野 冬樹 (たてのふゆき)

舘野冬樹
医師(助教)
Fuyuki Tateno, MD, PhD
日本神経学会専門医
2010年4月から神経内科に来られた、期待の星です。病棟および新患外来を担当頂いております(金曜午前)。
2014年4月から助教。

2007年 東邦大学医学部卒業
2009年 東邦大学佐倉病院内科
2010年 東邦大学佐倉病院脳神経内科
2014年 東邦大学大学院 医学博士取得
2014年 東邦大学佐倉病院神経内科 助教
日本神経治療学会評議員 日本自律神経学会評議員 日本神経学会専門医 日本内科学会総合内科専門医・指導医 日本排尿機能学会専門医 
日本排尿機能学会河邉賞(2011年)

相羽 陽介 (あいばようすけ)

相羽 陽介
医師(助教)
Yosuke Aiba, MD
2014年10月から神経内科に来られた、期待の星です。病棟および新患外来を担当頂いております(火曜午前)。
2019年4月から助教。

大木 剛 (おおきたけし)

大木 剛
Takeshi Ooki, MD, PhD
日本神経学会専門医
2012年12月から、第2,4週水曜日、新患外来を担当頂いております。
(非常勤、2012年12月に佐倉市内で「みつば脳神経クリニック」神経内科開業をされておられます。)

川邉清一 (かわべきよかず)

川邉清一
Kiyokazu Kawabe, MD, PhD
日本神経学会専門医

東邦大学医療センター大森病院神経内科講師で大変お忙しい中、2017年10月から、毎週火曜日、新患外来をご担当頂いております。

尾形 剛 (おがたつよし) 

尾形剛
臨床心理士
Tsuyoshi Ogata, Clinical Psychologist
4月から神経内科の心理検査(認知機能)などを週5日担当頂いております(月・火・水・金・土, 午前)。

治田 寛之 (はるたひろゆき) 

治田寛之
言語療法士
Hiroyuki Haruta, Speech Therapist
神経内科の心理検査(認知機能)、失語症検査、ビデオ診察に伴う機能評価表などを担当頂いております(毎日午前)。

これまでの研究生・在籍者

舘野 昭彦 (たてのあきひこ) 
舘野 昭彦 (たてのあきひこ) 
医師(小児科学講座名誉教授)
Akihiko Tateno, MD, PhD

日本小児科学会専門医、日本小児神経学会認定医、日本てんかん学会専門医など。ご専門は小児神経学であられます。1991年、東邦大学医療センター佐倉病院が開設され、大森病院より、舘野昭彦先生が初代佐倉病院小児科学講座のチーフとして赴任されました。暫くして、大橋病院神経内科教授の栗原照幸先生が佐倉病院に御越し下さり(2週に1回)、神経内科外来が開始されました。その後、栗原先生外来の終了と共に、舘野昭彦先生が、成人の神経内科外来(週に1回)を引き継がれ、長らく佐倉病院神経内科医療に貢献下さいました。2007年から、榊原の佐倉赴任と共に、神経内科の大先輩として/仲間として、成人期に移行した自閉症などの小児神経疾患を含め、神経内科再診外来(木曜午後)、神経内科カンファレンス、佐倉神経精神セミナー等でいつもご指導を賜っておりました。2019年3月に、小児科学講座教授を定年退官されました。舘野昭彦先生は、いつも患者さん、我々スタッフに優しく、皆に慕われておりました。本当にありがとうございました。この場をお借りし、心より御礼申し上げます。

岸 雅彦 (きしまさひこ)
岸 雅彦 (きしまさひこ)
医師(講師)
Masahiko Kishi, MD,PhD

2007年12月~2019年1月
東邦大学大橋病院第4内科(神経内科)、国立病院機構宮崎東病院神経内科部長を経て、2007年12月、私共の佐倉病院内科学脳神経内科に異動されました。病棟・筋電図検査・外来および病棟医長を務め、その後外来専従になられました。2019年2月に異動されました。
PubMed英文論文98編、うち筆頭11編
異動先: 八千代リハビリテーション病院、千葉県八千代市

  • Kishi M, Sakakibara R, Takahashi O, Nakamura H, Tateno F, Tsuyusaki Y, Aiba Y, Ogata T, Suzuki Y. Seiza-induced neuropathy: an occupational peroneal neuropathy in a Japanese lady. Neurol Sci. 2017 Aug;38(8):1521-1522.
  • Kishi M, Sakakibara R, Yoshida T, Yamamoto M, Suzuki M, Kataoka M, Tsuyusaki Y, Tateno A, Tateno F. Visual Suppression is Impaired in Spinocerebellar Ataxia Type 6 but Preserved in Benign Paroxysmal Positional Vertigo. Diagnostics (Basel). 2012 Oct 11;2(4):52-6.
  • Kishi M, Sakakibara R, Ogawa E, Tateno F, Takahashi O, Koga M. Bilateral abducens palsy in a case of cytomegalovirus-associated Guillain-Barré syndrome. Neurol Sci. 2011 Dec;32(6):1219-22.
  • Kishi M, Sakakibara R, Nomura T, Yoshida T, Yamamoto M, Kataoka M, Ogawa E, Tateno F. Lateral medullary infarction presenting as isolated vertigo and unilateral loss of visual suppression. Neurol Sci. 2012 Feb;33(1):129-32.
  • Kishi M, Sakakibara R, Ogata T, Ogawa E. Transient phonemic paraphasia by bilateral hippocampus lesion in a case of limbic encephalitis. Neurol Int. 2010 Jun 21;2(1):e8. doi: 10.4081/ni.2010.e8.
  • Kishi M, Sakakibara R, Nagao T, Terada H, Ogawa E. Thalamic infarction disrupts spinothalamocortical projection to the mid-cingulate cortex and supplementary motor area. J Neurol Sci. 2009 Jun 15;281(1-2):104-7.
  • Kishi M, Sakakibara R, Nagao T, Terada H, Ogawa E. Isolated Hemiataxia and Cerebellar Diaschisis after a Small Dorsolateral Medullary Infarct. Case Rep Neurol. 2009 Jul 21;1(1):41-46.
  • Kishi M, Fujioka T, Miura H, Sekine A, Iguchi H, Nakazora H, Kiyozuka T, Igarashi O, Ichikawa Y, Sugimoto H, Kurihara T, Irie S, Saito T. The relation of clinical symptoms and anti-ganglioside antibodies to MEPPs frequency increase in 8 cases of variant type Guillain-Barré syndrome. J Peripher Nerv Syst. 2003 Jun;8(2):82-90.
  • Kishi M, Kurihara T, Hidaka T, Kinoshita M. The stabilizing effect of bestatin on the resting membrane potentials of X-linked muscular dystrophy mice. Jpn J Psychiatry Neurol. 1990 Sep;44(3):595-600.
  • Kishi M, Kurihara T, Kinoshita M. A case of bilateral ptosis associated with cerebral hemispheric lesions. Jpn J Psychiatry Neurol. 1990 Sep;44(3):585-8.
  • Kishi M, Yamamura Y, Kurihara T, Fukuhara N, Tsuruta K, Matsukura S, Hayashi T, Nakagawa M, Kuriyama M. An autopsy case of mitochondrial encephalomyopathy: biochemical and electron microscopic studies of the brain. J Neurol Sci. 1988 Aug;86(1):31-40.
関連論文より:

Mori S, Motohashi N, Takashima R, Kishi M, Nishimune H, Shigemoto K. Immunization of mice with LRP4 induces myasthenia similar to MuSK-associated myasthenia gravis. Exp Neurol. 2017 Nov;297:158-167.
2018年日本神経学会総会でも、新規研究法の発表がされました。

露崎 洋平 (つゆざき ようへい)
医師(助教)
Yohei Tsuyusaki, MD

2011年10月~2018年3月 
東邦大学佐倉病院初期研修を経て、千葉大学神経内科に入局、鹿島労災病院・成田赤十字病院・君津中央病院神経内科での勤務を経て、2011年10月、私共の佐倉病院内科学神経内科に入局されました。素晴らしい実力のある先生で、患者さんに優しく、研究も行い、長く神経内科の医局長を務めて下さいました。2018年3月、惜しまれつつ異動されました。PubMed英文論文42編、うち筆頭4編。
異動先: 日吉台病院、千葉県富里市

  • Tsuyusaki Y, Sakakibara R, Ogata T, Tateno F, Kishi M, Tateno H, Aiba Y. Depth perception disorder after left ventral occipital lobe infarction. Neurocase. 2016;22(2):248-50.
  • Tsuyusaki Y, Sakakibara R, Tateno F, Aiba Y, Kishi M, Tateno H, Ogata T, Inaoka T, Terada H, Suzuki Y. Multiple system atrophy presenting initially as spastic paraparesis. J Neurol Sci. 2016 Jan 15;360:176-8.
  • Tsuyusaki Y, Sakakibara R, Kishi M, Tateno F, Aiba Y, Ogata T, Nagao T, Terada H, Inaoka T. "Invisible" brain stem infarction at the first day. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2014 Aug;23(7):1903-7.
  • Tsuyusaki Y, Sakakibara R, Kishi M, Tateno F, Yoshida T. Downbeat nystagmus as the initial manifestation of anti-NMDAR encephalitis. Neurol Sci. 2014 Jan;35(1):125-6.
筆頭論文より:


脳幹梗塞の17%が発症後4日間、MRI拡散強調画像で描出されない場合があることを系統的に示した論文である。筆者はその中で、梗塞容積が小さく、感覚障害(背側)があり、延髄に病変があるときに本現象を来しやすいことを示し、実験的なデータを引用しながら推定機序についても考察した、臨床的に非常に重要な論文と思われる。
  • Tsuyusaki Y, Sakakibara R, Kishi M, Tateno F, Aiba Y, Ogata T, Nagao T, Terada H, Inaoka T. "Invisible" brain stem infarction at the first day. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2014 Aug;23(7):1903-7.

角山 邦子 (つのやま くにこ)
角山 邦子 (つのやま くにこ)
医師・研究生
Tsunoyama Kuniko, MD, PhD

東京女子医科大学大学院泌尿器科(田邉一成教授)の院生の方です。専門領域: 腎移植・排尿自律神経検査
2008年4月~2011年3月 私共の排尿系自律神経検査の研究に来られました(月曜~木曜)。素晴らしい先生で、排尿障害の重要な業績を挙げられ、惜しまれつつ異動されました。

  • How the Bladder Senses? A Five-Grade Measure. Tsunoyama K, Sakakibara R, Takahashi O, Sugiyama M, Uchiyama T, Tateno F, Kishi M, Tsuyusaki Y, Yamamoto T, Tanabe K. Low Urin Tract Symptoms. 2013 Jan;5(1):17-22.
  • Pathogenesis of reduced or increased bladder sensation. Tsunoyama K, Sakakibara R, Yamaguchi C, Uchiyama T, Yamamoto T, Yamanishi T, Takahashi O, Sugiyama M, Kishi M, Ogawa E. Neurourol Urodyn. 2011 Mar;30(3):339-43.

小川 恵美奈 (おがわ えみな)
小川 恵美奈 (おがわ えみな)
医師(レジデント)
Emina Ogawa, MD

2008年4月~2011年9月 東邦大学佐倉病院初期研修を経て、私共の内科学神経内科に入局されました。患者さんに優しい先生で、研究も行い、惜しまれつつ異動されました。

  • Crohn's disease and stroke in a young adult. Ogawa E, Sakakibara R, Yoshimatsu Y, Suzuki Y, Mouri T, Tateno F, Kishi M, Oda S, Imamura H. Intern Med. 2011;50(20):2407-8.
  • Pure isolated internuclear ophthalmoplegia. Ogawa E, Sakakibara R, Kishi M, Tateno F. Intern Med. 2011;50(16):1785.
  • Constipation triggered the malignant syndrome in Parkinson's disease. Ogawa E, Sakakibara R, Kishi M, Tateno F. Neurol Sci. 2012 Apr;33(2):347-50.
  • VGCC antibody-positive paraneoplastic cerebellar degeneration presenting with positioning vertigo. Ogawa E, Sakakibara R, Kawashima K, Yoshida T, Kishi M, Tateno F, Kataoka M, Kawashima T, Yamamoto M. Neurol Sci. 2011 Dec;32(6):1209-12.
  • Incidence of dehydration encephalopathy among patients with disturbed consciousness at a hospital emergency unit. Ogawa E, Sakakibara R, Endo K, Tateno F, Matsuzawa Y, Hosoe N, Kishi M, Shirai K. Clin Pract. 2011 Mar 31;1(1):e9. doi: 10.4081/cp.2011.e9.

舘野 広美 (たてのひろみ)
医師(レジデント)
Hiromi Tateno, MD,PhD
2015年4月~2017年3月、獨協医科大学神経内科から異動されました。