脳神経内科
第51回日本脊髄障害医学会
第51回脊髄障害医学会のご報告と御礼
佐倉病院神経内科10周年・教授就任の会のご報告2017
2017・2018年度学会賞 ご報告と御礼
東邦大学医療センター佐倉病院 内科学講座
東邦大学医療センター佐倉病院

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
佐倉病院 脳神経内科

〒285-8741
千葉県佐倉市下志津564-1
Tel:043-462-8811(代表)

神経内科「さくらの会」(高次脳機能障害の患者様を支えるご家族の会)

神経内科「さくらの会」(高次脳機能障害の患者様を支えるご家族の会)の開催日が、毎月1回に増加致しました。

神経内科「さくらの会」について

【目 的】

(1)ご家族間での情報交換を通して、生活に密着した情報を共有すること。

(2)参加者同士、様々な思いを共に支えていくこと。

(3)高次脳機能障害について、理解を深めること。

【対 象 者】

現在、当院神経内科外来に通院中の患者様のご家族の方々。

【日 時】

毎月・最終水曜日:午後4時から午後5時まで(自由参加)。

【場 所】

神経内科 外来 11番 診察室を予定。当日神経内科受付に掲示します。

【申込方法】

前もっての申し込みの必要はございません。

【費 用】

当面、会費等の参加にかかる費用は必要ございません。

【コーディネーター】

臨床心理士(神経内科)。他の神経内科スタッフも参加する場合もあります。

【内 容】

臨床心理士などから、以下の情報提供を中心に行っていきたいと思います。

(1)高次脳機能障害を理解する。

・苦手さが出てくる場面を理解する:どのような時に、もの忘れが生じてしまうのかを理解する。間違いやすい状況を作らないために。

・もの覚えを補うための方法を理解する:効果的なメモの取り方、など。

・注意力を改善する:自分の行動を言葉にして出してみる、など。


(2)患者様の不安な気持ちに寄り添い、支える。

・思い出をふり返る:人生年表を患者様とともに作成する。


※ 参加者数によって、適宜、個別相談の形式になります。

【その他】

・震えなど身体上の問題や服薬の方法等については、外来診察日にご相談下さい。

・患者様ご本人に対しての認知リハビリテーションやカウンセリング(人生をふり返るライフレビュー的な方法を用います)につきましては、外来担当医にご相談下さい。なお「さくらの会」とは異なり、費用が発生します。

関連ページ