脳神経内科

研究業績 (2014年度)

昨年度に引き続き脳卒中、パーキンソン病を中心とした変性疾患の研究を行なった。著書では、東邦大学医療センター佐倉病院神経内科/千葉大学神経内科での排尿自律神経の経験を基に、全国の先生方のご協力を賜り、「神経因性膀胱ベッドサイドマニュアル」が発刊された。神経疾患による消化管障害についても研究をさらに推進し、同様のチャレンジをしてみたい。
研究原著18編(うち英文16編);著書6編(うち英文1編); 総説21編(うち英文2編)(e-pub含む); 特別講演/シンポジウム/ランチョンセミナー/パネルディスカッション等47編(うち英文2編); 一般発表56編(うち英文13編)。

研究原著18編

  1. Tateno F, Sakakibara R, Yano M, Takahashi O, Sugiyama M, Kishi M, Tsuyusaki Y, Tateno A, Suzuki H, Aiba Y. A young man with herpes simplex encephalitis: Andrew and Nathan type urodynamic abnormality. Bladder 2014; 1: e4 (1-4).
  2. Hiraga A, Takatsuna Y, Sakakibara R, Kamitsukasa I, Minamide M, Kuwabara S. Vogt-Koyanagi-Harada disease with meningitis-retention syndrome and increased CSF adenosine deaminase levels. Clin Neurol Neurosurg. 2014 Dec;127:42-3. doi: 10.1016/j.clineuro.2014.09.021. Epub 2014 Oct 5. PMID:25459241 [PubMed - in process]
  3. Tateno F, Sakakibara R, Ogata T, Kishi M, Tsuyusaki Y, Takahashi O, Sugiyama M, Tateno A. Lower urinary tract function in dementia with Lewy bodies (DLB). Mov Disord. 2014 Oct 30. doi: 10.1002/mds.25985. [Epub ahead of print]PMID:25356960[PubMed - as supplied by publisher]
  4. Tateno F, Sakakibara R, Kawashima K, Kishi M, Tsuyusaki Y, Aiba Y, Ogata T. Amyotrophic lateral sclerosis presenting respiratory failure as the sole initial manifestation. Case Rep Neurol. 2014 Aug 14;6(2):213-6.
  5. Takahashi O, Sakakibara R, Tateno F, Kishi M, Tsuyusaki Y, Aiba Y, Yano H, Sugiyama M, Yamamoto T, Yamanishi T, Uchiyama T, Shibata C, Tomaru T. Overactive bladder may precede motor disorder in Parkinson's disease: A urodynamic study. Parkinsonism Relat Disord. 2014 Sep;20(9):1030-2.
  6. Tsuyusaki Y, Sakakibara R, Kishi M, Tateno F, Aiba Y, Ogata T, Nagao T, Terada H, Inaoka T. "Invisible" Brain Stem Infarction at the First Day. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2014 Aug;23(7):1903-7.
  7. Tsuyusaki Y, Sakakibara R, Kishi M, Tateno F, Yoshida T. Downbeat nystagmus as the initial manifestation of anti-NMDAR encephalitis. Neurol Sci. 2014; 35: 125-126.
  8. Sakakibara R, Panicker J, Fowler CJ, Tateno F, Kishi M, Tsuyusaki Y, Yamanishi T, Uchiyama T, Yamamoto T, Yano M. Is overactive bladder a brain disease? The pathophysiological role of cerebral white matter in the elderly. Int J Urol. 2014 Jan;21(1):33-8.
  9. Miyamoto S, Yoshimoto T, Hashimoto N, Okada Y, Tsuji I, Tominaga T, Nakagawara J, Takahashi JC; JAM Trial Investigators (Sakakibara R etc.). Effects of extracranial-intracranial bypass for patients with hemorrhagic moyamoya disease: results of the Japan Adult Moyamoya Trial. Stroke. 2014 May;45(5):1415-21.
  10. Suzuki J, Sakakibara R, Tateno F, Tsuyusaki Y, Kishi M, Ogata T, Tomaru T, Shirai K, Kurosu T. Parkinson's disease and the cardio-ankle vascular stiffness index. Intern Med. 2014;53(5):421-6.
  11. Sakakibara R, Tateno F, Nagao T, Yamamoto T, Uchiyama T, Yamanishi T, Yano M, Kishi M, Tsuyusaki Y, Aiba Y. Bladder function of patients with Parkinson's disease. Int J Urol. 2014 Feb 27. doi: 10.1111/iju.12421. [Epub ahead of print]
  12. Doi H, Sakakibara R, Sato M, Hirai S, Masaka T, Kishi M, Tsuyusaki Y, Tateno A, Tateno F, Takahashi O, Ogata T. Dietary herb extract rikkunshi-to ameliorates gastroparesis in Parkinson's disease: a pilot study. Eur Neurol. 2014;71(3-4):193-5.
  13. Doi H, Sakakibara R, Sato M, Hirai S, Masaka T, Kishi M, Tsuyusaki Y, Tateno A, Tateno F, Takahashi O, Ogata T. Nizatidine ameliorates gastroparesis in Parkinson's disease: a pilot study. Mov Disord. 2014 Apr;29(4):562-6.
  14. Sakakibara R, Tateno F, Kishi M, Tsuyusaki Y, Terada H, Inaoka T. MIBG myocardial scintigraphy in pre-motor Parkinson's disease: a review. Parkinsonism Relat Disord. 2014 Mar;20(3):267-73.
  15. Yamamoto T, Uchiyama T, Sakakibara R, Taniguchi J, Kuwabara S. The subthalamic activity and striatal monoamine are modulated by subthalamic stimulation. Neuroscience. 2014 Feb 14;259:43-52.
  16. Yamamoto T, Sakakibara R, Uchiyama T, Yamaguchi C, Ohno S, Nomura F, Yanagisawa M, Hattori T, Kuwabara S. Time-dependent changes and gender differences in urinary dysfunction in patients with multiple system atrophy. Neurourol Urodyn. 2014 Jun;33(5):516-23.
  17. 小川明宏、寺山圭一郎、秋葉崇、治田博之、中川晃一、榊原隆次、岸雅彦、舘野冬樹. パーキンソン病患者に対するゾニサミドの効果: 歩行解析による検討. 臨床バイオメカニクス 2014; 35: 363-366.
  18. 神部泰紀、織茂智之、安田朝子、木之下徹、河野禎之、川瀬康裕、森田昌宏、奥村歩、長光勉、榊原隆次、水上勝義、朝田隆、小阪憲司. DLBの自律神経および睡眠~多施設共同観察研究. 老年精神医学雑誌 2014; 24: 1243-1253.

(研究原著より。文献No.19)

Tateno F, Sakakibara R, Ogata T, Kishi M, Tsuyusaki Y, Takahashi O, Sugiyama M, Tateno A. Lower urinary tract function in dementia with Lewy bodies (DLB). Mov Disord. 2014 Oct 30. doi: 10.1002/mds.25985. [Epub ahead of print]
中枢疾患でみられる排尿障害は、しばしば合併する認知症・歩行障害のためと考えられがちと思われる。しかし、自律神経系が障害されるレヴィー小体型認知症(DLB)では、疾患の一部としての神経因性膀胱が非常に高頻度にみられる。その責任病巣は、神経学的所見・ウロダイナミクス所見の解析から、中枢が主体であるが、一部DLBの末梢病変も関与することが示唆された。さらに、排尿障害からみた神経変性疾患の鑑別がある程度可能と考えられた。
排尿障害からみた神経変性疾患の鑑別
排尿障害からみた神経変性疾患の鑑別

著書6編(うち英文1編)

  1. Ryuji Sakakibara and Clare J. Fowler: Bladder dysfunction in Parkinson's Disease. In: Non-Motor Symptoms of Parkinson's Disease. Second edition. Eidtors: K Ray Chaudhuri,Eduardo Tolosa,Anthony Schapira, andWerner Poewe, Oxford University Press, UK, 2014.
  2. 榊原隆次編. 神経因性膀胱ベッドサイドマニュアル 中外医学社、東京、2014.5月
  3. 榊原隆次. 鈴木則宏他監修 Annual Review神経2014 排尿障害治療の新しい展開. 南江堂 東京 2014: 265-271.
  4. 榊原隆次. 大橋高志他監修 全部見えるスーパービジュアル脳・神経疾患 神経変性疾患、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、筋萎縮性側索硬化症(ALS). 成美堂出版 東京 2014: 196-220.
  5. 榊原隆次、舘野冬樹. 木之下徹監修. スーパー総合医 認知症医療 レヴィー小体型認知症の膀胱障害. 中山書店 東京 2014: 45-51.
  6. 榊原隆次、長尾建樹. 新井一監修. 特発性正常圧水頭症の診療 排尿障害. 金芳堂 東京 2014: 78-81.

(著書より。文献No.1)

Ryuji Sakakibara and Clare J. Fowler: Bladder dysfunction in Parkinson's Disease. In: Non-Motor Symptoms of Parkinson's Disease. Second edition. Eidtors: K Ray Chaudhuri,Eduardo Tolosa,Anthony Schapira, and Werner Poewe, Oxford University Press, UK, 2014.

編者のRay Chaudhuri先生はLondonのKings College神経内科教授で、Kings CollegeにあるInstitute of Psychiatry, Psychology & Neuroscienceの教授でもある。パーキンソン病の非運動症状では最もまとまった1冊であり、第1版に引き続いて第2版の排尿障害を、内容をupdateしながら担当させて頂いた。
NON-MOTOR SYMPTOMS OF PARKINSON'S DISEASE

(著書より。文献No.2)

榊原隆次編. 神経因性膀胱ベッドサイドマニュアル 中外医学社、東京、2014.5月

(東邦大学ニュース2014に掲載された紹介文より)

今回、中外医学社から「神経因性膀胱ベッドサイドマニュアル」が発刊されました。本書は、泌尿器科医,神経因性膀胱を専門としない神経内科医や一般内科・脳外科・整形外科・リハビリテーション医、さらに患者さんに接する看護師、コメディカルの方々を広く対象に,過活動膀胱も含めた神経因性膀胱に関する知識を,エキスパートの立場からわかりやすく解説する書です。

神経因性膀胱は、自律神経障害の中で最も多いものの一つではないでしょうか。年配の男性女性の方でお手洗いが近い(かくれ脳梗塞によることが多いです)、足のびりびりを感じると思ったら尿閉で緊急入院してしまった(糖尿病性神経炎が代表的です)、事故で脊椎を痛めてしまい自己導尿が必要になった(整形外科からご紹介になります)、など、様々なケースがあるものです。ストレスが原因となる場合(身体表現化障害の方)は、感覚の障害が目立ちます。これらの排尿障害は、神経内科の外来を行なっておりますと、避けては通れない問題で、泌尿器科先生との連携が不可欠な領域といえます。当院では、全国に先駆けて、神経内科医・泌尿器科医が同じ検査室で、一緒に検査を行なっており、学会の検査指導病院になっております。

本書をベッドサイドで手に取って頂き、知識の整理、この問題で悩む患者さんの治療・ケア方針の決定に役立つならば、望外の喜びです。

東邦大学医療センター佐倉病院神経内科准教授
榊原隆次
神経因性膀胱ベッドサイドマニュアル

総説21編(うち英文2編)

  1. Sakakibara R. Editorial Comment to Urinary incontinence in patients with Alzheimer's disease: Relationship between symptom status and urodynamic diagnoses. Int J Urol. 2014 Mar 17. doi: 10.1111/iju.12436. [Epub ahead of print] No abstract available.
  2. Sakakibara R. Editorial comment to Brain activity during bladder filling and pelvic floor muscle contractions: a study using functional magnetic resonance imaging and synchronous urodynamics. Int J Urol. 2014 Feb;21(2):174.
  3. 榊原隆次. 結核性中耳炎の徴候を見落とした結果、結核性髄膜炎から高次脳機能障害が後遺したなどとして、損害賠償を求めた事例 Comment of Specialist. 医療判例解説 2014; 48: 104-106.
  4. 榊原隆次、舘野冬樹、岸雅彦、露崎洋平、山西友典、内山智之、山本達也、矢野仁. 脳血管障害による神経因性膀胱(認知症を含めて). 臨床泌尿器科 2014; 68: 221-226.
  5. 榊原隆次. 淡蒼球黒質ルイ体萎縮症. 別刷日本臨床 新領域別症候群シリーズ 2014; 27: 129-131.
  6. 榊原隆次、舘野冬樹、岸雅彦、露崎洋平. 内科医のための脳疾患講座. 膀胱障害の薬物治療. Brain Medical 2014; 26: 66-69.
  7. 榊原隆次. 重症筋無力症の手術治の消毒不完全により細菌感染させた結果、退院後に患者が急死したとして、損害賠償を求めた事例 Comment of Specialist. 医療判例解説 2014; 49: 129-135.
  8. 榊原隆次、岸雅彦、露崎洋平、舘野昭彦、舘野冬樹、内山智之、山本達也. 神経因性膀胱 アセチルコリンの関与を含めて. Brain and Nerve 2014; 66: 527-537.
  9. 榊原隆次. 加齢現象と5感の変化. 病院設備 2014; 56: 16-19.
  10. 榊原隆次、舘野冬樹、矢野仁、高橋修、杉山恵、尾形剛、岸雅彦、露崎洋平、山本達也、山西友典、内山智之、柴田千晴. 高齢者OAB治療薬と認知機能: イミダフェナシンの長期成績を含めて. 日本排尿機能学会雑誌 2014; 24: 370-373.
  11. 榊原隆次、土井啓員. パーキンソン病の非運動症状(胃排出能低下、排便機能障害)に対する六君子湯の臨床効果. 漢方医学 2014; 38: 97-100.
  12. 榊原隆次、舘野冬樹、露崎洋平、岸雅彦、尾形剛、治田博之. かくれ認知症・かくれパーキンソン病の早期発見~MIBG心筋シンチグラフィーを含めて. 日本早期認知症学会雑誌 2014; 7: 39-43.
  13. 榊原隆次. 生理的ふるえと本態性振戦. 治療 2014; 96: 1581-1584.
  14. 榊原隆次 特集に寄せて: 認知症と排尿障害.  排尿障害プラクティス 2014; 22: 3; 7.
  15. 高橋修、榊原隆次、杉山恵. 認知症と排尿障害: アルツハイマー病.  排尿障害プラクティス 2014; 22: 3; 9-12.
  16. 舘野冬樹、榊原隆次、高橋修、杉山恵、岸雅彦、露崎洋平. 認知症と排尿障害: レヴィー小体型認知症.  排尿障害プラクティス 2014; 22: 3; 9-12.
  17. 榊原隆次. 認知症と排尿障害: かくれ脳梗塞(高齢者の白質病変).  排尿障害プラクティス 2014; 22: 3; 9-12.
  18. 内山智之、山本達也、柴田-山口千晴、舘野広美、布施美樹、山西友典、榊原隆次、桑原聡、平田幸一. 排尿障害の治療~経験を踏まえて. 自律神経 2014; 51:210-213.
  19. 山本達也、朝比奈正人、山中義祟、内山智之、榊原隆次、桑原聡. 多系統萎縮症(MSA)の排尿障害. 自律神経 2014; 51:261-265.
  20. 内山智之、山本達也、柴田-山口千晴、舘野広美、布施美樹、山西友典、榊原隆次、桑原聡、平田幸一. パーキンソン病の排尿障害~中枢神経系の病態解析を中心に. 自律神経 2014; 51:266-268.
  21. 露崎洋平、榊原隆次、鈴木淳、舘野冬樹、岸雅彦、東丸貴信、鈴木康夫、白井厚治. 診療の秘訣: 脳血管障害とCAVI. Modern Physician 2014; 35: 103.

(総説より。文献No.21)

露崎洋平、榊原隆次、鈴木淳、舘野冬樹、岸雅彦、東丸貴信、鈴木康夫、白井厚治. 診療の秘訣: 脳血管障害とCAVI. Modern Physician 2014; 35: 103.
CAVIの測定法
CAVIの測定法

露崎先生の初めてのミニレビューより~動脈硬化指標であるCAVIは、当院内科/糖尿病代謝科名誉教授で、旧病院長でもある白井厚治先生が開発された検査である。CAVIは、血圧に依存せず、血管周径の測定(超音波による)が不要なことから、現在では、本邦を中心に、世界中で広く測定されている。脳梗塞があるとCAVIが1.0上昇する。逆に、CAVIの急な上昇がみられた場合、脳梗塞を発症する危険があるとも考えられ、定期的な測定が大事と思われる。一方、パーキンソン病では、動脈硬化の危険因子が同程度にあるにも関わらず、CAVIが低く、脳梗塞の発症が少ないことが知られている。その理由として、パーキンソン病の自律神経障害が、一部動脈硬化に拮抗している可能性も考えられる(Suzuki, Sakakibara et al. 2014)。

特別講演/シンポジウム/ランチョンセミナー/パネルディスカッション等

  1. ○Sakakibara R. Invited Lecture. Neuro-physiology of lower urinary tract, sexual and bowel (dys)function: Brain imaging and bladder. International Neuro-Urology Meeting Aug28-30 2014 in Zurich, Switzerland.
  2. Sakakibara R, Bruschini H, Finazzi Agro E. Special lecture. Management of LUTS in patients with Parkinson’s disease. 44th International Continence Society, Rio de Janeiro, Brazil, 2014 10.20-24
  3. ○榊原隆次  シンポジウム(トラックセッション) 認知症にみられる各種自律神経障害の症状・病態生理・対策法 2: 排泄障害.  アルツハイマー病研究会 第15回学術シンポジウム 東京 2014.4
  4. ○榊原隆次 第21回日本排尿機能学会 シンポジウム 下部尿路機能検査の未来像 NIRSによる尿意測定の可能性 岡山 2014.9.18-19
  5. 榊原隆次. 第3回保険薬局認知症セミナー 特別講演 認知症の診断と治療. 八千代市 2014.1
  6. 榊原隆次. 第7回佐倉医療連携セミナー 特別講演 認知症の病診連携と診断治療. 佐倉市 2014.1
  7. 榊原隆次.  認知症医療連携シンポジウム 特別講演 認知症治療におけるイクセロンパッチの可能性. 佐倉市 2014.1
  8. 榊原隆次.  佐倉生活習慣病勉強会 特別講演 認知症と生活習慣病. 佐倉市 2014.2
  9. 榊原隆次.  第16回千葉泌尿器医療・介護研究会 特別講演 認知症と排尿障害. 千葉市 2014.2
  10. 榊原隆次.  成田市かかりつけ医認知症対応力向上研修会・主治医研修会 特別講演 認知症の基本知識と診断. 成田市 2014.2
  11. 榊原隆次. 第1回北総PD研究会 講演 パーキンソン病における自律神経障害. 成田市 2014.2
  12. 榊原隆次. 東邦大学医療センター佐倉病院ボランティア慰労会 特別講演 認知症について. 佐倉市 2014.2
  13. 榊原隆次. 第38回東京泌尿器科医会学術集会 講演 中枢疾患と排尿障害. 東京 2014.2
  14. 榊原隆次. パーキンソン病市民フォーラム 特別講演 パーキンソン病の治療. 佐倉 2014.3
  15. 榊原隆次. 第14回総合診療研究会 特別講演 脳疾患と排尿障害. 横浜 2014.3
  16. 榊原隆次.  印旛圏域認知症地域支援体制におけるケアマネージャー等研修懇話会議 特別講演 認知症の最新治療. 佐倉市 2014.3
  17. 榊原隆次. 千葉認知症フォーラム 特別講演 認知症の介護・医療連携. 千葉市 2014.3
  18. 榊原隆次. 千葉鍼灸学会平成26年度定例研究会 特別講演 千葉県における認知症の現状と、認知症連携パスを活用した連携モデル事業について. 千葉市 2014.4
  19. 榊原隆次. Meiji Seika ファルマ株式会社 特別講演 認知症の診断と最新治療について. 千葉 2014.5
  20. 榊原隆次. 第2回SHINKEISHIKKAN懇話会 特別講演 神経内科が診る排尿障害~脳疾患とOABのかかわり. 東京 2014.6
  21. 榊原隆次. 第一三共株式会社 特別講演 認知症の診断と最新治療. 千葉 2014.6
  22. 榊原隆次. Dementia Expert Meeting in Chiba 講演 実臨床に即した各ChEIの印象. 千葉市 2014.7
  23. 榊原隆次. 認知症診療学術講演会 特別講演 当院における認知症治療の現状と薬物治療について. 佐倉市 2014.8
  24. 榊原隆次. ゼリア新薬工業株式会社 特別講演 パーキンソン病における消化器症状について~アシノンの胃排出能改善. 佐倉市 2014.8
  25. 榊原隆次. エーザイ株式会社 特別講演 認知症の診断と治療. 千葉市 2014.9
  26. 榊原隆次. 千葉市認知症治療介護研究会 特別講演 認知症の診断と治療~佐倉市認知症地域連携ネットワークパス(さくらパス)を含めて. 佐倉市 2014.9
  27. ○榊原隆次 第49回日本脊髄障害医学会 ランチョンセミナー 神経因性膀胱の診方: 脊髄が関わる髄膜炎-尿閉症候群を含めて 旭川 2014.9.11
  28. ○榊原隆次 第15回日本早期認知症学会 認知症基礎講座: 疾患の理解と早期対応 排尿障害、夜間頻尿の病態と対策 佐倉 2014.9.12-14
  29. ○榊原隆次 第8回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス ランチョンセミナー 腹部消化管の障害と治療 京都 2014.10.2-4
  30. ○榊原隆次 日本医療福祉設備協会 病院設備研修会 「5感に優しい療養環境」 加齢現象と5感の変化 東京 2014.10.9
  31. ○榊原隆次 Diabetes Seminar~糖尿病と認知症を考える 認知症の診断と治療~医療連携(さくらパス)を含めて 佐倉 2014.10.14
  32. ○榊原隆次 成田市ケアマネージャー連絡会平成26年度第2回研修会 認知症~連携と治療 成田市 2014.10.16
  33. 榊原隆次. 第67回日本自律神経学会 ランチョンセミナー  パーキンソン病の消化管と膀胱の障害.  埼玉 2014.10.30
  34. 榊原隆次. 第67回日本自律神経学会 リレーセミナー  排尿排便障害の診方.  埼玉 2014.10.30
  35. ○榊原隆次 山武郡市医師会学術講演会 特別講演 認知症の診断と治療~医療連携(さくらパス)を含めて 東金 2014.11.11
  36. 榊原隆次. 大塚製薬株式会社 特別講演 パーキンソン病(PD)の診断・治療について. 佐倉市 2014.11.14
  37. ○榊原隆次 第9回大分排尿障害研究会 特別講演 神経内科領域における排尿障害 大分市 2014.11.20
  38. 榊原隆次. Meiji Seika ファルマ株式会社 特別講演 認知症総論. 千葉 2014.12
  39. ○榊原隆次 第3回Neurourologyカンファレンス 特別講演 神経内科からみた過活動膀胱 川越市 2014.12.1
  40. ○榊原隆次 佐倉市キャラバンメイト養成研修・認知症サポーター養成講座 特別講演 認知症の診断と治療~医療連携(さくらパス)を含めて 佐倉市 2014.12.18
  41. 榊原隆次.  認知症を考える会in千葉 パネルディスカッション レミニールの使いどころ~臨床的特徴を踏まえて. 千葉市 2014.2
  42. 榊原隆次.  Dementia Expert Meeting 2014 ワークショップ 認知症医療におけるリバスチグミンの位置づけを考える. 東京 2014.3
  43. 榊原隆次.  鎌ヶ谷認知症カンファレンス パネルディスカッション 認知症治療の選択肢~メマリーをいかに使いこなすべきか. 鎌ヶ谷 2014.3
  44. 榊原隆次.  第4回MG Forum in Chiba パネルディスカッション 新しい重症筋無力症ガイドラインについて. 千葉 2014.3
  45. 榊原隆次.  千葉県認知症アカデミー パネルディスカッション 認知症治療の選択. 千葉 2014.5
  46. 榊原隆次.  Memary Symposium 2014 in Chiba パネルディスカッション 認知機能障害の進行抑制と認知症症状の改善. 千葉 2014.7
  47. 榊原隆次.  Alzheimer’s Disease Expert Meeting  パネルディスカッション 認知症治療薬の可能性. 成田市 2014.10.28

一般講演

  1. Sakakibara R. Tateno F. Kishi M. Tsuyusaki Y. Nomura F. Gene analysis of sporadic cerebellar ataxia. 18th International Congress of Parkinson’s Disease and Movement Disorders. Stockholm, Sweden, 2014 June 8-12.
  2. Tateno F. Sakakibara R. Tuyusaki Y. Kishi M. Takahashi O. Sugiyama M. Lower urinary tract function in dementia with Lewy bodies (DLB). 18th International Congress of Parkinson’s Disease and Movement Disorders. Stockholm, Sweden, 2014 June 8-12.
  3. Uchiyama T. Yamanishi T. Sakakibara R. Yoshiyama M. Liu Z. Yamamoto T. Yamaguchi C. Yamagisawa M. Higuchi Y. Hirata K. Kuwabara S. Mechanisms of urinary dysfunction in Parkinson's disease; participation in basal ganglia circuitry and sensory/emotional nervous systems. 18th International Congress of Parkinson’s Disease and Movement Disorders. Stockholm, Sweden, 2014 June 8-12.
  4. Sakakibara R. Tateno F. Kishi M. Tsuyusaki Y. MIBG scintigraphy in pre-motor Parkinson's disease: Cases of constipation and cases of memory disorder. 18th International Congress of Parkinson’s Disease and Movement Disorders. Stockholm, Sweden, 2014 June 8-12.
  5. Sakakibara R. Doi H. Tateno F. Kishi M. Tsuyusaki Y.. Nizatidine ameliorates gastroparesis in Parkinson's disease. 18th International Congress of Parkinson’s Disease and Movement Disorders. Stockholm, Sweden, 2014 June 8-12.
  6. Sato K, Kamagata K, Terada T, Sakakibara R MR inaging in relation to phylogenic anatomy of the cerebellum in spinocerebellar ataxia: from conventional MRI ro diffusion imaging. 20th Symposium Neuroradiologicum, Istanbul, Turkey, 2014 9.
  7. Yamanishi T1, Fuse M1, Kaga K1, Shibata C1, Uchiyama T1,Sakakibara R2 The efficacy of alpha1A-adrenoceptor antagonists (silodosin and tamsulosin) for the treatment of nocturia with or without NP using frequency-volume chart 44th International Continence Society, Rio de Janeiro, Brazil, 2014 10.20-24
  8. Uchiyama T1, Yamamoto T2, Shibata-Yamaguchi C3, Kaga K4, Fuse M4, Watanabe Y5, Awa Y6, Kamai T7, Yamanishi T3, Sakakibara R8, Kuwabara S2, Hirata K5 Photo-stimulation using low reactive level laser can improve abnormal micturition reflex in spinal cord injury model. 44th International Continence Society, Rio de Janeiro, Brazil, 2014 10.20-24
  9. Sakakibara R1, Tateno F1, Kishi M1, Tsuyusaki Y1, Aiba Y1, Yamamoto T2, Yamanishi T3, Uchiyama T3, Shibata C3, Awa Y4 Meningitis-retention syndrome - a neuro-urological analysis 44th International Continence Society, Rio de Janeiro, Brazil, 2014 10.20-24
  10. Yamanishi T1, Kaga K1, Fuse M1, Uchiyama T1, Shibata C1,Sakakibara R2 The efficacy and safety of flexible dose imidafenacin (0.2mg or 0.4mg), for the treatment of overactive bladderand nocturia 44th International Continence Society, Rio de Janeiro, Brazil, 2014 10.20-24
  11. Yamanishi T1, Fuse M1, Kaga K1, Shibata C1, Uchiyama T1,Sakakibara R The effects of tolterodine and 5-hydroxymethyl tolterodine (5HMT) on carbachol-induced contraction in human bladdersmooth muscles in normal state and in detrusor overactivity associated with benign prostatic hyperplasia 44th International Continence Society, Rio de Janeiro, Brazil, 2014 10.20-24
  12. Shibata C1, Fuse M1, Kaga K1, Awa Y2, Uchiyama T1, Oikawa S3, Kamai T4, Hishinuma A5, Sakakibara R6, Yamanishi T The urodynamic characteristics of mid urethral obstruction in women 44th International Continence Society, Rio de Janeiro, Brazil, 2014 10.20-24
  13. Sakakibara R1, Uchida Y2, Yamamoto T3, Yamanishi T4, Uchiyama T4, Shibata C4, Tateno F1, Kishi M1, Tsuyusaki Y1, Ogata T1, Aiba Y1, Awa Y5 Brain SPECT imaging for the bladder of normal pressure hydrocephalus (NPH) – results of two analyses - 44th International Continence Society, Rio de Janeiro, Brazil, 2014 10.20-24.
  14. 舘野冬樹、榊原隆次、岸雅彦、露崎洋平. パーキンソン病患者における深部脳刺激治療による心血管系の変化について 第5回東関東ニューロロジー研究会2014. 東京 2013.1
  15. 露崎洋平、榊原隆次、岸雅彦、舘野冬樹. 脳幹梗塞における頭部MRI拡散強調画像・ADCマップの変化 第5回東関東ニューロロジー研究会2013. 東京 2014.1
  16. 舘野冬樹、露崎洋平、岸雅彦、榊原隆次.  深部脳刺激治療の血圧に対する効果 第3回北総ニューロロジー研究会. 佐倉 2014.1
  17. 舘野冬樹、榊原隆次、岸雅彦、露崎洋平.  深部脳刺激治療の血圧に対する効果 第4回佐倉神経精神セミナー. 佐倉 2014.1
  18. 榊原隆次、舘野冬樹、岸雅彦、露崎洋平.  神経疾患による膀胱知覚過敏~iNPHを含めて 第15回日本正常圧水頭症学会. 大阪 2014.2
  19. 露崎洋平、榊原隆次、岸雅彦、舘野冬樹. 急性発症認知症を呈した左海馬・視床梗塞 第39回日本脳卒中学会総会 Stroke2014. 大阪 2014.3
  20. 舘野冬樹、露崎洋平、岸雅彦、榊原隆次. 帯状疱疹性運動麻痺3例でのF波の異常.  第208回日本神経学会関東地方会 東京 2014.3
  21. 舘野冬樹、露崎洋平、岸雅彦、榊原隆次. 診断が困難であった多発性白質障害の1例.  第4回千葉MS懇話会 千葉 2014.3
  22. 土井啓員、榊原隆次、舘野冬樹、岸雅彦、露崎洋平. 当院におけるロチゴチンの使用経験.  第14回千葉パーキンソン病研究会 千葉 2014.4
  23. 舘野冬樹、露崎洋平、岸雅彦、榊原隆次. 高度便秘により下部消化管穿孔をきたしたパーキンソン病患者の1例.  第2回佐倉パーキンソン病カンファランス 佐倉 2014.5
  24. 岸雅彦、森秀一、久保幸穂、榊原隆次、露崎洋平、舘野冬樹、重本和宏. 受動免疫モデルマウス神経筋接合部におけるMuSK抗体の短期的作用. 第55回日本神経学会 福岡 2014.5.21-24
  25. 露崎洋平、榊原隆次、岸雅彦、舘野冬樹、寺田一志. 3テスラニューロメラニン選択的画像を用いたパーキンソン病の診断. 第55回日本神経学会 福岡 2014.5.21-24
  26. 内山智之、山本達也、渡邊由佳、舘野広美、橋本謙一、柴田千晴、布施美樹、加賀勘家、山西友典、榊原隆次、桑原聡、平田幸一. パーキンソン病の性機能障害は運動症状に先行しうる?. 第55回日本神経学会 福岡 2014.5.21-24
  27. 榊原隆次、舘野冬樹、露崎洋平、岸雅彦、寺田一志、野村文夫、澤井摂. 孤発性脊髄小脳失調症の遺伝子解析. 第55回日本神経学会 福岡 2014.5.21-24
  28. 舘野冬樹、榊原隆次、露崎洋平、尾形剛、岸雅彦. 脊髄小脳変性症における高次機能の検討. 第55回日本神経学会 福岡 2014.5.21-24
  29. 山本達也、朝比奈正人、内山智之、平野成樹、山中義祟、杉山淳比古、柳澤充、榊原隆次、桑原聡. 多系統萎縮症における排尿症状の発症時期: 病型別の検討. 第55回日本神経学会 福岡 2014.5.21-24
  30. 柴田千晴、内山智之、布施美樹、中村優子、猪瀬智哉、及川信次、釜井隆男、菱沼昭、榊原隆次、山西友典. 排尿筋過活動の抑制に関する検討: 最大尿意時膀胱容量における排尿筋過活動抑制. 第27回日本老年泌尿器科学会 山形 2014.6.13-14
  31. 高橋修、榊原隆次、杉山恵、矢野仁、舘野冬樹、露崎洋平、岸雅彦、東丸貴信. 過活動膀胱の10年後に運動症状が出現したパーキンソン病の1例. 第27回日本老年泌尿器科学会 山形 2014.6.13-14
  32. 榊原隆次、舘野冬樹、岸雅彦、露崎洋平.  パーキンソン病の胃排出能低下に対する六君子湯の効果. 第15回千葉消化管運動機能研究会. 千葉 2014.6
  33. 岸雅彦、榊原隆次、舘野冬樹、露崎洋平.  Tumefactive MSが疑われた2症例. 第3回千葉海浜MSフォーラム. 千葉 2014.7
  34. 柴田千晴、内山智之、山西友典、榊原隆次. 女性の外尿道口狭窄が疑われる症例でのウロダイナミクス所見.  第8回関東ウロダイナミクス研究会 東京 2014.7
  35. 矢野仁、榊原隆次、舘野冬樹、高橋修、杉山恵、鈴木啓悦. CJDと診断された2症例における排尿機能検査所見の検討.  第8回関東ウロダイナミクス研究会 東京 2014.7
  36. 舘野冬樹、榊原隆次、岸雅彦、露崎洋平. 脊髄小脳変性症における高次機能の検討. 第5回佐倉神経精神セミナー. 佐倉 2014.7
  37. 山本達也、朝比奈正人、内山智之、平野成樹、山中義祟、杉山淳比古、柳澤充、布施美樹、榊原隆次、桑原聡. 多系統萎縮症における排尿症状の発症時期: 病型別の検討.  第21回日本排尿機能学会 岡山 2014.9.18-19
  38. 内山智之、山本達也、渡邊由佳、舘野広美、橋本謙一、柴田千晴、布施美樹、加賀勘家、山西友典、榊原隆次、桑原聡、平田幸一. 泌尿器科で原因不明の下部尿路機能障害のなかに多系統萎縮症によるものが存在する.  第21回日本排尿機能学会 岡山 2014.9.18-19
  39. 矢野仁、榊原隆次、舘野冬樹、高橋修、杉山恵、岡了、李芳青、内海孝信、遠藤匠、上島修一、鈴木啓悦. 過活動膀胱におけるイミダフェナシン・ソリフェナシンの臨床効果の検討. 第21回日本排尿機能学会 岡山 2014.9.18-19
  40. 高橋修、榊原隆次、杉山恵、矢野仁、舘野冬樹、露崎洋平、岸雅彦、金徳男、田端強志、佐々木健、高橋憲子、蓮沼絵里香、丹治直映、守永幸大、東丸貴信、鈴木啓悦. 糖尿病患者の残尿~起立性低血圧、四肢神経伝導検査との対比(第2報). 第21回日本排尿機能学会 岡山 2014.9.18-19
  41. 舘野冬樹、榊原隆次、露崎洋平、岸雅彦、矢野仁、高橋修、杉山恵. ヘルペス脳炎後に膀胱知覚低下とDHICを呈した1例. 第21回日本排尿機能学会 岡山 2014.9.18-19
  42. 舘野冬樹、榊原隆次、露崎洋平、岸雅彦、矢野仁、高橋修、杉山恵 レヴィー小体型認知症の排尿障害の検討.  第8回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス  京都 2014.10.2-4
  43. 内山智之、山本達也、渡邊由佳、橋本謙一、門脇太郎、宮本雅之、新郷哲郎、柴田千晴、加賀勘家、山西友典、榊原隆次、桑原聡、平田幸一. パーキンソン病ではSSRI/SNRIによりジスキネジアが出現・増悪する場合がある.  第8回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス  京都 2014.10.2-4
  44. 岸雅彦、榊原隆次、舘野冬樹、露崎洋平.  Tumefactive MSが疑われた2症例. 第12回千葉MS(多発性硬化症)フォーラム. 千葉 2014.10.9
  45. 鎌形康司、榊原隆次、中塚智也、堀正明、鈴木通真、岸雅彦、露崎洋平、舘野冬樹、青木茂樹、寺田一志. Suceptability weighted imaging of nigrosome in Lewy body disease: comparison with dopamine transporter SPECT. 日本神経放射線学会 2014.
  46. 舘野冬樹、榊原隆次、露崎洋平、岸雅彦、土井啓員、平井成和. パーキンソン病患者における排便機能と胃排出能の関連性. 第67回日本自律神経学会. 埼玉 2014.10.30
  47. 杉山恵、榊原隆次、高橋修、舘野冬樹、矢野仁、露崎洋平、岸雅彦、相羽陽介、鈴木啓悦、東丸貴信. ウロダイナミクスからみた女性の尿閉. 第67回日本自律神経学会. 埼玉 2014.10.30
  48. 山本達也、朝比奈正人、内山智之、平野成樹、山中義祟、杉山淳比古、柳澤充、布施美樹、榊原隆次、桑原聡. 多系統萎縮症における排尿症状の発症時期: 病型別の検討.  第67回日本自律神経学会. 埼玉 2014.10.30
  49. 内山智之、山本達也、新井英二、新井誠人、樋口佳則、渡邊由佳、橋本謙一、門脇太郎、宮本雅之、新郷哲郎、柴田千晴、加賀勘家、山西友典、榊原隆次、桑原聡、平田幸一. 放射線非透過性マーカーを用いたパーキンソン病の排便障害の特徴に関する検討.  第67回日本自律神経学会. 埼玉 2014.10.30
  50. 内山智之、山本達也、柴田千晴、布施美樹、加賀勘家、渡邉由佳、橋本謙一、門脇太郎、舘野広美、榊原隆次、桑原聡、平田幸一. 選択的α1A受容体遮断薬シロドシンは女性の神経因性膀胱を改善しうる.  第31回日本神経治療学会 東京 2014.11.20-22
  51. 榊原隆次、土井啓員、舘野冬樹、岸雅彦、露崎洋平、相羽陽介、鈴木康夫.  パーキンソン病の胃排出能低下に対する六君子湯の効果.  第31回日本神経治療学会 東京 2014.11.20-22
  52. 土井啓員、榊原隆次、岸雅彦、露崎洋平、舘野冬樹、平井成和.  上部消化管運動機能に対するL-DOPAの影響.  第31回日本神経治療学会 東京 2014.11.20-22
  53. 舘野冬樹、露崎洋平、榊原隆次、岸雅彦、相羽陽介. 脊髄小脳変性症における高次機能障害の検討.  第7回東邦医学会佐倉内科分科会 佐倉 2014.12
  54. 岩川幹弘、舘野冬樹、露崎洋平、榊原隆次、岸雅彦、相羽陽介. 首下がり症状にて発覚したParkinson病に重症筋無力症を合併した1例.  第7回東邦医学会佐倉内科分科会 佐倉 2014.12
  55. 山本圭一郎、舘野冬樹、露崎洋平、榊原隆次、岸雅彦、相羽陽介. 診断困難であり、脳生検によって診断となった白質脳症の1例.  第7回東邦医学会佐倉内科分科会 佐倉 2014.12
  56. 舘野冬樹、榊原隆次、高橋修、杉山恵、矢野仁、岸雅彦、露崎洋平、相羽陽介.  ヘルペス脳炎後に膀胱知覚低下とDHICを呈した1例.  第9回関東ウロダイナミクス研究会 東京 2014.12