脳神経内科

研究業績 (2015年度)

主催シンポジウム1編(うち英文1編), 研究原著13編(うち英文12編);著書6編(うち英文3編); 総説9編であった。
昨年度に引き続きパーキンソン病、多系統萎縮症などの変性疾患、認知症、脳血管障害などの研究を行なった。
MIBG心筋scintigraphyは、本邦を中心として、パーキンソン病のバイオマーカーとして確立されている。MIBG心筋scintigraphyをバイオマーカーとした、パーキンソン病のごく早期診断について研究した。動脈硬化指標であるCAVIが脳梗塞に直接かかわることを、多数例の検討から明らかにした。

研究原著13編(うち英文12編)

  1. Tateno H, Sakakibara R, Tateno F, Tuyusaki Y, Aiba Y, Kishi M, Tateno A, Ogata T, Doi H, Inaoka T, Terada H, Suzuki Y. Metaiodobenzylguanidine Myocardial Scintigraphy Identifies Premotor Parkinson's Disease During a Negative Dopamine Transporter Scan. J Am Geriatr Soc. 2015 Nov;63(11):2428-30.
  2. Tateno H, Sakakibara R, Shiina S, Doi H, Tateno F, Sato M, Masaka T, Kishi M, Tsuyusaki Y, Aiba Y, Ogata T, Suzuki Y. Transdermal Dopamine Agonist Ameliorates Gastric Emptying in Parkinson's Disease. J Am Geriatr Soc. 2015 Nov;63(11):2416-8.
  3. Sakakibara R, Uchida Y, Ishii K, Hashimoto M, Ishikawa M, Kazui H, Yamamoto T, Uchiyama T, Tateno F, Kishi M, Tsuyusaki Y, Aiba Y, Tateno H, Nagao T, Terada H, Inaoka T; Members of SINPHONI (Study of Idiopathic Normal Pressure Hydrocephalus On Neurological Improvement). Bladder recovery relates with increased mid-cingulate perfusion after shunt surgery in idiopathic normal-pressure hydrocephalus: a single-photon emission tomography study. Int Urol Nephrol. 2015 Nov 17. [Epub ahead of print]
  4. Tateno H, Uchiyama T, Yamamoto T, Watanabe Y, Hashimoto K, Shibata-Yamaguchi C, Fuse M, Kamai T, Yamanishi T, Sakakibara R, Kuwabara S, Hirata K: Amantadine can ameliorate lower urinary tract dysfunction and nocturnal polyuria in patients with Parkinson’s disease and vascular parkinsonism. Dokkyo J Med Sci 42: 21-29, 2015
  5. Tateno F, Sakakibara R, Nagao T, Tuyusaki Y, Aiba Y, Tateno H, Kishi M, Ogata T. Deep Brain Stimulation Ameliorates Postural Hypotension in Parkinson's Disease. J Am Geriatr Soc. 2015 Oct;63(10):2186-9.
  6. Shiina S, Sakakibara R, Doi H, Tateno F, Sato M, Masaka T, Kishi M, Tsuyusaki Y, Ogata T, Aiba Y, Tateno H. Levodopa Does Not Worsen Gastric Emptying in Parkinson's Disease. J Am Geriatr Soc. 2015 Oct;63(10):2185-6.
  7. Unger MM, Sakakibara R. Does REM sleep behavior disorder have the guts to be Parkinson disease? Neurology. 2015 Nov 17;85(20):1732-3.
  8. Sakakibara R. Editorial Comment from Dr Sakakibara to Measurement of oxyhemoglobin concentration changes in interstitial cystitis female patients: A near-infrared spectroscopy study. Int J Urol. 2015 Jul;22(7):694.
  9. Sakakibara R, Panicker J, Finazzi-Agro E, Iacovelli V, Bruschini H; Parkinson's Disease Subcomittee, The Neurourology Promotion Committee in The International Continence Society. A guideline for the management of bladder dysfunction in Parkinson's disease and other gait disorders. Neurourol Urodyn. 2015 Mar 25. doi: 10.1002/nau.22764. [Epub ahead of print] PMID:25810035
  10. Liu Z, Uchiyama T, Sakakibara R, Yamamoto T. Underactive and overactive bladders are related to motor function and quality of life in Parkinson's disease. Int Urol Nephrol. 2015 May;47(5):751-7.
  11. Sakakibara R, Doi H, Sato M, Hirai S, Masaka T, Kishi M, Tsuyusaki Y, Tateno A, Tateno F, Aiba Y, Ogata T, Suzuki Y. Nizatidine ameliorates slow transit constipation in Parkinson's disease. J Am Geriatr Soc. 2015 Feb;63(2):399-401.
  12. Tateno F, Sakakibara R, Ogata T, Kishi M, Tsuyusaki Y, Takahashi O, Sugiyama M, Tateno A. Lower urinary tract function in dementia with Lewy bodies (DLB). Mov Disord. 2015 Mar;30(3):411-5.
  13. 山西友典, 榊原隆次, 納谷幸男, 内山智之, 矢野仁, 阿波裕輔, 中町裕, 梶本俊一, 加賀勘家, 鈴木啓悦: 夜間頻尿に対するイミダフェナシンおよびソリフェナシンの有効性および安全性の無作為比較臨床試験. 医学と薬学 72 7: 1219-1226, 2015

(研究原著より。文献No.9)

Sakakibara R, Panicker J, Finazzi-Agro E, Iacovelli V, Bruschini H; Parkinson's Disease Subcomittee, The Neurourology Promotion Committee in The International Continence Society. A guideline for the management of bladder dysfunction in Parkinson's disease and other gait disorders. Neurourol Urodyn. 2015 Mar 25. doi: 10.1002/nau.22764. [Epub ahead of print]
Parkinson’s Disease Subcommittee
榊原が委員長を務めるParkinson’s Disease Subcommittee, Neurolourology Promotion committee, International Continence Society から「パーキンソン病排尿障害の治療ガイドライン」発刊された。

パーキンソン病の過活動膀胱の対処法
パーキンソン病の過活動膀胱の対処法

排尿障害からみた神経変性疾患の鑑別
排尿障害からみた神経変性疾患の鑑別

(文献No.9の図の日本語訳です)

パーキンソン病とミトコンドリア酸化ストレス
研究開発部 河井さんより。パーキンソン病等の変性疾患では、その病態カスケードにおいて酸化ストレス(oxidative stress)が上昇しており、これをPET, 髄液で捉えることが可能である。

著書6編(うち英文3編)

  1. Sakakibara R. Lower urinary tract dysfunction in patients with brain lesions. Handb Clin Neurol. 2015;130:269-87.
  2. Sakakibara R(分担) : Chapter 16: Dementia and lower urinary tract function. p179-198 In: Textbook of the Neurogenic Bladder, Third dition, Ed by Corcos J, Ginsberg D, Karsenty G. CRC Press, New York, 2015
  3. Sakakibara R(分担) : Chapter 18: Urinary function in multiple system atrophy. p209-222 In: Textbook of the Neurogenic Bladder, Third dition, Ed by Corcos J, Ginsberg D, Karsenty G. CRC Press, New York, 2015
  4. 榊原隆次(分担) : 多系統萎縮症multiple system atrophy (MSA) p632-633 今日の診断指針第7版、医学書院、東京、2015
  5. 榊原隆次、舘野冬樹、山本達也、山西友典, 内山智之(分担) :心因性頻尿と排尿障害. p171-174 LUTS診療ロードマップ、Medical View社、東京、2015
  6. 舘野冬樹、榊原隆次、岸雅彦、露崎洋平、相羽陽介(分担) :薬剤性排尿障害. p217-220 LUTS診療ロードマップ、Medical View社、東京、2015

(著書より。文献No.1)

Sakakibara R. Lower urinary tract dysfunction in patients with brain lesions. Handb Clin Neurol. 2015;130:269-87.
Chapter15
オランダのElsevier社から出版される神経内科のシリーズ教科書 Handbook of Clinical Neurologyの1章を担当させて頂いた。「脳疾患における下部尿路障害」
編者のBruyn先生はLeiden大学の神経内科教授で、Vinken先生は脳外科医である。Vinken先生はprogrammingに精通しておられ、PubMedと共に広く参照されているExerpta Medica/Embaseを作られた先生でもある。

総説9編

  1. 饗場郁子, 下畑享良, 榊原隆次, 吉田眞理: 【神経変性疾患と自律神経障害】 進行性核上性麻痺と自律神経障害(解説/特集). 神経内科 83 1: 44-53, 2015
  2. 榊原隆次, 舘野冬樹, 岸雅彦, 露崎洋平, 相羽陽介, 尾形剛, 土井啓員, 高橋修, 杉山恵: 【認知症の症候学・治療学および予防への展望】 認知症にみられる自律神経障害の症状・病態生理・対策法 排泄障害(解説/特集). 老年精神医学雑誌 26 増刊I: 89-98, 2015
  3. 内山智之, 山西友典, 榊原隆次, 平田幸一: 【中枢神経と排尿障害-最近の話題-】 排尿障害の最近の治療(解説/特集). 神経内科 82 4: 415-420, 2015
  4. 榊原隆次, 舘野冬樹, 岸雅彦, 舘野広美, 長尾建樹: 【中枢神経と排尿障害-最近の話題-】 正常圧水頭症の排尿障害(解説/特集). 神経内科 82 4: 410-414, 2015
  5. 榊原隆次, 舘野冬樹, 岸雅彦, 露崎洋平, 相羽陽介: 【中枢神経と排尿障害-最近の話題-】 かくれ脳梗塞と高齢者の過活動膀胱(OAB)(解説/特集). 神経内科 82 4: 398-402, 2015
  6. 榊原隆次: 中枢神経と排尿障害 最近の話題 かくれ脳梗塞と高齢者の過活動膀胱(解説). 自律神経2015; 2巻1号: 56-59.
  7. 榊原隆次: パーキンソン病: 排便・排尿・性機能・発汗の障害. Clinical Neuroscience 33 9: 1010-1013, 2015
  8. 榊原隆次: 認知症と頻尿の関係. 日本医事新報 2015; 4765 (8.22): 59-60.
  9. 榊原隆次: 泌尿器科専門医へのアンケート: 排便障害. 排尿障害プラクティス 23 1: 4-9, 2015

シンポジウム/特別講演/ランチョンセミナー/パネルディスカッション等

  1. ○Sakakibara R:Bladder dysfynction in PSP. Progressive Supranuclear Palsy (PSP) Committee Meeting: 19th International Congress of Parkinson’s disease and Movement Disorders (Invited lecture), San Diego USA, 2015.6
  2. ○Sakakibara R, Tateno F, Kishi M, Tsuyusaki Y, Aiba Y, Uchiyama T, Yamanishi T:Lower gastrointestinal function masure in Parkinson’s disease: with reference to levodopa. The 9th ICME International Conference on Complex Medical Engeneering CME2015 (Symp, Chairman, The measuring and diagnostic instruments for neurological symptoms of Parkinson’s disease [IT for Parkinson’s disease]), Hiroshima, 2015.6
  3. ○Sakakibara R:ICS Neurourology Promotion Committee Meeting: Parkinson’s disease, 4th International Neuro-Urology Meeting, Zurich Switzerland, 2015.8
  4. Sakakibara R:How Do I Manage LUTS in Patients with Cerebral Disorders? Workshop , 2015 International Continence Meeting in Montreal, Canada 2015.10.6-9
  5. 榊原隆次 : パーキンソン病と自律神経障害について. 協和発酵キリン学術講演会 (特別講演)、佐倉, 2015.1
  6. 榊原隆次 : パーキンソン病の自律神経障害. 第40回佐倉病院研究推進談話会 (特別講演)、佐倉, 2015.1
  7. 榊原隆次 : パーキンソン病の消化管障害. 東関東ニューロロジー研究会 (基調講演),  東京, 2015.1
  8. 榊原隆次 : 認知症疾患医療センターとしての地域医療・介護の連携について 平成26年度四街道市認知症多職種協働研修 (特別講演)、四街道, 2015.2
  9. 榊原隆次 : 認知症治療の最新の話題について. 武田学術講演会 (特別講演)、千葉, 2015.2
  10. 榊原隆次 : パーキンソン病の消化管障害. 印旛市郡医師会学術講演会 (特別講演)、佐倉, 2015.3
  11. 榊原隆次 : 認知症と排泄について 第1回病態と検査について. 第28回日本老年泌尿器科学会学術集会(2学会合同リレー企画) (教育講演), 浜松、2015.5
  12. 榊原隆次 : みんなで学ぶものわすれ: 認知症になっても安心して暮らせるまちへ. 山武市・東金市市民公開講座地域で支える認知症 (特別講演)、東金、2015.5
  13. 榊原隆次 : 認知症と排泄について 第2回症状と対処へ. 第24回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会(2学会合同リレー企画) (教育講演),  幕張、2015.5
  14. 榊原隆次 : 認知症と排尿障害. 第58回日本腎臓病学会学術集会 (ランチョンセミナー), 名古屋、2015.6
  15. 榊原隆次 : 脳外科・神経内科と過活動膀胱(神経因性膀胱). 北総Neurology研究会. (特別講演)、印西、2015.6
  16. 榊原隆次 : 認知症の治療とケア 平成26年度千葉県かかりつけ医認知症対応力向上研修(特別講演)、佐倉、2015.6
  17. 榊原隆次 : レヴィー小体型認知症を中心とした認知症の診方 平成26年度印旛圏域認知症地域支援体制におけるケアマネージャー等研修懇談会議 (特別講演)、佐倉市、2015.7
  18. 榊原隆次 : PD・DLB画像診断: 非運動症状を中心に. 第47回千葉ベイシティカンファランス (教育講演),  千葉、2015.7
  19. 榊原隆次 : パーキンソン病消化管障害に対してのニュープの有効性について. 大塚学術講演会 (特別講演)、佐倉、2015.7
  20. 榊原隆次 : 認知症における排尿障害. 高齢者疾患フォーラム2015 (特別講演)、大阪、2015.7
  21. 榊原隆次 : パーキンソン病の非運動症状; 特に自律神経症状について. 大日本住友学術講演会 (特別講演)、千葉, 2015.8

(シンポジウムより。引用No.4)

Sakakibara R:How Do I Manage LUTS in Patients with Cerebral Disorders? Workshop , 2015 International Continence Meeting in Montreal, Canada 2015.10.6-9
2015 International Continence Meeting
2015 International Continence Meeting国際禁制学会 in Montreal, Canada 2015.10.6-9でのシンポジウム。

一般講演

  1. ○Sakakibara R:Functional Brain Imaging in Fesotelodine, Fesoterodine Advisory Meeting, Tokyo, 2015.3
  2. ○Kamagata K, Sato K, Terada T, Nakatsuka T, Aoki S, Suzuki N, Hori M, Sakakibara R:Susceptability-weighted imaging of nigrosome 1 in Lewy body diseases: comparison with dopamine transporter SPECT, American Society of Neuroradiology, USA, 2015.3
  3. ○Sato Kanako, Kamagata K, Terada T, Sakakibara R:Neurite orientation dispersion in imaging in patients with spinocerebellar ataxia type 6, Organization for Human Brain Mapping OHBM 2015, Honolulu Hawaii USA, 2015.6
  4. ○Yamamoto T, Asahina M, Uchiyama T, Hirano S, Yamanaka Y, Fuse M, Koga Y, Yanagisawa M, Sakakibara R, Kuwabara S:Urinary dysfunction in progressive supranuclear palsy in comparison to Parkinson’s disease and multiple system atrophy, 19th International Congress of Parkinson’s disease and Movement Disorders, San Diego USA, 2015.6
  5. ○Uchiyama T, Yamamoto T, Watanabe Y, Hashimoto K, Kadowaki T, Higuchi Y, Shingo T, Shibata-Yamaguchi C, Koga K, Yamanishi T, Sakakibara R, Kuwabara S, Hirata K:Subthalamic deep brain stimulation can improve constipation and other bowel dysfunction in Parkinson’s disease, 19th International Congress of Parkinson’s disease and Movement Disorders, San Diego USA, 2015.6
  6. Shibata C1, Kaga K1, Fuse M2, Uchiyama T3, Sakakibara R4, Yamanishi T. The relationship between maximum urethral closure pressure and leak point pressure in women with stress urinary incontinence . 2015 International Continence Meeting in Montreal, Canada 2015.10.6-9
  7. Tateno F1, Sakakibara R1, Tateno H1, Kishi M1, Tsuyusaki Y1, Aiba Y1, Yamamoto T2, Yamanishi T3, Uchiyama T3, Awa Y4, Shibata C3, Yano M5. Lower urinary tract dysfunction in progressive supranuclear palsy . 2015 International Continence Meeting in Montreal, Canada 2015.10.6-9
  8. Sakakibara R1, Doi H2, Shiina S2, Tateno F1, Tateno H1, Kishi M1, Tsuyusaki Y1, Aiba Y1, Yamamoto T3, Yamanishi T4, Uchiyama T4, Shibata C. Transdermal dopamine agonist ameliorates gastric emptying in Parkinson’s disease . 2015 International Continence Meeting in Montreal, Canada 2015.10.6-9
  9. Sakakibara R1, Tateno F1, Tateno H1, Kishi M1, Tsuyusaki Y1, Aiba Y1, Yamamoto T2, Yamanishi T3, Uchiyama T3, Shibata C3. Fesoterodine modulates the brain function in OAB patients: a real-time measure of oxyhemoglobin concentration changes during urodynamics . 2015 International Continence Meeting in Montreal, Canada 2015.10.6-9
  10. ○舘野冬樹、榊原隆次、露崎洋平、岸雅彦、相羽陽介:ヘルペス脳炎後にDOを伴う排尿障害をきたした1例. 第4回北総ニューロロジー研究会, 佐倉市、2015.1
  11. ○相羽陽介、榊原隆次、露崎洋平、舘野冬樹、岸雅彦:首下がり症状にて発覚したParkinson病に重症筋無力症が合併した1例. 第6回佐倉神経精神セミナー, 佐倉市、2015.1
  12. ○鎌形康司、榊原隆次、中塚智也、堀正明、鈴木通真、岸雅彦、露崎洋平、舘野冬樹、青木茂樹、寺田一志:磁化率強調像によるLewy小体病におけるニグロソームの評価: ドパミントランスポーターSPECTとの比較. 第44回日本神経放射線学会, 名古屋, 2015.3
  13. ○相羽陽介、榊原隆次、露崎洋平、舘野冬樹、岸雅彦:首下がり症状にて発覚したParkinson病に重症筋無力症が合併した1例. 城東神経免疫セミナー, 葛飾、2015.3
  14. ○露崎洋平、榊原隆次、舘野冬樹、岸雅彦、相羽陽介:色彩障害による奥行知覚障害を呈した左後頭葉梗塞の1例. 第40回日本脳卒中学会総会、広島、2015.3
  15. ○Sato Kanako, Kamagata K, Terada T, Sakakibara R:脊髄小脳失調症における小脳の発生学的解剖に基づくMR所見と鑑別診断. 第74回日本医学放射線学会総会, 横浜, 2015.4
  16. ○舘野冬樹、榊原隆次、相羽陽介、露崎洋平、岸雅彦、矢野仁、高橋修、杉山恵:進行性核上性麻痺における排尿障害の検討. 第28回日本老年泌尿器科学会学術集会, 浜松、2015.5
  17. ○中村春香、榊原隆次、杉山恵、高橋修、矢野仁、舘野冬樹、岸雅彦、露崎洋平、東丸貴信、鈴木啓悦:ウロダイナミクスから見た女性の尿閉の基礎疾患. 第28回日本老年泌尿器科学会学術集会, 浜松、2015.5
  18. ○榊原隆次、土井啓員、舘野冬樹、岸雅彦、露崎洋平、相羽陽介、矢野仁、高橋修、杉山恵、中村春香:パーキンソン病の上・下部消化管運動に対するニザチジンの効果. 第28回日本老年泌尿器科学会学術集会, 浜松、2015.5
  19. ○岩川幹弘、露崎洋平、榊原隆次、舘野冬樹、岸雅彦、舘野広美、相羽陽介:首下がり症状にて発覚したParkinson病に重症筋無力症が合併した1例. 第15回千葉パーキンソン病研究会、千葉、2015.4
  20. ○高橋修、榊原隆次、杉山恵、中村春香、金徳男、片岡学、岸雅彦、舘野冬樹、露崎洋平、東丸貴信:チャーグ・ストラウス症候群の神経伝導検査. 日本臨床衛生検査技師会, 福岡, 2015.4
  21. ○露崎洋平、榊原隆次、岸雅彦、舘野冬樹、相羽陽介、岩川幹弘、尾形剛:3テスラニューロメラニン選択的画像を用いたパーキンソン病の診断. 第56回日本神経学会, 新潟, 2015.5
  22. ○Sakakibara R:How L-dopa affects gastrointestinal function in Parkinson’s disease? (Session Chair) 第56回日本神経学会, 新潟, 2015.5
  23. ○内山智之、山本達也、新井英二、新井誠人、樋口佳則、渡邉由佳、橋本謙一、門脇太郎、新郷哲郎、柴田千晴、加賀勘家、山西友典、榊原隆次、桑原聡、平田幸一:視床下核脳深部刺激療法はパーキンソン病の便秘お呼び大腸の運動異常を改善しうる. 第56回日本神経学会, 新潟, 2015.5
  24. ○Yamamoto T, Asahina M, Uchiyama T, Hirano S, Yamanaka Y, Fuse M, Yanagisawa M, Koga Y, Sakakibara R, Kuwabara S:Urinary dysfunction in PSP in comparison with PD and MSA. 第56回日本神経学会 新潟 2015.5
  25. ○舘野冬樹、岩川幹弘、相羽陽介、岸雅彦、榊原隆次、尾形剛:レヴィー小体型認知症における排尿障害の検討. 第56回日本神経学会, 新潟, 2015.5
  26. ○Sakakibara R:Bladder disorder in idiopathic normal pressure hydrocephalus. 2015 iNPH Case Conference in Tokyo, 東京、2015.5
  27. ○河井貴之、榊原隆次、武城英明:神経変性疾患鑑別のための髄液中バイオマーカーの探索. 第146回東邦医学会、東京、2015.6
  28. ○舘野冬樹、榊原隆次、高橋修、杉山恵、矢野仁、岸雅彦、露崎洋平、相羽陽介、舘野広美:急性自律神経ニューロパチーにより排尿障害をきたした1例.  第10回関東ウロダイナミクス研究会, 東京, 2015.7
  29. ○相羽陽介、榊原隆次、露崎洋平、舘野冬樹、岸雅彦、舘野広美:Tetanusの1例. 第7回佐倉神経精神セミナー, 佐倉市、2015.7
  30. ○榊原隆次:パーキンソン病消化管障害のニュープロパッチによる改善. ニュープロパッチ発売2周年記念講演会、千葉、2015.7
  31. ○岩川幹弘、露崎洋平、榊原隆次、舘野冬樹、岸雅彦、舘野広美、相羽陽介:首下がり症状にて発覚したParkinson病に重症筋無力症が合併した1例. 第214回日本神経学会関東地方会、東京, 2015.9