脳神経内科

平成28年度(2016年度)の研究業績

研究原著15編(うち英文15編);著書6編; 総説21編; シンポジウム/特別講演等37編(うち英文7編); 一般講演46編(うち英文7編)であった。
昨年度に引き続きパーキンソン病、多系統萎縮症などの変性疾患、認知症、脳血管障害などの研究を行なった。特に、代表的な脳疾患であるパーキンソン病による神経因性膀胱について、NATURE REVIEW誌の総説、国際禁制学会ICSによる国際治療ガイドラインが東邦大学佐倉病院神経内科から発信された。

研究原著16編(うち英文16編)

  1. Kamagata K, Nakatsuka T, Sakakibara R, Tsuyusaki Y, Takamura T, Sato K, Suzuki M, Hori M, Kumamaru KK, Inaoka T, Aoki S, Terada H. Diagnostic imaging of dementia with Lewy bodies by susceptibility-weighted imaging of nigrosomes versus striatal dopamine transporter single-photon emission computed tomography: a retrospective observational study. Neuroradiology. 2016 Dec 29. doi: 10.1007/s00234-016-1773-z. [Epub ahead of print]PMID:28035426
  2. Ogawa T, Sakakibara R, Kuno S, Ishizuka O, Kitta T, Yoshimura N. Prevalence and treatment of LUTS in patients with Parkinson disease or multiple system atrophy. Nat Rev Urol. 2016 Dec 13. doi: 10.1038/nrurol.2016.254. [Epub ahead of print] Review. PMID:27958390
  3. Tateno F, Sakakibara R, Aiba Y, Tsuyusaki Y, Kishi M, Tateno H, Ogata T. Stercoral Ulcer and Colonic Perforation in an Individual with Parkinson's Disease with Constipation. J Am Geriatr Soc. 2016 Oct;64(10):e118-e120. doi: 10.1111/jgs.14357. No abstract available. PMID:27701730
  4. Aiba Y, Iwakawa M, Sakakibara R, Tsuyusaki Y, Tateno F, Kishi M, Tateno H, Ogata T. Myasthenia Gravis Manifesting As Head Drop in an Elderly Adult with Parkinson's Disease. J Am Geriatr Soc. 2016 Oct;64(10):e120-e122.
  5. Takahashi JC, Funaki T, Houkin K, Inoue T, Ogasawara K, Nakagawara J, Kuroda S, Yamada K, Miyamoto S; JAM Trial Investigators. Significance of the Hemorrhagic Site for Recurrent Bleeding: Prespecified Analysis in the Japan Adult Moyamoya Trial. Stroke. 2016 Jan;47(1):37-43.
  6. Sakakibara R, Uchida Y, Ishii K, Hashimoto M, Ishikawa M, Kazui H, Yamamoto T, Uchiyama T, Tateno F, Kishi M, Tsuyusaki Y, Aiba Y, Tateno H, Nagao T, Terada H, Inaoka T; Members of SINPHONI (Study of Idiopathic Normal Pressure Hydrocephalus On Neurological Improvement). Bladder recovery relates with increased mid-cingulate perfusion after shunt surgery in idiopathic normal-pressure hydrocephalus: a single-photon emission tomography study. Int Urol Nephrol. 2016 Feb;48(2):169-74.
  7. Aiba Y, Sakakibara R, Abe F, Higuchi T, Tokuyama W, Hiruta N, Tateno F, Tsuyusaki Y, Kishi M, Tateno H, Ogata T. Neuronal intranuclear inclusion disease with leukoencephalopathy and light motor-sensory and autonomic neuropathy diagnosed by skin biopsy. J Neurol Sci. 2016; 368: 263-265.
  8. Tudor KI, Sakakibara R, Panicker JN. Neurogenic lower urinary tract dysfunction: evaluation and management. J Neurol. 2016 Jul 11. [Epub ahead of print]PMID:27401178
  9. Yano M, Sakakibara R, Tateno F, Takahashi O, Nakamura H, Sugiyama M, Fang-Ching L, Kamijima S, Kamiya N, Suzuki H. Urodynamic findings in patients with Creutzfeldt-Jakob disease: a case report. Int Urol Nephrol. 2016; 48: 1579-1583.
  10. Drake MJ, Apostolidis A, Cocci A, Emmanuel A, Gajewski JB, Harrison SC, Heesakkers JP, Lemack GE, Madersbacher H, Panicker JN, Radziszewski P, Sakakibara R, Wyndaele JJ. Neurogenic lower urinary tract dysfunction: Clinical management recommendations of the Neurologic Incontinence committee of the fifth International Consultation on Incontinence 2013. Neurourol Urodyn. 2016; 35: 657-665.
  11. Ogata T, Sakakibara R, Tateno F, Tsuyusaki Y, Tateno H, Aiba Y, Kishi M, Inaoka T, Terada H, Doi H, Suzuki Y. Mild Cognitive Impairment as the Initial Manifestation of Progressive Supranuclear Palsy. J Am Geriatr Soc. 2016; 64: 683-685.
  12. Yamamoto T, Tateno F, Sakakibara R, Furukawa S, Asahina M, Uchiyama T, Hirano S, Yamanaka Y, Fuse M, Koga Y, Yanagisawa M, Kuwabara S. Urinary Dysfunction in Progressive Supranuclear Palsy Compared with Other Parkinsonian Disorders. PLoS One. 2016 Feb 17;11: e0149278.
  13. Tsuyusaki Y, Sakakibara R, Ogata T, Tateno F, Kishi M, Tateno H, Aiba Y. Depth perception disorder after left ventral occipital lobe infarction. Neurocase. 2016;22:248-250.
  14. Tsuyusaki Y, Sakakibara R, Tateno F, Aiba Y, Kishi M, Tateno H, Ogata T, Inaoka T, Terada H, Suzuki Y. Multiple system atrophy presenting initially as spastic paraparesis. J Neurol Sci. 2016; 360: 176-178.
  15. Nakamura H, Sakakibara R, Sugiyama M, Tateno F, Yano M, Takahashi O, Kishi M, Tsuyusaki Y, Tateno H, Aiba Y, Ogata T, Yamamoto T, Yamanishi T, Uchiyama T, Suzuki H, Tateno A, Suzuki Y. Neurologic diseases that cause female urinary retention. Bladder, 2016; 3: e20 DOI: 10.14440/bladder.2016.70.
  16. Sakakibara R, Panicker J, Finazzi-Agro E, Iacovelli V, Bruschini H; Parkinson's Disease Subcomittee, The Neurourology Promotion Committee in The International Continence Society. A guideline for the management of bladder dysfunction in Parkinson's disease and other gait disorders. Neurourol Urodyn. 2016; 35: 551-563.

(研究原著より。文献No.2)

Ogawa T, Sakakibara R, Kuno S, Ishizuka O, Kitta T, Yoshimura N. Prevalence and treatment of LUTS in patients with Parkinson disease or multiple system atrophy. Nat Rev Urol. 2016 Dec 13. doi: 10.1038/nrurol.2016.254. [Epub ahead of print] Review. PMID:27958390
NATURE REVIEWから発刊されたパーキンソン病の神経因性膀胱の総説である。
排尿の神経支配
排尿の神経支配

多系統萎縮症とパーキンソン病の下部尿路機能障害の対処法
多系統萎縮症とパーキンソン病の下部尿路機能障害の対処法

著書7編

  1. 相羽陽介、榊原隆次、舘野冬樹. 痙攣発症脳梗塞. 脳卒中症候学.症例編: 診療の深みを理解する、編集: 田川晧一、橋本洋一郎、稲富雄一郎、西村書店、東京、2016: 150-152.
  2. 榊原隆次、舘野冬樹、岸雅彦. 脳卒中と排尿障害. 脳卒中症候学.症例編: 診療の深みを理解する、編集: 田川晧一、橋本洋一郎、稲富雄一郎、西村書店、東京、2016: 189-192.
  3. 舘野冬樹、榊原隆次. 中枢性尿崩症. 脳卒中症候学.症例編: 診療の深みを理解する、編集: 田川晧一、橋本洋一郎、稲富雄一郎、西村書店、東京、2016: 193-195.
  4. 舘野冬樹、榊原隆次. MRIで発症8時間後では分らなかった延髄梗塞. 脳卒中症候学.症例編: 診療の深みを理解する、編集: 田川晧一、橋本洋一郎、稲富雄一郎、西村書店、東京、2016: 226-227.
  5. 渡辺怜奈、舘野冬樹、榊原隆次. 卵巣癌によるTrousseau症候群の1例. 脳卒中症候学.症例編: 診療の深みを理解する、編集: 田川晧一、橋本洋一郎、稲富雄一郎、西村書店、東京、2016: 228-229.
  6. 榊原隆次、舘野冬樹、山本達也、内山智之.. 排尿障害を呈する症例、神経内科外来シリーズ 2 パーキンソン病外来: みんなのレビュー  荒木 信夫 (総編集), 山元 敏正 (担当編集), 高橋 一司 (担当編集)  メジカルビュー社、東京、 2016/02/20: 176-180.
  7. 榊原隆次、舘野冬樹、土井啓員、岸雅彦、露崎洋平、舘野広美、相羽陽介. 重度の便秘を有する症例、神経内科外来シリーズ 2 パーキンソン病外来: みんなのレビュー  荒木 信夫 (総編集), 山元 敏正 (担当編集), 高橋 一司 (担当編集)  メジカルビュー社、東京、 2016/02/20: 176-180.
2015年分の補遺5編
  • 榊原隆次 排泄障害 258-262 臨床神経内科学改訂第6版 南山堂 東京 2015.10
  • 榊原隆次 性機能障害 262-264 臨床神経内科学改訂第6版 南山堂 東京 2015.10
  • 榊原隆次 排尿機能検査 815-819 臨床神経内科学改訂第6版 南山堂 東京 2015.10
  • 榊原隆次、舘野冬樹、土井啓員、岸雅彦、露崎洋平、舘野広美、相羽陽介 重度の便秘を有する症例 172-175 神経内科外来シリーズ2 パーキンソン病外来 Medical Review社 東京 2015.10
  • 榊原隆次、舘野冬樹、山本達也、内山智之 排尿障害を呈する症例 176-180 神経内科外来シリーズ2 パーキンソン病外来 Medical Review社 東京 2015.10
脳卒中症候学 症例編
佐倉病院神経内科から、痙攣発症脳梗塞(相羽陽介)、脳卒中と排尿障害(榊原隆次)、中枢性尿崩症(舘野冬樹)、MRIで発症8時間後では分らなかった延髄梗塞(岸雅彦)、卵巣癌によるTrousseau症候群の1例(渡辺怜奈)の5編が掲載されました。

佐倉病院神経内科から、排尿障害を呈する症例重度の便秘を有する症例(榊原隆次)の2編が掲載されました。

総説21編

  1. 榊原隆次, 舘野冬樹, 矢野仁 【決定版!過活動膀胱-All about OAB】 発症メカニズム 過活動膀胱を発症する神経疾患(解説/特集) 臨床泌尿器科 (0385-2393)70巻1号 Page16-21(2016.01)
  2. 榊原隆次、舘野冬樹、鈴木啓悦、矢野仁、内山智之、山西友典. 泌尿器診療Q&A: パーキンソン病治療薬を併用しているLUTS患者に対する治療の進め方のポイントを教えて下さい。 LUTS Piazza, 2016; 5: 14.c
  3. 榊原 隆次, 山西友典. 【自律神経失調症の原因と診断・治療】 神経性頻尿(解説/特集) 医学と薬学 (0389-3898)73巻11号 Page1399-1404(2016.10)
  4. 榊原 隆次. 脳画像と膀胱 尿意の測定を含めて(総説) 自律神経 (0288-9250)53巻3号 Page237-241(2016.09)
  5. 内山智之, 山本達也, 加賀勘家, 山西友典, 榊原隆次, 桑原聡, 平田幸一 多系統萎縮症vsパーキンソン病 自律神経症候から見た鑑別法 下部尿路機能障害から見た多系統萎縮症とパーキンソン病の鑑別(解説) 自律神経 (0288-9250)53巻3号 Page222-226(2016.09)
  6. 榊原隆次 多系統萎縮症vsパーキンソン病 自律神経症候から見た鑑別法 消化管障害(解説) 自律神経 (0288-9250)53巻3号 Page218-221(2016.09)
  7. 榊原 隆次. 【薬剤誘発性認知症】 泌尿器病薬によって誘発される認知症・認知障害(解説/特集) 医薬ジャーナル (0287-4741)52巻11号 Page2505-2509(2016.11)
  8. 榊原隆次 認知症患者さんの排泄障害(解説) 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌 (1884-233X)20巻1号 Page8-15(2016.04)
  9. 舘野冬樹, 榊原隆次 【難病患者の排泄対策】 [第5部]進行性核上性麻痺における排尿障害の検討(解説/特集) 難病と在宅ケア (1880-9200)22巻6号 Page25-28(2016.09)
  10. 内山智之, 山本達也, 鈴木圭輔, 門脇太郎, 渡邉由佳, 宮本雅之, 加賀勘家, 山西友典, 榊原隆次,桑原聡, 平田幸一 【難病患者の排泄対策】 [第3部]パーキンソン病患者の排尿障害対策(解説/特集) 難病と在宅ケア (1880-9200)22巻6号 Page15-19(2016.09)
  11. 榊原 隆次 【認知症患者の排尿・排便障害】 特集にあたって(解説/特集) WOC Nursing 4巻5号 Page3(2016.05)
  12. 榊原 隆次 【認知症患者の排尿・排便障害】 認知症と排便障害(解説/特集) WOC Nursing 4巻5号 Page71-76(2016.05)
  13. 清藤友里絵, 榊原隆次 【認知症患者の排尿・排便障害】 脳卒中(大脳白質病変含め)と排尿障害(解説/特集) WOC Nursing 4巻5号 Page31-39(2016.05)
  14. 舘野 冬樹, 榊原 隆次  【認知症患者の排尿・排便障害】 レヴィー小体型認知症と排尿障害(解説/特集)  WOC Nursing 4巻5号 Page25-30(2016.05)
  15. 高橋修, 榊原隆次 【認知症患者の排尿・排便障害】 アルツハイマー病と排尿障害(解説/特集) WOC Nursing 4巻5号 Page21-24(2016.05)
  16. 榊原隆次 舘野冬樹, 露崎洋平, 岸雅彦, 相羽陽介, 舘野広美 【神経疾患と睡眠】 神経疾患におけるREM睡眠を中心とする夜間異常行動 排尿排泄とパーキンソン病の睡眠(解説/特集) 睡眠医療 (1882-2096)10巻2号 Page243-248(2016.07)
  17. 榊原隆次, 山本達也, 朝比奈正人 中枢性自律神経障害-最近の話題-】 正常圧水頭症の排尿障害(解説/特集) 神経内科 (0386-9709)84巻1号 Page31-35(2016.01)
  18. 内山智之, 榊原隆次, 桑原聡, 平田幸一 【中枢性自律神経障害-最近の話題-】 Parkinson病のlibidoの障害(解説/特集) 神経内科 (0386-9709)84巻1号 Page20-25(2016.01)
  19. 榊原隆次 特集. 脳卒中後遺症の克服 脳卒中と排尿障害、JSA (日本脳卒中協会) News 2016;48: 6-8. 2016.12.31発行 
  20. 榊原隆次 多系統萎縮症患者が罹患した肺炎に対してカンジダ菌を同定する検査を行わず、患者を死亡させたなどとして損害賠償を求めた事例。カンジダ性肺炎は罹患する可能性は低く、花子さんの肺炎は誤嚥性、薬の副作用によるものと考えられ、終末期は多系統萎縮症の経緯として問題ないものといえる。医療判例解説 2016; 63: 130-137.
  21. 榊原隆次 ビタミンB12が欠乏し、亜急性連合性脊髄変性症の症状が出現していたのに放置されたとして損害賠償を求めた事例。神経内科(他科)に紹介するタイミングというのは一般的に難しい問題であり、もう少し早く紹介があっても良かったかもしれないが、過失とまではいえないと考える。医療判例解説 2016; 64: 30-40.

(総説より。文献No.20)


判例解説の最後はこう結ばれています: 「・・・多系統萎縮症(MSA-P)などの場合は、喉がゴロゴロしたり微熱が出たりし、徐々に食が細くなっていく病気であり、延命のためには気管切開が必要になるということあるがどうするか、あるいは、パーキンソン症候群の終末期などでは、胃瘻造設するかどうかを何れかの段階で必ず話し合います。急変時になってからでは、処置までの期間や考える猶予もないため、各患者さんの病気の勢いや経過から、ある程度、しっかりされているうちに説明した方が、患者さん本人が一番希望する形を探れるものと思います。まだ、食事ができるときに食べられなくなることを話すのは辛いといえますが、早め早めに説明し納得してもらうのが良いといえるでしょう。その上で気管切開などを希望されるのであれば、病院としてきちんと対応をしていきます。」

シンポジウム/特別講演/ランチョンセミナー/パネルディスカッション等37編(うち英文7編)

  1. Apostolos Apostolidis, Marcus John Drake, Alan J Wein, Altaf Mangera, Anton Emmanuel, Helmut Madersbacher, Jalesh N. Panicker, Jean Jacques Wyndaele, Jerzy B Gajewski, John PFA Heesakkers, Piotr Radziszewski, Ryuji Sakakibara, Thomas M. Kessler, Rizwan Hamid. ICI: Neurologic Urinary and Faecal Incontinence – Chair: Apostolos Apostolidis. International Continence Society Meeting, Tokyo, Japan, 2016.9.13
  2. Sakakibara R:(invited lecture) International Continence Society Round Table. A multidisciplinary approach to patients with LUTS and Parkinson’s disease. Medical Management of LUTD in PD: a new ICS PD guideline with advertisement of ICS: 104th The Japanese Urological Association (Invited lecture), Sendai, Japan, 2016.4.24
  3. Sakakibara R. (state of the art lecture) Brain and Bladder, 11th Pan-Pacific Continence Society Meeting, Beijing, China, 2016.10.9
  4. Sakakibara R. (invited lecture) Dementia, Parkinson’s disease and anticholinergic burden, Queen Square Uroneurology Course, International Continence Society, London, UK, 2016.10.21
  5. Sakakibara R. (invited lecture) Usefulness of MIBG cardiac scan, also chairman of the session: Neuroimaging modalities in Movement Disorders, 1st International Congress of Parkinson’s Disease, Korean Movement Disorder Society, Jeju, Korea, 2016.10.28
  6. Sakakibara R. “Salami” and other problems in medical publishing. W17 ICS Core Curriculum Ethical Issues in Professional and Research Practice: An Intermediate Level Workshop. Chair: Davis NS, International Continence Society Meeting, Tokyo, Japan, 2016.9.13
  7. Sakakibara R. (invited lecture) Defecatory dysfunction in Parkinson’s disease. Chair: Schizas MP, Difficult defecation and constipation, International Continence Society Meeting, Tokyo, Japan, 2016.9.13
  1. 榊原隆次 : パーキンソン病における消化管障害としての便秘と治療. Amitiza Capsule 24 microg 発売記念3周年記念講演会~患者満足度を高める便秘治療 (講演)、幕張, 2016.2.
  2. 榊原隆次 : パーキンソン病について. 大塚製薬学術講演会: 神経疾患勉強会 (特別講演)、品川, 2016.2.9
  3. 榊原隆次 : 認知症と連携. 千葉県認知症地域医療支援事業(普及啓発事業) 富里市多職種による認知障害研修会 (特別講演)、富里市, 2016.3.3
  4. 榊原隆次 : 脳疾患と神経因性膀胱. 氷見市医師会学術講演会 (特別講演)、氷見市, 2016.3.16
  5. 榊原隆次 中枢と排尿・性機能障害 パーキンソン病を中心に. 第26回日本性機能学会東部総会特別講演. (会議録) 日本性機能学会雑誌 (1345-8361)31巻1号 Page31(2016.06)
  6. 榊原隆次 : パーキンソン病における排尿排便機能の障害. Akita PD Conference (特別講演)、秋田, 2016.4.19
  7. 榊原隆次 : 高齢者の慢性便秘症管理. 高齢者・神経難病患者における慢性便秘症管理セミナー (特別講演)、札幌, 2016.6.7
  8. 榊原隆次 : 認知症と排泄障害. OKINAWA夜間頻尿セミナー (特別講演)、沖縄, 2016.6.4
  9. 榊原隆次 : 高齢者の慢性便秘症管理. 高齢者・神経難病患者における慢性便秘症管理セミナー (特別講演)、札幌, 2016.6.7
  10. 榊原隆次 : 認知症疾患医療センターの現状と認知症の最新の話題について. 武田薬品学術講演会 (特別講演)、千葉, 2016.6.15
  11. 榊原隆次 : パーキンソン病の診断と治療. 協和発酵キリン学術講演会 (特別講演)、佐倉, 2016.6.29
  12. 榊原隆次 : 排尿の中枢制御. 第10回下部尿路機能先端教育セミナー (教育講演)、東京, 2016.7.10
  13. 榊原隆次 : 認知症の最新知識と連携. 千葉県認知症疾患医療センター医療連携セミナー (特別講演)、佐倉, 2016.7.13
  14. 榊原隆次 : パーキンソン病における排尿排便機能の障害. 葛飾排尿障害クロストーク (特別講演)、葛飾, 2016.7.19
  15. 榊原隆次 : 認知症と排尿障害. 大塚製薬学術講演会 (特別講演)、佐倉, 2016.7.19
  16. 榊原隆次 : 認知症と排泄ケア. 認知症排泄支援の会設立1周年記念講演会 (特別講演)、京都, 2016.7.30
  17. 榊原隆次 : 認知症疾患医療センターの役割と機能. 佐倉市認知症連携情報交換会とFAB研修会、佐倉市、2016.8.10
  18. 榊原隆次 : 認知症と過活動膀胱. 夷隅高齢者疾患勉強会 (特別講演)、夷隅市, 2016.9.20
  19. 榊原隆次 : 認知症と排尿障害. Asahi Dementia Forum (特別講演)、旭市, 2016.9.21
  20. 内山智之、榊原隆次、平田幸一 シンポジウム 磁気刺激検査を用いた下部尿路支配神経系の評価 第69回日本自律神経学会、熊本、2016.11.10
  21. 榊原隆次 シンポジウム「日内リズムによる問題症状とその対応」夜間頻尿~パーキンソン病を中心に 第34回日本自律神経学会、米子市、2016.11.5
  22. 榊原隆次 : パーキンソン病の自律神経障害. パーキンソン病フォーラムin仙南 (特別講演)、仙台, 2016.11.17
  23. 榊原隆次 : 認知症の診断と治療~認知症にみられる膀胱直腸障害の症状・病態・対処法. 全国精神科病院協会 平成28年度認知症に対する研修会 (特別講演)、東京, 2016.11.24
  24. 榊原隆次 : 中枢疾患とLUTS~認知症を含めて. 第27回札幌排尿障害研究会 (特別講演)、札幌, 2016.11.25
  25. 榊原隆次 : (教育セミナー) 神経疾患と下部尿路機能障害CNS & Bladder. 第23回日本排尿機能学会、東京, 2016.12.7
  26. 榊原隆次 : (シンポジウム座長) 下部尿路機能と高次脳機能、introduction. 第23回日本排尿機能学会、東京, 2016.12.7
  27. 内山智之、榊原隆次 : (シンポジウム) 下部尿路機能と高次脳機能、認知症と下部尿路機能障害. 第23回日本排尿機能学会、東京, 2016.12.7
  28. 治田博之、榊原隆次 : (シンポジウム) 下部尿路機能と高次脳機能、指定発言: 高齢者の過活動膀胱と高次脳機能との関連~神経心理学的検査の結果から. 第23回日本排尿機能学会、東京, 2016.12.7
  29. 舘野冬樹、榊原隆次 : (シンポジウム) 下部尿路機能と高次脳機能、過活動膀胱治療薬と認知機能障害. 第23回日本排尿機能学会、東京, 2016.12.7
  30. 榊原隆次 : 認知症と連携・診断・治療. Reminir Webセミナー (特別講演)、千葉, 2016.12.13

(国際学会講演より。引用No.4、ロンドン)

Sakakibara R. (invited lecture) Dementia, Parkinson’s disease and anticholinergic burden, Queen Square Uroneurology Course, International Continence Society, London, UK, 2016.10.21
左. 会場の様子
右. Slevenia大学のDavid Vodusek教授, Queen Square (London)のJalesh Panicker先生

(国際学会講演より。引用No.6、東京)

Queen Square (London)のSpexcialized nurse ColletとGwen、プレゼントの番傘を手に
Queen Square (London)のSpexcialized nurse ColletとGwen、プレゼントの番傘を手に。ICS(International Continence Society 国際禁制学会)の編集委員会、神経因性膀胱促進委員会(終了、パーキンソン病の排尿障害ガイドラインを発刊)、用語統一委員会(神経因性膀胱グループ)、倫理委員会で発表等を行った。

一般講演46編(うち英文7編)

  1. Nakatsuka T, Kudo H, Kasuya S, Odashima M, Inaoka T, Sakakibara R, Terada H. 123I-FP-CIT SPECT is superior to 123I-MIBG scintigraphy and neuromelaninMR imaging to assess the severity of Lewy body disease. American Society of Neuroradiology (ASNR) Meeting, Washington DC, 2016. 5.21-26.
  2. Tateno F, Sakakaibara R. The relationship between LUTS and DAT scan in Parkinson’s disease. International Continence Society Meeting, Tokyo, Japan, 2016.9.13
  3. Uchiyama T, Sakakibara R. STN-DBS can improve constipation and other bowel dysfunction in Parkinson’s disease. International Continence Society Meeting, Tokyo, Japan, 2016.9.13
  4. Sakakaibara R, Doi H. Levodopa does not worsen gastroparesis and slow transit constipation in Parkinson’s disease. International Continence Society Meeting, Tokyo, Japan, 2016.9.13
  5. Sakakaibara R, Doi H. Nizatidine ameliorates gastroparesis and slow transit constipation in Parkinson’s disease. International Continence Society Meeting, Tokyo, Japan, 2016.9.13
  6. Shibata C, Uchiyama T, Sakakibara R. The change of bladder shape during filling phase-DO bladder during filling becomes vertical-like voiding bladder. International Continence Society Meeting, Tokyo, Japan, 2016.9.13
  7. Sakakibara R. MIBG myocardial scintigraphy identifies premotor PD during a negative DAT scan period. The Lancet Neurology Conference, London, UK, 2016.10.20
  1. 舘野広美、榊原隆次 Amantadineはパーキンソン病および血管性パーキンソニズム患者の下部尿路機能障害および夜間多尿において有効である 東関東ニューロロジー研究会2016, 東京、2016.1.30
  2. 露崎洋平、榊原隆次 色彩障害による奥行知覚障害を呈した左後頭葉梗塞の1例 東関東ニューロロジー研究会2016, 東京、2016.1.30
  3. 相羽陽介、榊原隆次 NIIDの1例、第8回佐倉神経精神セミナー、佐倉、2016.1.29
  4. 舘野 広美, 榊原 隆次, 岸 雅彦, 露崎 洋平, 舘野 冬樹, 相羽 陽介 右舞踏病様運動で発症した左線条体梗塞の一例 第216回日本神経学会関東地方会, 東京, 2016.3.5 (会議録/症例報告) 臨床神経学 (0009-918X)56巻7号 Page508(2016.07)
  5. 舘野冬樹、榊原隆次. パーキンソン病におけるDAT scanと排尿障害の関連. 第16回千葉パーキンソン病研究会、千葉、2016.4.14
  6. 相羽陽介、榊原隆次. イレウスをきたしたパーキンソン病患者の1例. 第2回若手医師のためのPD Clinical Conference in Chiba: 日常診療で苦慮するパーキンソン病への対処について. 千葉、2016.4.28
  7. 露崎洋平、榊原隆次、相羽陽介. クモ膜下出血と脳梗塞を同時にきたした前大脳動脈解離の1例 日本脳卒中学会/STROKE2016, 札幌、2016.4.14
  8. 榊原 隆次, 舘野冬樹, 岸雅彦, 露崎洋平, 舘野広美, 鈴木康夫, 尾形剛 DATスキャン陰性期にMIBG心筋シンチが陽性であった'前運動期パーキンソン病 第113回日本内科学会総会、東京、2016.4.15 (会議録) 日本内科学会雑誌 (0021-5384)105巻Suppl. Page185(2016.02)
  9. 舘野冬樹, 榊原隆次, 尾形剛, 舘野広美, 露崎洋平, 岸雅彦 脊髄小脳変性症における高次機能障害の検討 第113回日本内科学会総会、東京、2016.4.15 (会議録) 日本内科学会雑誌 (0021-5384)105巻Suppl. Page183(2016.02)
  10. 李芳菁、 榊原 隆次、相羽 陽介、舘野 冬樹、岸 雅彦、露崎 洋平、舘野 広美、  矢野 仁、鈴木 啓悦、中村春香、杉山恵、高橋修  神経核内封入体病でウロダイナミクスを施行した一例  第12回関東ウロダイナミクス研究会 東京 2016.7.2
  11. 岸雅彦, 中村 春香, 高橋 修, 森 秀一, 重本 和宏, 榊原 隆次, 露崎 洋平, 舘野 冬樹, 相羽 陽介, 舘野 広美 骨格筋神経筋接合部におけるpaired pulse facilitation(会議録) 臨床神経生理学 (1345-7101)44巻5号 Page400(2016.10)
  12. 榊原隆次、土井啓員、舘野冬樹、露崎洋平、岸雅彦、舘野広美、相羽陽介、矢野仁、内山智之、山西友典、高橋修、杉山恵、中村春香:未治療レヴィー小体型認知症とパーキンソン病患者の上部・下部消化管運動障害. 第29回日本老年泌尿器科学会学術集会, 福岡、2016.5.13-14
  13. 舘野冬樹、榊原隆次、中村春香、高橋修、矢野仁、露崎洋平、相羽陽介、舘野広美、岸雅彦、尾形剛:パーキンソン病におけるDAT scanと排尿障害の関係. 第29回日本老年泌尿器科学会学術集会, 福岡、2016.5.13-14
  14. Sakakibara R. MIBG myocardial scintigraphy identified premotor PD during negative a negative DATscan period. 第57回日本神経学会、神戸、2016.5.18
  15. Kishi M, Sakakibara R. paired pulse facilitation (PPF) in skeletal muscle neuromuscular junctions. 第57回日本神経学会、神戸、2016.5.18
  16. 舘野冬樹、榊原隆次. パーキンソン病におけるDAT scanと排尿障害の関連. 第57回日本神経学会、神戸、2016.5.18
  17. 露崎洋平、榊原隆次. パーキンソン病におけるDAT scan imagingの検討. 第57回日本神経学会、神戸、2016.5.18
  18. 舘野広美、榊原隆次. 一過性全健忘患者におけるMRI DWI海馬高信号、髄液酸化stress marker BAPの検討. 第57回日本神経学会、神戸、2016.5.18
  19. 相羽陽介, 榊原 隆次, 岸 雅彦, 露崎 洋平, 舘野 冬樹, 舘野 広美 深部感覚性運動失調による歩行障害にて発症した神経核内封入体病の一例 第217回日本神経学会関東・甲信越地方会、東京、2016.6.4 (会議録) 臨床神経学 (0009-918X)56巻9号 Page649(2016.09)
  20. 舘野冬樹、榊原隆次 パーキンソン病患者の排尿障害とDAT scanの関連. 第9回佐倉神経精神発達遅滞セミナー、佐倉、2016.7.22
  21. 榊原隆次 未治療レヴィー小体型認知症とパーキンソン病患者の上部・下部消化管運動障害 第18回日本神経消化器病学会、札幌、2016.9.10
  22. 相羽陽介、榊原隆次 周術期脳梗塞と抗凝固薬 第9回佐倉病院学術集会、佐倉、2016.9.24
  23. 寺山圭一郎、榊原隆次 脊髄小脳変性症における歩行障害の特徴~携帯型歩行分析計を用いての検討 第34回日本神経治療学会、米子市、2016.11.5
  24. 岸雅彦、榊原 隆次 Rituximabが唯一著効し効果が長期継続した難治性MuSK抗体陽性重症筋無力症の1例 第34回日本神経治療学会、米子市、2016.11.5
  25. 内山 智之, 榊原隆次,平田 幸一 重症筋無力症の過活動膀胱に対するmilabeglonの効果に関する探索的検討 第34回日本神経治療学会、米子市、2016.11.5
  26. 榊原隆次 転倒と高齢者脊髄損傷~神経内科の立場から 高齢者の転倒と脊髄外傷(加齢と脊損) 座長兼任、第51回日本脊髄障害医学会、幕張、2016.11.11
  27. 内山智之、榊原隆次、平田幸一 仙髄神経磁気刺激による膀胱支配神経遠心路の評価を用いた多系統萎縮症とパーキンソン病の鑑別 第69回日本自律神経学会、熊本、2016.11.10
  28. 舘野冬樹、相羽陽介、舘野広美、露崎洋平、岸雅彦、榊原隆次 パーキンソン病における線条体変性と排尿障害の関連についての検討、第9回東邦医学会佐倉内科分科会, 佐倉, 2016.11.30
  29. 丸山祐樹、舘野冬樹、相羽陽介、舘野広美、露崎洋平、岸雅彦、榊原隆次 先行感染後に生じたGQ1b抗体陽性ミラーフィッシャー症候群の1例、第9回東邦医学会佐倉内科分科会, 佐倉, 2016.11.30
  30. 高橋 修 榊原 隆次, 中村 春香, 杉山 恵, 金 徳男, 佐々木 健, 田端 強志, 高橋 憲子, 東丸 貴信 糖尿病患者の残尿 起立性低血圧、四肢神経伝導検査との対比(会議録) 東邦医学会雑誌 (0040-8670)63巻2号 Page140(2016.06
  31. 舘野冬樹、榊原隆次 : パーキンソン病におけるDAT scanと排尿障害の関連. 第23回日本排尿機能学会、東京, 2016.12.7
  32. 高橋修、榊原隆次 :  前立腺肥大症患者とパーキンソン病患者の排尿筋過活動(膀胱感覚)に違いがあるか?. 第23回日本排尿機能学会、東京, 2016.12.7
  33. 高橋修、榊原隆次 :  特発性痙性対麻痺のウロダイナミクス. 第23回日本排尿機能学会、東京, 2016.12.7
  34. 矢野仁、榊原隆次 :  排尿障害を有する中枢神経疾患における認知機能の検討. 第23回日本排尿機能学会、東京, 2016.12.7
  35. 内山智之、山西友典、榊原隆次、平田幸一 :  神経因性の過活動膀胱に対するミラベグロンの後下小脳動脈に対する探索的検討. 第23回日本排尿機能学会、東京, 2016.12.7
  36. 榊原隆次 :  未治療レヴィー小体型認知症とパーキンソン病患者の上部・下部消化管運動障害. 第23回日本排尿機能学会、東京, 2016.12.7
  37. 李芳菁、榊原隆次、相羽陽介、舘野冬樹、岸雅彦、露崎洋平、舘野広美、矢野仁、鈴木啓悦、中村春香、杉山恵、高橋修. 神経核内封入体病でウロダイナミクスを施行した一例  第23回日本排尿機能学会、東京, 2016.12.7
  38. 舘野冬樹、榊原隆次 : パーキンソン病と便秘: lubiprostoneを含めて. 印旛市郡医学セミナー 、佐倉, 2016.12.14
  39. 高橋修、 榊原隆次、李芳菁、舘野 冬樹  前立腺肥大症患者とパーキンソン病患者の排尿筋過活動(膀胱感覚)に違いがあるか?   第13回関東ウロダイナミクス研究会 東京 2016.12.17