伝統の技術と最先端の医療、明日に向かって、前へ。
特設サイト
東邦大学医療センター佐倉病院眼科 関連リンク
English
東邦大学 教育・研究業績データベース【眼科学】

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
佐倉病院眼科

〒285-8741
千葉県佐倉市下志津564-1
TEL:043-462-8811(代表)

飛蚊症

飛蚊症とは何か

白い壁、青い空、白い紙を見つめた時、目の前に黒い点のようなもの、髪の毛のようなもの、または水玉のようなものが動いているのに気付くことがある。明るいものをバックにした時のみ見え、それ以外の時はわからない。それは視線を動かすと一緒についてくる。目に何かついているのかと思って目をこすってみても取れないし、眼鏡の汚れかと思ってよくふいても消えない。これを医学的に飛蚊症という。

飛蚊症はなぜおこるのか

目の中央は硝子体といって、どろどろした粘性の透明な液体がつまっている。この中に混濁ができると明るいものを見た時、その混濁の影が目の底の網膜(カメラのフイルムのようなもの)にうつり飛蚊症として感じるのである。その硝子体混濁は老化などの硝子体の変性、出血、炎症などが原因でおこる。

飛蚊症をおこす病気の種類

硝子体剥離

飛蚊症の原因として最も多いものである。硝子体とその奥との網膜は普通はびったりとくっついている。それがはずれると接着部分が硝子体混濁となり、その影が飛蚊症となる。本来この接着部分はひとつの輪であるが、やがてその輪がくずれて幾つにもわかれる。従って飛蚊症も最初は1つの大きな黒い輪のようなものが見えるが、やがて小さな幾つもの黒点に数がふえ、位置がかわって、しまいには気付かなくなることが多い。この硝子体剥離の原因は、老化現象としても起こり、強度近視の場合は必ず起こるものであり、目を打撲した時にも起こる。治療の方法はないが進行するものでもないので放置しておいてもよい。

強度近視

強度近視は色々の目の病気が起こる(併発症という)。この中のひとつに先の硝子体剥離があり、また網膜が萎縮変性して硝子体混濁が起こる。ともに飛蚊症として感じる。これ自身の治療法はなく、放置しておけばよいが網膜の萎縮変性から硝子体混濁以外に網膜に穴があいている(裂孔という)場合がある。この網膜裂孔は網膜剥離という病気(至急に手術を必要とする)のである。つまり強度近視の場合の飛蚊症は、網膜剥離の前兆のこともあるので、できるだけ早く専門医の診察を受けることが望ましい。

硝子体出血

目の中に出血して血液が硝子体の中に入ると飛蚊症として感じる。糖尿病、高血圧のように出血し易い病気がある時に起こるが、目を打撲した時にも起こる。この時の飛蚊症は突然起こり、進行はしない。出血が大量であると視力も落ちる。安静とともに糖尿病、高血圧などの元の病気の治療が必要である。硝子体は血管がなく、血のめぐり(循環)が悪い所なので、硝子体出血もなかなか吸収しないが、出血が再発しない限り時間がかかっても良くなる。

炎症

目に炎症(この場合はブドウ膜炎が原因)があるため硝子体混濁が起こることがある。この時の飛蚊症は軽いものから始まり、だんだんひどくなり、やがては物を見るのにも支障が起ってくる。炎症をおさめる治療が必要である。

生理的飛蚊症

病気ではなく飛蚊症を感じる場合があり、これを生理的飛蚊症という。胎生期(母体の中に居る時間)に消失すべき硝子体の中の組織がそのまま残って飛蚊症として感じるものである。この場合は程度も非常に軽く、進行はせず、病気ではないので放置しておいてよい。他にピカピカ光るものが見える光視症というものがある。これは飛蚊症とは違う病気で、頭の血管の痙写(脳貧血に似たもの)が原因のこともあり、網膜剥離のような目の病気が原因のこともある。
以上飛蚊症は硝子体剥離のように無害のものであることが多いが、網膜剥離、糖尿病のような重症の病気のこともあるので、是非一度くわしく専門医の診察を受ける必要がある。