Quality of Life (QOL)の向上を目指して
外来受付け変更のお知らせ
後期研修・入局向けのWEBサイト
東邦大学医療センター佐倉病院整形外科 関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
佐倉病院 整形外科

〒285-8741
千葉県佐倉市下志津564-1
TEL:043-462-8811(代表)

学会

国内(一般演題)

口演

 1.青木保親, 中川晃一, 中島 新, 柴田孝史, 園部正人, 大鳥精司,
   古府照男, 高橋和久.
   腰椎後方除圧術後による腰痛の改善に関する検討:どのような腰痛が
   手術により改善しやすいか?
   第41回日本脊椎脊髄病学会,福岡県久留米,2012.4.20

 2.園部正人, 窪田綾子, 土谷一晃, 中川晃一, 青木保親, 中島 新,
   柴田孝史, 佐々木裕, 古府照男, 勝呂 徹, 高橋 寛.
   エタネルセプトの治療効果 荷重関節と非荷重関節との比較.
   第56回日本リウマチ学会総会,東京,2012.4.26-28

 3.谷口慎治, 中島 新.
   TKA後関節腫脹をきたし診断に難渋した高齢発症RAの1例.
   第41回リウマチの外科研究会,東京,2012.8.25

 4.中島 新, 青木保親, 園部正人, 柴田孝史, 高橋 宏, 谷口慎治,
   古府照男, 後藤憲一郎, 田原正道, 山中 一, 中川晃一.
   関節リウマチ滑膜組織におけるIL-17, IFN-γ, TNF-αの発現とTNF阻害
   薬の効果.
   第27回日本整形外科学会基礎学術集会,名古屋,2012.10.24-26

 5.中島 新, 青木保親, 園部正人, 柴田孝史, 高橋 宏, 谷口慎治, 古府照男,
   中川晃一.
   関節リウマチの新たな炎症マーカーとしての血中酸化ストレスの意義.
   第40回日本関節病学会,鹿児島,2012.11.8-9

 6.小川明宏, 榊原隆次, 寺山圭一郎, 秋葉 崇, 治田寛之, 岸 雅彦,
   舘野冬樹, 中川晃一.
   パーキンソン病患者に対するゾニサミドの効果 ~歩行解析による
   検討~.
   第39回日本臨床バイオメカニクス学会,千葉,2012.11.9-10

 7.寺山圭一郎, 小川明宏, 秋葉 崇, 中島 新, 中川晃一.
   人工膝関節全置換術前後のバランス能力について -重心動揺による
   検討-.
   第39回日本臨床バイオメカニクス学会,千葉,2012.11.9-10

 8.杉浦史郎, 西川 悟, 豊岡 毅, 中村恵太, 大槻和美, 志賀哲夫,
   大山隆人, 青木保親.
   慢性腰痛患者における長期理学療法後のVASの軽減に影響を及ぼす
   因子について〜JOABPEQの初期評価は理学療法の効果予測に有用
   か?〜
   第20回日本腰痛学会,神戸,2012.11.3

 9.志賀哲夫, 西川 悟, 杉浦史郎, 豊岡 毅, 中村恵太, 大槻和美,
   高田裕佳, 青木保親.
   成長期腰椎分離症患者と非特異性腰痛患者の身体特性の比較~下肢の
   柔軟性に着目して~
   第20回日本腰痛学会,神戸,2012.11.3

10.豊岡 毅, 西川 悟, 杉浦史郎, 大槻和美, 中村恵太, 志賀哲夫,
   高田裕佳, 青木保親.
   腰痛評価におけるJOABPEQ付属のVASと3種の状況別VASの比較
   検討.
   第20回日本腰痛学会,神戸,2012.11.3

11,大槻和美, 西川 悟, 杉浦史郎, 豊岡 毅, 中村恵太, 志賀哲夫,
   大山隆人, 青木保親.
   慢性腰痛に対する理学療法の効果出現時期は年齢により異なるか?
   ~VASの変動を用いた検討~.
   第20回日本腰痛学会,神戸,2012.11.3

12.高橋 宏, 青木保親, 中島 新, 園部正人, 柴田孝史, 谷口慎治,
   古府照男, 中川晃一.
   当院における腰部脊柱管狭窄症に対する片側進入両側除圧術の治療
   成績:左右別のVASに着目して.
   千葉県医学会整形外科例会,千葉,2012.12.

13.谷口慎治, 青木保親, 中島 新, 園部正人, 柴田孝史, 高橋 宏,
   古府照男, 中川晃一.
   恒久性膝蓋骨脱臼に対し外科的治療を施行した1例.
   第42回千葉スポーツ医学研究会,千葉,2013.1.12

14.小川明宏, 寺山圭一郎, 秋葉 崇, 平野圭一, 清水一寛, 中神隆洋,
   清川 甫, 山口由佳, 渡邊麻未, 宮亜里紗, 平井久美子, 徳弘圭一,
   中川晃一.
   冠動脈バイパス術後患者の性差による影響~歩行自立日数への関連
   因子の検討~.
   第18回千葉県理学療法士学術大会,千葉,2013.2.3

15.青木保親, 高橋 宏, 中島 新, 柴田孝史, 園部正人, 谷口慎治,
   古府照男, 中川晃一.
   腰椎椎体骨折後椎間孔狭窄に対する手術治療の工夫.
   第20回ちば脊椎カンファレンス,千葉,2013.2.9

16.中島 新, 園部正人, 柴田孝史, 青木保親, 高橋 宏, 谷口慎治,
   古府照男, 中川晃一.
   FINE人工膝関節における術中ギャップ、屈曲バランスと術後1年の屈曲
   角度の関連.
   第43回日本人工関節学会,京都,2013.2.22

17.高橋 宏, 山崎正志, 大河昭彦, 藤由崇之, 古矢丈雄, 佐久間毅,
   加藤 啓, 須田浩太, 楫野知道, 上田明希, 伊藤康夫, 植田尊善,
   國府田正雄, 高橋和久.
   急性脊髄損傷に対するG-CSF神経保護療法の医師主導型自主臨床試験
   -多施設前向比較対照臨床試験.
   第41回日本脊椎脊髄病学会,久留米,2012.4.

18.佐久間毅, 山崎正志, 國府田正雄, 加藤 啓, 高橋 宏, 古矢丈雄,
   大河昭彦, 相澤俊峰,小野 睦, 今釜史郎, 金村徳相, 高橋和久.
   重度脊髄障害を呈する胸椎脊柱靭帯骨化症に対するG-CSF神経保護
   療法の開発.
   第41回日本脊椎脊髄病学会,久留米,2012.4.

19.古矢丈雄, 山崎正志, 藤由崇之, 大河昭彦, 奥平 毅, 山根宏敏,
   久芳昭一, 津田圭一, 佐久間毅, 高橋 宏, 加藤 啓, 神谷光史郎,
   稲田大悟, 牧 聡, 高橋和久, 小西宏昭.
   K-line(-)型頚椎後縦靱帯骨化症に対する脊柱管拡大術と後方除圧固定
   術の比較.
   第41回日本脊椎脊髄病学会,久留米,2012.4.

20.山崎正志, 大河昭彦, 古矢丈雄, 佐久間毅, 高橋 宏, 加藤 啓,
   神谷光史郎, 稲田大悟, 牧 聡, 藤由崇之, 萬納寺誓人, 國府田正雄,
   望月 真, 高橋和久.
   胸椎後縦靱帯骨化症に対する後方除圧固定術の中長期成績.
   第41回日本脊椎脊髄病学会,久留米,2012.4.

21.大河昭彦, 山崎正志, 古矢丈雄, 佐久間毅, 高橋 宏, 加藤 啓,
   新籾正明, 高橋和久.
   脊髄髄内非腫瘍性病変の自然経過.
   第41回日本脊椎脊髄病学会,久留米,2012.4.

22.山崎正志, 大河昭彦, 古矢丈雄, 佐久間毅, 高橋 宏, 加藤 啓,
   神谷光史郎, 稲田大悟, 牧 聡, 藤由崇之, 萬納寺誓人, 國府田正雄,
   高橋和久.
   上位頚椎インストゥルメンテーション手術における3次元実態模型の作成と
   有用性.
   第41回日本脊椎脊髄病学会,久留米,2012.4.

23.古矢丈雄, 大河昭彦, 池田 修, 常泉吉一, 山内かず代, 山内友規,
   佐久間毅, 高橋 宏, 加藤 啓, 神谷光史郎, 稲田大悟, 牧 聡,
   大井利夫, 高橋和久, 山崎正志.
   胸腰椎部硬膜外くも膜嚢腫に対する交通孔閉鎖術.
   第41回日本脊椎脊髄病学会,久留米,2012.4.

24.加藤 啓, 山崎正志, 佐久間毅, 高橋 宏, 古矢丈雄, 神谷光史郎,
   稲田大悟, 橋本将行, 國府田正雄, 高橋和久. 
   脊髄障害性疼痛に対するG-CSF神経保護療法の治療効果‐医師主導
   型自主臨床試験の成績から‐.
   第41回日本脊椎脊髄病学会,久留米,2012.4.

25.加藤 啓, 國府田正雄, 山崎正志, 佐久間毅, 高橋 宏, 古矢丈雄,
   萬納寺誓人, 橋本将行, 大河昭彦, 高橋和久.
   脊髄損傷後神経因性疼痛に対する顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)
   の効果.
   第41回日本脊椎脊髄病学会,久留米,2012.4.

26.古矢丈雄, 山崎正志, 大河昭彦, 佐久間毅, 高橋 宏, 加藤 啓,
   神谷光史郎, 稲田大悟, 牧 聡, 高橋和久. 
   ハローベスト固定の合併症‐アテトーゼ型脳性麻痺に伴う頚髄症における
   検討‐.
   第41回日本脊椎脊髄病学会,久留米,2012.4.

27.古矢丈雄, 山崎正志, 大河昭彦, 佐久間毅, 高橋 宏, 加藤 啓,
   神谷光史郎, 稲田大悟, 牧 聡, 高橋和久.
   アテトーゼ型脳性麻痺に伴う頚髄症に対する後方除圧固定術の治療成績
   ‐ボツリヌ毒素併用による術後外固定の簡略化‐.
   第41回日本脊椎脊髄病学会,久留米,2012.4.

28.高橋 宏, 山崎正志, 大河昭彦, 古矢丈雄, 佐久間毅, 加藤 啓, 高橋和久.
   若年発症で旺盛な骨化進展と急激な脊髄症増悪を呈する脊柱靭帯骨
   化症例の検討.
   第85回日本整形外科学会学術総会,京都,2012.5.

29.高橋 宏, 山崎正志, 大河昭彦, 古矢丈雄, 加藤 啓, 國府田正雄.
   急性脊髄損傷に対するG-CSF神経保護療法の長期経過の検討
   ~多施設前向き比較対照臨床試験から~.
   第47回日本脊髄障害医学会,静岡,2012.10.

30.高橋 宏, 山崎正志, 大河昭彦, 古矢丈雄, 藤由崇之, 佐久間毅, 加藤 啓,
   稲田大悟, 神谷光史郎, 伊藤康夫, 國府田正雄, 高橋和久.
   急性脊髄損傷に対するG-CSF神経保護療法の医師主導型自主臨床
   試験:メチルプレドニゾロン大量投与療法との比較.
   第27回日本整形外科学会基礎学術集会,名古屋,2012.10.

31.高橋 宏, 山崎正志, 大河昭彦, 古矢丈雄, 佐久間毅, 加藤 啓, 稲田大悟,
   神谷光史郎, 須田浩太, 伊藤康夫, 植田尊善, 國府田正雄, 高橋和久.
   急性脊髄損傷に対するG-CSF神経保護療法の多施設前向き比較対照
   臨床試験~投与後1年経過例の解析~.
   第27回日本整形外科学会基礎学術集会,名古屋,2012.10.

海外(一般演題)

口演

 1.Akagi R, Sasho T, Saito M, Ikegawa N, Mukoyama S,
   Muramatsu Y, Yamaguchi S, Nakagawa K, Takahashi K.
   Effective Knock Down of MMP13 by Intra-articular Injection of
   Small Interfering RNA (siRNA) in Murine Surgically Induced
   Osteoarthritis Model.
   2012 World Congress on Osteoarthritis (OARSI)
   Barcelona, Spain, 2012.4

 2.Takahashi H, Yamazaki M, Okawa A, Sakuma T, Kato K,
   Kamiya K, Koda M, Takahashi K.
   Neuroprotective therapy using granulocyte colony-stimulating
   factor for acute spinal cord injury: a phase IIb prospective
   controlled clinical trial.
   51st annual scientific meeting of the international spinal
   cord society.
   London UK, 2012. 9.(Award Eligible Paper)

 3.Kato K, Koda M, Yamazaki M, Okawa A, Mannoji T, Furuya T,
   Takahashi H, Sakuma T, Takahashi K.
   Effects of granulocyte colony-stimulating factor (G-CSF) on
   central neuropathic pain after spinal cord injury.
   51st annual scientific meeting of the international spinal
   cord society.
   London UK, 2012. 9.

ポスター

国内

 1.中島 新, 青木保親, 園部正人, 柴田孝史, 谷口慎治, 後藤憲一郎,
   中山 一, 小林達也, 中川晃一.
   関節リウマチ滑膜組織におけるIL-17, INF-γ, TNF-αの発現とTNF
   阻害剤の効果.
   第56回日本リウマチ学会総会,東京,2012.4.26-28

 2.中島 新, 青木保親, 園部正人, 柴田孝史, 谷口慎治, 中川晃一.
   関節リウマチ患者における酸化ストレスと臨床所見および疾患活動性との
   関連.
   第56回日本リウマチ学会総会,東京,2012.4.26-28

 3.谷口慎治, 中島 新, 青木保親, 園部正人, 柴田孝史, 古府照男,
   中川晃一.
   Synovial rupture による偽血栓性静脈炎症候群と診断された2例.
   第56回日本リウマチ学会総会,東京,2012.4.26-28

 4.中島 新, 青木保親, 園部正人, 柴田孝史, 中川晃一.
   変形性膝関節症に対する鏡視下手術が軟骨代謝に与える効果-関節
   液中グリコサミノグリカン濃度の変化に注目して-.
   第27回日本整形外科学会基礎学術集会,名古屋,2012.10.24-26

 5.青木保親, 中島 新, 柴田孝史, 園部正人, 高橋 宏, 谷口慎司, 山縣正庸,
   古府照男, 中川晃一.
   経筋膜的椎弓根スクリュー挿入による単椎間TLIFの短期成績:当院に
   おける経皮スクリューシステムの導入経験.
   第21回日本脊椎インストルメンテーション学会,神戸,20112.11.1-2

 6.青木保親, 中島 新, 柴田孝史, 園部正人, 高橋 宏, 谷口慎治, 高橋和久,
   大鳥精司, 古府照男, 中川晃一.
   骨粗鬆症性椎体骨折後の遅発性椎間孔障害に対する手術治療戦略.
   第21回日本脊椎インストルメンテーション学会,神戸,20112.11.1-2

 7.青木保親, 杉浦史郎, 中川晃一, 中島 新, 高橋 宏, 高橋和久, 大鳥精司,
   西川 悟.
   非特異的慢性腰痛の性質を評価するための試み~高齢者と若年者の
   非特異的腰痛の比較研究~.
   第5回日本運動器疼痛学会,東京,2012.11.17-18

 8.高橋 宏, 國府田正雄, 橋本将行, 大河昭彦, 古矢丈雄, 佐久間毅,
   加藤 啓, 山崎正志, 高橋和久.
   マウス脊髄損傷モデルに対するG-CSF動員末梢血幹細胞移植の治療
   効果 第二報.
   第41回日本脊椎脊髄病学会,久留米,2012.4.19-22

 9.高橋 宏, 山崎正志, 大河昭彦, 古矢丈雄, 佐久間毅, 加藤 啓, 高橋和久.
   若年肥満男性に発症し旺盛な骨化進展と急激な脊髄症増悪を呈する脊柱
   靭帯骨化症例の検討.
   第41回日本脊椎脊髄病学会,久留米,2012.4.19-22

10.高橋 宏, 山崎正志, 大河昭彦, 藤由崇之, 佐久間毅, 加藤 啓, 須田浩太,
   伊藤康夫, 植田尊善, 國府田正雄, 高橋和久.
   急性脊髄損傷に対する顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)を用いた神経
   保護療法:多施設前向き比較対照臨床試験.
   第85回日本整形外科学会学術総会,京都,2012.5.17-19

11.高橋 宏, 山崎正志, 大河昭彦, 古矢丈雄, 伊藤康夫, 國府田正雄.
   急性脊髄損傷に対するG-CSF神経保護療法とメチルプレドニゾロン大量
   投与療法の比較検討:自主臨床試験から.
   第47回日本脊髄障害医学会,静岡,2012.10.24-27

12.高橋 宏, 青木保親†, 中島 新, 柴田孝史, 園部正人, 谷口慎治,
   中川晃一, 古府照男.
   代謝性疾患を合併し短期間に破壊性脊椎関節炎様の経過を辿った1例.
   第21回日本脊椎インストゥルメンテーション学会
   神戸,2012.10-31~2012.11.2

海外

 1.Aoki Y, Nakagawa K, Nakajima A, Shibata Y, Sonobe M, Ohtori S,
   Takahashi K.
   Improvement of back pain following lumbar decompression surgery:
   Evaluation by visual analogue scale for patients in motion,
   standing and sitting.
   39th International Society for the study of the Lumbar Spine
   (ISSLS), Amsterdam, Netherland, 5/28-6/1/2012.

 2.Sugiura S, Nishikawa S, Saisu T, Shiga T,Oyama K, Suzuki Y,
   Aoki Y.
   Efficacy of Physical Examinations to Diagnose Early-Stage
   Spondylolysis.
   39th International Society for the study of the Lumbar Spine
   (ISSLS), Amsterdam, Netherland, 5/28-6/1/2012.

 3.Takahashi H, Yamazaki M, Okawa A, Furuya T, Sakuma T, Kato K,
   Suda K, Ito Y, Ueta T, Takahashi K, Koda M.
   Neuroprotective therapy using granulocyte colony-stimulating
   factor for acute spinal cord injury (SCI): A multicenter
   prospective controlled study.
   3rd Annual Meeting, Cervical Spine Research Society Asia
   Pacific Section.
   Fukuoka Japan, 2012. 4.

 4.Takahashi H†, Yamazaki M, Okawa A, Furuya T, Sakuma T, Kato K,
   Kamiya K, Inada T, Koda M, Takahashi K.
   Neuroprotective therapy using Granulocyte Colony-Stimulating
   Factor (G-CSF) for acute spinal cord injury: A phase IIb
   prospective controlled clinical trial.
   28th Annual Meeting of Cervical Spine Research Society
   European Section.
   Amsterdam, Netherland. 2012. 5.

 5.Takahashi H, Koda M, Hashimoto M, Furuya T, Kato K, Sakuma T,
   Kamiya K, Inada T, Okawa A, Takahashi K, Yamazaki M.
   Transplanted CD34+ peripheral blood cells mobilized by G-CSF
   promote motor recovery after spinal cord injury in mice.
   28th Annual Meeting of Cervical Spine Research Society European
   Section.
   Amsterdam, Netherland. 2012. 5.

 6.Sakuma T, Yamazaki M, Koda M, Okawa A, Hashimoto M, Furuya T,
   Takahashi H, Kato K, Aizawa T, Ono A, Imagama S, Kanemura T.
   Clinical trial of G-CSF neuroprotective therapy for acute
   worsening of cervical compression myelopathy.
   28th Annual Meeting of Cervical Spine Research Society European
   Section.
   Amsterdam, Netherland. 2012. 5.

 7.Kato K, Yamazaki M, Okawa A, Furuya T, Sakuma T, Takahashi H,
   Kamiya K, Inada T, Koda M, Hashimoto M, Takahashi K.
   Granulocyte colony-stimulating factor reduced neuropathic pain
   in patients with spinal cord lesions: Analyses of clinical study
   cases.
   28th Annual Meeting of Cervical Spine Research Society European
   Section.
   Amsterdam, Netherland. 2012. 5.

 8.Yamazaki M, Okawa A, Furuya T, Sakuma T, Takahashi H, Kato K,
   Kamiya K, Inada T, Takahashi K.
   The usefulness of 3-D full-scale modeling for instrumentation
   surgery at the craniovertebral junction.
   28th Annual Meeting of Cervical Spine Research Society European
   Section.
   Amsterdam, Netherland. 2012. 5.

 9.Furuya T, Yamazaki M, Fujiyoshi T, Okawa A, Kato K, Kamiya K,
   Inada T, Sakuma T, Takahashi H, Takahashi K, Konishi H.
   Clinical outcome of posterior decompression surgery for
   K-line (-) type cervical OPLL: laminoplasty versus posterior
   decompression with instrumented fusion.
   28th Annual Meeting of Cervical Spine Research Society European
   Section.
   Amsterdam, Netherland. 2012. 5.

10.Takahashi H, Koda M, Hashimoto M, Furuya T, Sakuma T, Kato K,
   Kamiya K, Inada T, Yamazaki M, Takahashi K.
   Transplanted CD34+ peripheral blood cells mobilized by G-CSF
   promote motor recovery after spinal cord injury in mice.
   51st annual scientific meeting of the international spinal cord
   society.
   London UK, 2012. 9.

11.Takahashi H, Yamazaki M, Okawa A, Furuya T, Sakuma T, Kato K,
   Inada T, Kamiya K, Suda K, Ito Y, Ueta T, Takahashi K, Koda M
   A multicenter prospective-controlled clinical trial of G-CSF
   neuroprotective therapy for acute spinal cord injury: Analyses
   of follow-up cases after at least one year.
   40th Annual Meeting of Cervical Spine Research Society.
   Chicago US, 2012. 12.

パネルディカッション(国内)

 1.青木保親, 中川晃一, 中島 新, 大鳥精司, 高橋和久.
   Discogenic Painの基礎(Modicを含む)
   第38回日本整形外科スポーツ医学会学術集会,横浜,2012.9.14

 2.青木保親, 中島 新, 柴田孝史, 園部正人, 高橋 宏, 谷口慎治,
   山縣正庸, 古府照男, 中川晃一.
   当院における単椎間TLIFの工夫:経皮スクリューシステムを用いた経筋
   膜的椎弓根スクリュー挿入法.
   第15回日本内視鏡低侵襲脊椎外科学会,神戸,2012.11.23

シンポジウム(国内)

 1.中島 新, 中川晃一, 中村卓司, 鈴木昌彦, 李 泰鉉, 山中 一, 勝呂 徹.
   関節リウマチに対するTKA後膝伸展機構損傷の検討.
   第41回リウマチの外科研究会,東京,2012.8.25

 2.渡辺淳也, 和田佑一, 豊根知明, 大久保敏之, 小畠隆行, 佐粧孝久,
   中川晃一, 大鳥精司, 江口 和, 及川泰宏, 高橋和久.
   最新の画像解析,MRI による関節軟骨、椎間板、神経の質的評価.
   第39回日本臨床バイオメカニクス学会,千葉,2012.11.9-10

 3.山下剛司, 渡辺淳也, 本田英義, 佐粧孝久, 中川晃一, 豊根知明,
   和田佑一.
   基礎研究をもとにした軟骨修復および再生への新たな工夫,関節軟骨
   修復術とMRIによる組織評価.
   第27回日本整形外科学会基礎学術集会,名古屋,2012.10.26-27