教育・研修

卒前教育では、医学部5年次の診療参加型臨床実習と6年次の選択臨床実習を実施しています。

卒後教育として、前期研修医縫合結紮トレーニング、外科臨床研修、救急外来・緊急手術を通じて基礎的外科手術手法の習得を図っています。当院では大医局総合外科体制で、毎週の外科合同症例カンファレンス(一般消化器、呼吸器外科、乳腺・循環器)で総合的外科周術期管理習得を図っています。

後期研修は、一般・消化器外科・呼吸器外科・乳腺外科・心臓血管外科にわたる、独自の後期研修プログラムにより、合同カンファレンス体制を継続し、外科診療における全身管理の向上とともに、各専門医資格取得を目的としています。また、院外教育としては、全国学会への出席、発表を随時施行し、先進医療の継続に努めています。

また、地域の外科診療施設の役割として佐倉市中学生と東邦大学付属習志野高等学校1年生を対象に、毎年外科手技内容のブラックジャックセミナーを施行して、外科診療の理解を図っています。