産婦人科

診療科紹介
高島 明子

ごあいさつ

産婦人科は配偶子から思春期、性成熟期、更年期、老年期と女性の生涯によりそう診療科であり、内科的外科的治療の両面性を持ちます。当院は地域の大学病院として、幅広くかつ専門性をもって産婦人科全般にわたっての疾患に対応することを心がけています。

当科は周産期、腫瘍、生殖、内視鏡の各分野において施設認定登録がされており、産婦人科専門取得後のサブスぺシャリストを目指す環境を整備しています。しかしこの各専門分野は独立した病態ではなく、関連性を持ちます。

例えば、不妊治療で受診された一人の患者さんに、内膜症と診断した場合、不妊と腫瘍の治療として腹腔鏡下手術を行い、生殖補助医療で不妊治療を行い、妊娠が成立したら周産期管理を行います。分娩後には内膜症の再発の経過観察を行う、そういった長期にわたって女性の健康をサポートする診療科です。各専門分野の知識と技術を高めるだけではなく、幅広く知識を持って診療にあたることが必要です。

後進を育成し、地域医療に貢献できる大学病院として多様化し目まぐるしくバージョンアップされる情報を適切に更新しつつ、臨床、教育、研究の3本柱を見据えてより良い医療を提供できますよう心がけています。

高島 明子

診療科紹介動画