先輩医師の声

学ぶことが多く、意欲的になれる毎日

清水 聖奈(レジデント:2020年入職)

見学や研修で訪れた際に、みんな楽しそうに手術や外来に取り組んでいるのを見て、一緒に働きたいと思って入局を決めました。分野が多く学ばないといけないこともたくさんありますが、そのおかげで意欲的に勉強ができています。先輩たちもいつでも質問に答えてくれ、優しく指導してくれるので、不安なく日々の診療や勉強ができています。

若手医師にもたくさんの機会

私は入局2年目で、週に1回の外来と週に1回の外勤と当直、残りは病棟の診療や手術を行っています。手術では指導医の元で執刀をすることもあり、大きな大学病院に比べるとどんどんチャンスをもらえる環境だと感じています。先輩たちのしっかりとした指導もありますので、安全に落ち着いて手術を行うことができています。

新しい興味と出会える医局。退屈はまるでなし

もともと周産期を志望していたこともあって、担当した患者さんのお産に立ち会えるとほかの診療科にはない良さを感じられます。でも、それと同時に婦人科の手術を経験したり、リプロダクションセンターで患者さんと接したりすると、新たな魅力を発見して将来の道を悩むほどです。まったく退屈をすることはないですし、毎日が楽しいと感じる診療科です。