診療科挨拶

他科との連携、医師の専門性を生かすチーム治療
手術の経験と学術的追求を両輪に、若手を育てる

乳腺外科【外科教授】榊原 雅裕

他科との密な連携で乳がん治療に挑む診療科

乳腺外科は、外科の中でも新しい分野です。主に乳がんを担当していることは周知の通りですが、消化器や循環器のように内科と外科に分かれてはいません。そのため、診療から手術まで一貫して行うところに大きな特徴を持つ診療科です。
一人の患者さんに対して、乳腺外科の医師だけでなく、放射線科、形成外科、薬剤師、看護師などが一堂に会してチームを作り、ケアを行うことも特徴だと言えるでしょう。そのため、関係部署との関係強化もされていて、今後もさらに連携が発展していくと信じています。

細分化された専門分野のエキスパートを育成

昨今、乳がんやその検診に対する啓発は非常に活発に行われています。検診を受ける患者さんが増えている一方で、乳がんに対する不安を持っている方や、治療に迷っている方が増えているのも事実です。
そのため、乳腺外科でもより専門性の高い、細分化された専門医が必要とされています。診断や精密検査に特化する医師、手術を行う医師、化学療法を行う医師など、各分野のエキスパートを育て、大きな乳腺外科のチームを作ることが大切だと考えます。診断から治療、手術までを行う診療科だからこそ、それぞれのスペシャリストが求められているのです。