教育・研修

研修プログラム

年次到達目標

専攻医は精神科領域専門医制度の研修手帳にしたがって専門知識を習得する。研修期間中に以下の領域の知識を広く学ぶ必要がある。1.患者及び家族との面接、2.疾患概念の病態の理解、3.診断と治療計画、4.補助検査法、5.薬物・身体療法, 6.精神療法、7.心理社会的療法など、8.精神科救急、9.リエゾン・コンサルテーション精神医学、10.法と精神医学、11.災害精神医学、12.医の倫理、13.安全管理。各年次毎の到達目標は以下の通りである。

到達目標

1年目:基幹病院で、指導医と一緒に統合失調症、気分障害、神経症性精神障害の患者等を受け持ち、面接の仕方、診断と治療計画、薬物療法及び精神療法の基本を学び、リエゾン・精神医学を経験する。とくに面接によって情報を抽出し診断に結びつけるとともに、良好な治療関係を構築し維持することを学ぶ。リワークデイケアカンファレンスや身体科との合同カンファレンスに参加する。院内研究会や学会で発表・討論する。精神療法の習得を目指し認知行動療法、森田療法のいずれかのセミナーに参加する。

2年目:連携病院で、指導医の指導を受けつつ、自立して、面接の仕方を深め、診断と治療計画の能力を充実させ、薬物療法の技法を向上させる。入院症例に積極的に従事し、重症例の診断・治療を経験する他、精神科救急に従事して対応の仕方を学ぶ。ひきつづき精神療法の修練を行う。児童・思春期精神障害およびパーソナリテイ障害の診断・治療を経験する。院内研究会や学会で発表・討論する。

3年目:指導医から自立して診療できるようにする。連携病院で、統合失調症や認知症について学ぶ他、専攻医の志向を考慮した環境を提供する。依存症治療における心理教育や適切な地域精神保健サービスの活用法について学ぶ。認知行動療法や森田療法を上級者の指導の下に実践する。心理社会的療法、精神科リハビリテーション・地域精神医療等を学ぶ。外部の学会・研究会などで積極的に症例発表する。

東邦大学医療センター佐倉病院メンタルヘルスクリニック 精神科領域専門医研修プログラム