研究

佐倉病院整形外科では専門領域ごとのグループで、下記のような研究テーマを持ち、多くの学会で発表・論文作成を行っています。研究面では、臨床研究だけでなく基礎研究にも力を入れており、スタッフが常時、科学研究費などの競争的資金を獲得して研究をサポートしています。希望者は教室に所属しながら学位取得や留学(国内、海外)も可能な体制が整備されています。
2019年12月現在、1名が千葉大学、1名が東邦大学の大学院に所属し、自らが希望する整形外科の研究テーマで基礎研究を行っています。

医局員の留学先

臨床研究

  1. 前十字靭帯再建術、関節鏡視下半月板縫合術
  2. 膝関節軟骨細胞移植
  3. 膝蓋骨脱臼症に対する手術方法
  4. 変形性膝関節症の病態、新しい治療法
  5. 人工関節置換術(膝、股、肘、足)
  6. 関節リウマチの外科治療
  7. 脊椎疾患の手術治療
  8. 骨粗鬆症の病態、新規治療法

基礎研究

  1. 絹フィブロイン・スポンジと培養細胞を用いた新しい軟骨再生法の開発
  2. 生体内の活性酸素種と関節リウマチ、骨粗鬆症の病態との関連
  3. 脊椎疾患における血清中バイオマーカーの探索と病態の解明
  4. 変形性膝関節症における前十字靭帯の網羅的な遺伝子発現解析