先輩医師の声

乳房再建手術に感動

平田 晶子(講師:2000年入局)

私は大橋病院の麻酔科で働いたのち2000年から形成外科に入局しましたが、2019年1月から当院に赴任してきました。
大学5年生のときに形成外科の再建手術を目の当たりにし、自分の組織を使って、なくなった部分を再建したことに感動しました。
麻酔科に進みましたが、その感動がずっと忘れられず、研修先の先生などの勧めもあって形成外科の道に入りました。

明るく働きやすい病院

佐倉病院は皆さんとても親切ですし、にこやかで、毎日忙しいですが、楽しく働けています。大橋病院に在籍していたころにも何度か佐倉病院に来たことがあったのですが、改めて赴任したときには、手術室のスタッフの方が「おかえり!」と言ってくれてすごくうれしかったのを覚えています。

興味を持って、自分で考える医師に

佐倉病院の同僚の先生方はとてもアクティブ。こちらから指示を出さなくても自分たちで勉強して考えたうえ頻繁にディスカッションを行って、よりよい方法を検討しています。
これから研修を考えている若い先生にも、興味を持って取り組んでもらいたいと思います。まずは形成外科の基礎をしっかり学び、そこから先に進むチャンスはたくさんあると思いますので、ぜひ形成外科の門をたたいていただければと思います。