診療方針

患者の気持ちに寄り添う形成外科医

体表にキズや変形を負った患者は、顔面などの露出部はもちろん、例え非露出部であってもコンプレックスや自身のアイデンティティの喪失に繋がる悩みを抱えています。
また、自身の思いが家族と共有できていない状況もみられます。ご本人の悩みや希望を傾聴して理解し、治療法を提案できるような形成外科医を目指します。

形成外科医はキズ、創傷治癒の最後の砦

専門領域にとどまらず、他の診療科で対応困難となった難治性創傷や瘢痕・ケロイドを幅広く受け入れ、また、患者の希望に真摯に対応し、卓越した技術をもって最良の結果を提供します。
体表の先天異常では、残存するキズや変形は患者にとって生涯の心の負担となり、いじめの対象になる可能性もあります。より綺麗で自然に、より機能的に仕上げることは、形成外科医の使命です。

形態も機能の一部

顔面は自己表現やコミュニケーション、社会生活を送るうえで自己のアイデンティティそのものであり、より自然な形態を再現することはそれらをより機能的に実現させるベースとなります。また、乳癌術後の乳房欠損や漏斗胸等の胸郭変形など、露出部以外での欠損や変形も尊厳の喪失やコンプレックスの原因になります。したがって我々は、形態も機能の重要な一部であるという認識で診療、手術に取り組みます。

診療内容

形成外科は、体の表面の先天異常や交通事故・スポーツなどで発生したケガ、やけど、癌などの腫瘍切除や手術後の変形、また、加齢に伴う機能的的異常が治療対象です。手術により患者本来の自分の姿や機能を取り戻すと同時に、心の悩みを解放して円滑に社会生活に適応できるようにします。
形成外科の対象疾患は実に多様であり、身体の表面に現れた全ての異常・変形が治療対象です。診療は形成外科全般にわたりますが、以下に当院の特徴を記します。

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺は原因不明なものやウイルス感染、手術後など様々な原因で起こります。その結果、顔は著しくゆがみ、麻痺側では口元が下がり笑うことができない、瞼が外反して眼が乾くなど、日常生活や社会活動に大きな支障が出ます。当院では筋肉移植術や筋膜移植、神経移植による笑いの再建や、眼瞼や眉毛の形成術により自然な表情と顔面形態の良好なバランスを再現します。また、麻痺後遺症のケイレンや顔面拘縮に対する形成手術やボトックス治療も行っています。

眼瞼下垂症

眼瞼下垂症では、瞼が重く視界が狭くなり運転や日常生活の支障になるだけでなく、慢性的な肩こりや頭痛、気持ちの落ち込みの原因にもなります。形成手術により視界は広がり、目元や表情も明るく若々しくなります。先天性眼瞼下垂症には筋膜移植によるつり上げ手術などを行います。

顔面腫瘍切除後の再建

顔面の皮膚悪性腫瘍・良性腫瘍や血管腫切除に伴う欠損の再建は、キズが目立たず、部位ごとに異なる顔面の立体的な輪郭が再現されることが重要です。そのため鼻や口唇、頬といったエステティックユニットのバランスを乱さない修復原理で手術を行うことにより、キズアトは目立たず自然な輪郭や表情が再現します。

皮膚・軟部組織悪性腫瘍

腫瘍の広範切除および機能・形態に配慮した修復を行います。悪性腫瘍の場合、切除後の欠損は広範囲で深部に至ることが多く、再建は局所皮弁、動脈皮弁、マイクロサージャリー、植皮術などを駆使して欠損の被覆と形態再現を行います。

先天異常

唇裂・口蓋裂・多合指症・臍ヘルニア・耳介(小耳症、副耳など)・眼瞼下垂症・色素性母斑(黒アザ)・ポーランド症候群などの先天異常の形成手術、漏斗胸はペクタスバー挿入による胸骨挙上術を行っています。

顔面外傷・顔面骨骨折

頬骨・鼻骨・上顎骨・下顎骨骨折、眼窩ブローアウト骨折などの顔面骨骨折に対し整復固定術や骨移植術を行います。また、顔面の皮膚・軟部組織損傷や神経損傷の修復や後遺症に対する形成手術を行います。

熱傷およびケロイド・瘢痕拘縮

熱傷の初期治療および皮膚欠損が生じた場合の植皮術、熱傷後遺症のケロイドや瘢痕拘縮(ヒキツレ)に対し薬物療法や瘢痕拘縮形成術、植皮術、皮弁などによる再建手術を行います。

手足・四肢の外傷

交通事故や労働災害、スポーツなどによる手足・四肢の皮膚軟部組織損傷、皮膚欠損、神経損傷、デグロービング損傷に対する処置、神経修復、再建手術を行います。

乳房再建

自家組織あるいはシリコンインプラントによる乳がん術後の再建を行います。術前より乳腺外科と密にコミュニケーションをと取り、患者さんのご希望に沿った方針で治療いたします。

高度肥満治療後の輪郭形成術

当院肥満外科や糖尿内分泌代謝内科で治療を行った高度肥満患者の余剰皮膚(腹部・胸部・背部・四肢・頸部)を除去し、輪郭形成を行います。

レーザー治療

Qswルビーレーザーによる太田母斑や扁平母斑・異所性蒙古斑・外傷性皮膚色素沈着症など、炭酸ガスレーザーによる皮膚腫瘍切除などを行っています。

その他

腋臭症(ワキガ)、陥入爪、糖尿病性足病変、難治性皮膚潰瘍、褥瘡(床ずれ)、美容外科(シミのレーザー治療、入れ墨除去、除雛術、脂肪注入・吸引術など)、など