トップページ > 研究活動
医療統計学分野とは
主な研究テーマ
学会・講演会情報
感染症サーベイランス報告書

お問い合わせ・連絡先

東邦大学 医学部
社会医学講座
医療統計学分野

〒143-8540
東京都大田区大森西5-21-16
TEL 03-3762-4151
FAX 03-5493-5416

研究活動

 

    循環器疫学

  1. 循環器疫学統合データベース(EPOCH-JAPAN)(村上・竹内)
    全国の循環器疫学ならびにがん疫学の研究者と共同して、わが国における循環器疫学のコホート研究の大規模統合データベースを構築し、公衆衛生・臨床医学に資するエビデンス発信を行っている研究グループの一員として、共同研究者の先生方とともに研究を進めています。主にデータベース構築・管理と解析を担当しています。

  2. NIPPON DATA(村上)
    わが国の代表的な循環器疫学のコホート研究、NIPPON DATAを用いた研究に参加しています。


    公的統計の高次利用

  3. 感染症サーベイランスの有効利用に関する研究(村上)
    国立感染症研究所、藤田保健衛生大学、埼玉医科大学などの研究者と共同して、年間罹患数推計、警報・注意報の検討などを行っています。

  4. 健康寿命に関する研究(村上)
    藤田保健衛生大学、東北大学の研究者と共同して、コホート研究のデータを活用して健康寿命の算定など行っています。


    薬剤疫学

  5. 医療情報データベースを利用した薬剤疫学研究(竹内)
    レセプトデータや電子カルテデータなどの医療情報データベースを利用し、医薬品・ワクチンなどの安全性評価を行う薬剤疫学研究を行なっています。

    医療統計学

  6. 薬剤疫学研究における研究デザイン・統計解析手法についての検討(竹内)
    医療情報データベースを利用した薬剤疫学研究には、欠測データや未測定交絡、治療・アウトカム定義の誤特定、時間依存性治療の取り扱いなどの統計解析上の課題があります。これらの課題の解決を目的として、統計的因果推論やセミパラメトリック推測などの観点に基づき研究デザイン・統計解析手法の新規提案・評価を行っています。

  7. 臨床研究(村上、竹内)
    全国大学、研究機関が進める疫学・臨床研究に、とくに方法論の側面から参加しています。

    ・大腸内視鏡の適正な検査間隔を検証するための臨床試験(JPS研究)(国立がん研究センター内視鏡部との共同研究)
    ・大腸内視鏡に関する臨床研究(国立がん研究センター、熊本大学、尾田クリニックなどとの共同研究)
    ・レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)を利用した本邦における関節リウマチ治療(RA)と合併症についての網羅的な解析(ファイザー社、東京大学との共同研究)
    ・自治体の国保・後期高齢者レセプトデータと予防接種情報を用いたワクチンの有効性・安全性評価等に関する研究(東京大学との共同研究)

  8. 疫学・臨床研究に対する生物統計学的支援(村上、竹内)
    全国大学、研究機関が進める疫学・臨床研究、臨床試験に対して、生物統計学面での研究支援を行っています。

    ・動脈カテーテルに関する臨床研究(東邦大学大橋医療センター)
    ・若年性脳梗塞の検討(慈恵会医科大学神経内科)
    ・生活習慣病ハイリスク者に対する身体活動促進のための目標設定支援・自動フィードバック機能を強化した自己管理支援ICTシステム(スマートフォンアプリケーション)の有効性と安全性の検証:システム開発とランダム化比較試験
    (東京大学との共同研究)
    ・Long-term care 質指標の開発:地域在住高齢者を対象とする前向きコホート研究(東京大学との共同研究)