本部活動

メニュー

平成28年度第30回東邦会全国支部長会

日 時 平成28年7月16日
場 所 大森・東急REIホテル

舳松会長(昭和32年卒)会長挨拶

挨拶する舳松会長
東京の城東支部に所属しております、昭和32年卒の舳松です。本日は遠方から、また悪天候の中、ご出席いただき誠にありがとうございます。

昨年の創立90周年記念のときにもお話ししましたが、大橋病院へのご寄付をお願いしております。目標額は8億円ですが、現在のところ6億5千万円ほどです。引き続き募集しておりますので、よろしくお願い申し上げます。大橋病院は平成30年6月6日の開校記念日に開院予定です。

大学については後ほど理事長、学長、医学部長、三病院長が懇親会でお話しいただけますが、現在の東邦大学の経営状態はたいへん良好です。炭山理事長は三期目に入っておりますが、年間収入の70%ほどを三病院が利益を出しています。今は各大学にとって厳しい時代になっていますが、東邦大学はたいへん順調な経営をしています。

習志野に新しく健康科学部が出来まして看護学部と合わせて5学部となりました。

東邦会についてですが、一般社団法人になり役員の任期が今まで3年だったものが2年になってしまい、大学の理事や評議員の任期期間と合わなくなっておりますが、5月の総会で私が再度会長の任を承ることになりましたので、よろしくお願いいたします。今年の研修会は島根県で開催されます。来年は宮城県、その次は北海道というお話しも進んでおりますのでよろしくお願いいたします。甚だ簡単ではございますが、ご挨拶とさせていただきます。本日はありがとうございました。

監事、理事自己紹介

上野 正彦監事(昭和29年卒)
監事を務めさせていただいております上野でございます。よろしくお願いいたします。

美島 利通監事(昭和35年卒)
今年から監事を務めさせていただいております。長い間経理をしておりましたので、そのお手伝いをしながら上野先生と共に勤めていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

吉原 克則理事(昭和53年卒)
大森病院の副院長を務めさせていただいております。災害や救急関係などを拝命しています。災害対策の2号館耐震工事は終わりましたが、1号館はまだですので心配しております。よろしくお願いいたします。

平井 寛則理事(昭和45年卒)
理事を拝命しております。私は今、藤沢の病院に勤務しております。よろしくお願いいたします。

寺園 崇理事(平成2年卒)
総務を担当させていただいております。舳松先生に元気に長生きしていただくのが私の係だと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

斉藤 義昭理事(昭和51年卒)
山梨県支部出身で今年から理事を拝命させていただきました。支部長も兼ねております。よろしくお願いいたします。

荒井 一歩理事(昭和54年卒)
経理、会計を担当させていただいております。所属支部は横浜支部です。よろしくお願いいたします。

池田 基昭理事(昭和62年卒)
この春から常務理事に推薦いただきました。埼玉県支部に所属しておりまして、本日は支部長の三好和夫先生がお見えになり、また私は第一内科の出身なのですがオーベンであった横澤先生、それからラグビー部の先輩の伊藤先生と懐かしいお顔を拝見し、お元気でいらっしゃり、たいへん嬉しく思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

中村 光彦理事(昭和62年卒)
東京の城北支部に所属しており、今年から新理事に任命されました。よろしくお願いいたします。 
各支部の状況報告1

支部報告

茨城県支部 渡邊行彦(昭和57年卒)
茨城の諸先輩方から茨城県支部は支部長会に誰も出席していないので今回は出席するようにとのことで初めて出席させていただきました。去年、一昨年は理学部と薬学部で三学部合同同窓会を開催しました。去年は総会も開催し、出席者は11名でした。17時から総会が始まり、懇親会では諸先輩方から懐かしい話しを聞かせていただき、たいへん為になりました。今後、総会以外にも開催できることを考えておりますので、よろしくお願いいたします。

秋田県支部 伊藤晴通(昭和58年卒)
昨年、秋田で研修会を開催させていただいた折には、皆様にお集まりいただき、感謝申し上げます。開催をしてみまして、同窓会組織がしっかりしていると実感しました。良かったことは支部の方々に連絡したことで細々ではありますが、今年も呼びかけて集まる道筋が出来たことです。10名ほどの少ない支部ですが、今後とも頑張っていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

山形県支部 横澤禎二(昭和53年卒)
山形県支部は年に一回、11月に集まりがあります。支部長会のお話を報告したり、会計報告、近況報告をしながら昼食会などを開催しながら継続しています。昨年は新しい会員の方にも来ていただき、拍手喝さいでした。今年はできれば皆さんに興味を持ってもらえるような後援会を同日に開催できればと、その相談も含めて参加させていただきました。よろしくお願いいたします。

宮城県支部 山下和良(昭和56年卒)
本来ならば支部長の鈴木カツ子先生(昭和45年卒)がいらっしゃるはずだったのですが、日本女医会理事会出席のために欠席となりました。東邦大学は元々女子医大でしたので、やはり女医会の方も大切にされているのだと思います。
昨年8月の第4週の土曜日に宮城県支部会があり、そこで支部長が研修会を開催したいと提案されました。正直な話、支部長以外全員反対でした。
本来でしたら支部長がここでご報告することを私から報告させていただきます。第32回東邦会研修会を来年10月7日から8日に江陽グランドホテルをメイン会場として開催する予定です。10月7日17時30分から講演会、19時から懇親会を予定しています。10月8日は観光もしくはゴルフなどを考えております。支部長は今年の島根県支部会に参加し、来年の開催につきまして色々構想を練られているようです。どうぞよろしくお願いいたします。

新潟県支部 金子耕三(昭和36年卒)
新潟地震のときは本部からお見舞いをいただき、ありがとうございました。その後も東日本、熊本と続きまして皆様にお見舞い申し上げます。本日7月16日は柏崎沖の地震の日だったため、思い出しこの話から始めさせていただきました。支部の活動についてですが、あまり積極的な活動もしておりませんのでご報告することも特別無いのですが、今後とも平穏無事に活動していきたいと思っております。よろしくお願いいたします。

富山県支部 浅地 聡(昭和59年卒)
昨年から支部長を拝命しております。今年の3月上旬に支部会を開催いたしました。会員は十数名ですが、出席者は6名でした。私が昭和59年卒で副会長が昭和60年卒です。それ以降の若い先生は2、3名いるのですが、勤務医ということでなかなか出席が叶わないという状況です。年に一回の開催は今後も継続していこうと思っております。よろしくお願いいたします。

群馬県支部 岸 芳正(昭和30年卒)
20年前に上野先生にはたいへんお世話になりました。その節はありがとうございました。それから群馬県というと海老根先生ですが、お会いするのを楽しみにしていましたが、本日はご欠席ということで残念です。海老根先生にはくれぐれもよろしくお伝えください。群馬県支部は長らく私が支部長をしておりますが、体調が芳しくないこともあって昨年は支部会を開催できませんでした。5月に同窓会があり、そのときに年内に役員会を開こうということになりました。それと同時に支部長をどなたかにお願いしようと思っております。そうなりましたらよろしくお願いいたします。ご報告することはこのくらいですが、今後、東邦会が益々発展することを願って私からの報告とさせていただきます。ありがとうございました。

栃木県支部 高橋邦生(昭和48年卒)
昨年から支部長を担当しております。栃木県支部はしばらく支部会を開催しておりませんでしたが、昨年から毎年一回は支部会を開催しようと若手中心に今年も5月に開催いたしました。出席者は13名でした。栃木県支部は50数名の会員がいるのですが、なかなか全員ということは難しい状況です。ですが今後、少しでも出席者を増やしていこうと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

埼玉県支部 三好和夫(昭和47年卒)
支部の活動としましては毎年6月に総会を開催しております。総会と同時に諸先輩方のご講演をいただいております。上野先生にも昔、お世話になりました。総会後に懇親会を行っております。それから12月に忘年会も行っておりますので、年に二回集まっております。それ以外にもゴルフコンペも年一回細々と開催していたのですが、物足りないということで横浜支部の方々に埼玉へお越しいただき、対抗戦も行っております。これからの活動として若い先生方に参加していただいて活性化させようと研修医や学生の名簿を作成して取り組んでおります。長年、とあるスポンサーにより、講演会を開催しておりますが、東邦大学東邦会埼玉県支部講演会では少々不都合があるということで、大森会講演会という名称で行っております。埼玉県支部は会則で埼玉県に住んでいる者、あるいは勤務している者となっているのですが、千葉県に住んでいて千葉県支部に会費を払っていらっしゃる先生に、埼玉県に勤務しているので埼玉県支部にも払うのでしょうかと聞かれ、しっかりお支払いいただきました。このように健全な支部運営を行っております。舳松会長にもご参加いただき、楽しく運営しておりますので、これからもよろしくお願いいたします。

千葉県支部 桑原利章(昭和51年卒)
昨年、深沢先生から支部長を引き継ぎました。7月3日の支部総会には舳松会長にもお越しいただき、ありがとうございました。千葉県支部は会員数が400名ほどでたいへん多いのですが、総会への出席は20名ほどとなっております。今年は18名の参加で、そのうち4名が千葉県出身の新入生に参加していただきました。会員数が多いだけに物故者も多く、昨年は12名の物故者となりました。来年からは7月の第一日曜日に総会を開催することを先日の総会で決定いたしました。それから今年は11月頃に親睦を深めるということで小旅行の計画も立てております。千葉県には佐倉がありますので、今年からは病院長にも理事に就任いただきました。これから更に密接な関係が築いていけると思って期待しております。以上です。ありがとうございました。

横浜支部 荻原 泰(昭和56年卒)
今年は6月12日に総会を開催いたしました。出席者は10名と少なかったのですが、委任状は100名ほどきました。総会の後に懇親会を行い、15名の新入生のうち3名に参加いただきました。講演会は大森病院長の小原先生に最近の輸血医療についてご講演いただきました。執行部の先生方にもおいでいただき、ありがとうございました。懇親会は32、3名で盛況でした。写真も撮影しましたので、東邦会ニュースに掲載いただければと思います。11月12日に毎年行っております、秋季講演会を開催予定です。この講演会を今年からお隣りの川崎支部と合同で開催できればと思っております。来年1月は薬学部、理学部の監事の先生方と三学部合同の新年会を予定しております。以上です。ありがとうございました。

川崎支部 田中洋一(昭和40年卒)
川崎支部の会員数は60数名で、今年は7月1日に総会を行い、出席者は12、3名でした。総会のときにはいつも講演会を行っており、今年は3月まで大橋病院の循環器内科教授でした杉先生にご講演いただき、たいへん勉強になりました。大都市の開業医が増えておりまして、川崎も人口は増えているのですが、開業医の数がそれ以上に増えておりまして、競争が激しくなっております。私が開業した30数年前とはまるで様変わりしているので若い開業医の先生方を少々心配しております。私も70代半ばになりましたので、若い先生方に引き継いでいただき、益々支部会を盛り上げていただければと思っておりますので、これからもよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

湘南支部 山川ふみ子(昭和58年卒)
一昨年、研修会を開催させていただき、卒業生や同窓生と集まる楽しさを感じまして、昨年は相模支部と合同で小児科の小原先生にご講演いただきました。今年は11月に吉原先生をお招きして支部会を開催する予定です。湘南支部の会員だけでなく、会員のご友人などもお呼びして、これからも大学の卒業生で助け合って会を盛り上げていきたいと思っております。昨日、藤沢市の女医会があったのですが、藤沢市は現在、女医だけで100名を数えます。70名集まったのですが、東邦大学の卒業生もとても多くて、医師会の理事などで活躍されております。今後とも同窓会のために地方で頑張りたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

相模支部 馬嶋順子(昭和56年卒)
今年から支部長をさせていただき、初めての参加となります。よろしくお願いいたします。山川先生からお話しがありましたが、昨年は湘南支部と合同で開催させていただき、参加いたしました。今年は7月9日に第20回相模支部会を開催し、約10名の参加でしたが活気があり盛況でした。以上です。ありがとうございました。

城東支部 伊藤隆一(昭和55年卒)
城東支部は会員数が272名で、毎年9月に総会並びに講演会を開催しております。会費は現在、徴収しておりません。今年は大森病院精神科の辻野先生にお願いする予定です。スポンサーの関係で、どうしてもそこの製品をアピールすることが必要で、今年は何とかなりましたが、来年はどうしようかと悩んでいるところです。以上です。ありがとうございました。

城西支部 亀井敦行(昭和48年卒)
城西支部は東京の世田谷区と目黒区の2区を合わせた支部です。大橋病院のお膝元で、かなり若い先生方が多く会員数は400名を超えております。しかし勤務医の先生も多く、総会を開催しても10名ほどしか集まりません。それで10数年前から城南支部と合同で開催するようにしております。それでも出席者は20数名ほどです。主催は毎年交代で開催しておりますが、今年は城南支部主催で10月1日に開催予定です。以前は会費を徴収していましたが、余裕があるため、2年前からは徴収しておりません。以上です。ありがとうございました。

城南支部 松原龍弘(昭和57年卒)
先ほど城西支部の亀井先生からお話しがあったように交代で主催し、毎年開催しております。今年は城南支部主催で10月1日にこの大森REIホテルで大森病院の五十嵐先生をお招きして講演会を予定しております。城南支部も会費は徴収しておりません。スポンサーの製薬会社さんからの支援が無くなりましたので、今年からは今まで貯めてきた中から出していく予定です。以上です。ありがとうございました。

城北支部 四宮雅子(昭和49年卒)
支部長は昭和50年卒の柴田仁太郎先生です。城北支部は板橋区、練馬区、中野区、杉並区の4区です。毎年6月の第3週に支部総会を開催しております。今年は横浜支部の一週間後で講演会も小原先生だったため、同窓会の諸先生方も同じ話しを聞くのはたいへんだろうとわざわざ内容を変えて素晴らしい講演をしていただきました。それから9月に会報を出しております。そして年4回の役員会で調節しながら支部会を盛り上げていこうとしております。毎年、同窓会のほうから新入生、新卒業生の名簿をいただき、支部会に加えてはいるのですが、若い先生方は移動が多く、すぐに連絡先がわからなくなってしまっております。若い先生方の支部会への参加についてもご協力よろしくお願いいたします。以上です。ありがとうございました。

山梨県支部 斉藤義昭(昭和51年卒)
私も長く支部長をしておりますので、引き継いでもらおうと思っていましたが、後任の原医師が甲州医師会副会長になってしまったため、両方は難しいとのことなので、しばらく私がやることになっております。6月18日に総会を開催いたしまして40数名が集まりました。山梨県支部は会員数が40数名なのですが、オリンピックの年は薬学部、理学部と合同で開催しておりまして、それで40数名になりました。医学部は13名ほどの出席でした。今年は山梨大学の先生にご講演をいただき、たいへん有意義な会となりました。問題点としては他支部同様に若い先生方に参加していただけないことです。毎年一人、二人は東邦大学に入学しているのですが、どこにいるのか不明という現状です。何とかこの若い先生方を把握して参加していただこうと考えておりますので、良いアイデアがございましたら是非教えていただきたいと思います。以上です。ありがとうございました。

静岡県支部 増田忠訓(昭和54年卒)
今年から支部長を務めさせていただいております。今年は7月9日に第32回静岡県支部総会を開催いたしました。講演会は大橋病院の病院長、長谷弘記先生(昭和54年卒)にお願いいたしました。東邦大学の卒業生は6名ほどでしたが、それ以外にも9名ほど長谷先生のご講演ということで出席していただきました。たいへん明快なご講演をしていただき、ありがとうございました。浜松は伊豆からは横断しなければならない距離があり、なかなか一箇所に集まるのが困難な状況です。女性の先生方の出席がほとんどありませんので、イケメンの講師の先生をお招きして、何とか会を盛り上げていこうと考えております。これからもよろしくお願いいたします。

三重県支部 林  毅(平成7年卒)
昨年10月31日に開催された支部会におきまして支部長を拝命いたしました。本日の出席者を見ても平成卒は私と寺園先生だけなので恐縮しております。前支部長が松阪医師会の理事長を6年務め、あと2年継続されると思います。私も松阪医師会の理事にしていただいて、楽しく活動させていただいております。残念ながら三重県は3年に一人くらいしか入学されない状況で、名簿を見てもかなり先輩の女性の先生方が多くいらっしゃいます。それでも男性の先生からもねぎらいの言葉をいただき、会を継続しております。支部会などで、皆さん忘れたと言いながら、しっかり校歌も歌ってくださり楽しい会となっております。今年は伊勢志摩サミットがありましたが、南海トラフもあり、危機管理という面から心配もしています。災害がおきたときには東邦会の先生方に応援していただければと思います。今年の研修会は島根県ということで出雲大社ですが、三重県は伊勢神宮です。島根県支部の小竹原先生の隣の座席ということも気になるところですが、支部の先生方からは研修会開催をお願いされても遠慮するようにと言われて来ました。大意はありませんが、お世話になった先生方も多くいらっしゃいますので自腹でお土産の赤福を持ってまいりました。ぜひご賞味くださいませ。長々と話しましたが、これからもよろしくお願いいたします。

島根県支部 小竹原良雄(昭和51年卒)
島根県支部は今年、研修会を開催いたします。30年前にも開催しました。着々と準備は進んでおりますが、関東方面からは遠いこともあり、まだご出席のご返事がなくて少々寂しく思っております。一人でも多くの先生方にご出席いただければと思います。先ほど三重県支部からのお話しがありましたが、出雲大社はすべて神在月で、全国の神様が集まります。ただ唯一来ないのが天照大御神。あの方は日本国のあの場所から絶対に動きません。研修会の準備をさらに進めて、先生方をお待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。

岡山県支部 村山佳則(昭和63年卒)
本日、支部長の木村 丹先生(昭和52年卒)が来られないということで急遽参加させていただきました。現在、岡山県支部は年1、2回の会合があり、いつも同じ出席者ですが約6、7名の方に参加いただいております。現在、会員数は20名で、ここ20年ほどは新入会員がおりません。いても所在が不明という状況です。創立者の額田先生の出身県としては寂しく思っております。支部の先生方から岡山県出身の不明者を探すための方法が何かないか聞いてきてくださいとも言われて来ました。よろしくお願いいたします。

広島県支部 高橋 淳(昭和58年卒)
25年振りの優勝を目指している広島カープの広島からまいりました。広島県支部では7月2日に総会を開催いたしました。東邦会から舳松先生と、今年の研修会を開催される島根県支部の小竹原先生にもご出席いただきました。広島県支部は会員数68名で21名が出席しました。出席者が多かったのでホテルの部屋など少々手狭でした。総会では平成22年卒の高橋 広先生が重症気管支喘息の一例を発表し、講演は広島県立病院長で広島県感染症疾病管理センターの桑原先生に「多様化する感染症とその対応」というタイトルでご講演いただきました。感染症の歴史から最新のジカ熱まで、とても勉強になる講演でした。二次会も半数以上が集まりましたが、舳松先生、小竹原先生、私など4名以外はすべて平成卒が集まってくれました。会報は毎年発行しております。会費はお支払いくださるのですが、総会にご出席いただけない先生方にも送付しており、支部の状況をお知らせできて好評です。ゴルフコンペも年二回開催しております。今年は5月29日に開催しました。秋は島根県で開催される研修会のゴルフにできるだけ多く参加したいと思っておりますが、まだ二人という状況です。申し訳ございません。新入会員は呉市に戻られました平成15年卒高杉啓一郎先生、平成16年卒の伊藤尚志先生の2名です。広島県支部からは以上です。ありがとうございました。

福井県支部 伊部晃裕(昭和55年卒)
本日、遅れて申し訳ございませんでした。なにぶんにも福井県は各県庁所在地から東京まで、飛行機、新幹線含めて最短で到着する地図を作りますと、日本で一番遠方の県になるとのことで時間が掛かってしまいました。申し訳ございません。福井県支部は現在、12名の会員がおります。毎年10月に総会を開催しております。昨年は10名の先生方にご出席いただきました。各先生方に1ヶ月ほどかけて出席できる希望日時をお伺いしながら開催しております。昨年は基幹病院で今、4名の先生がいらっしゃいまして、そのうちの2名の先生方が来ていただきました。基幹病院の地域連携課に状況をお話しして東邦大学の卒業生を調べていただくとほぼ教えていただけます。そこでコンタクトを取りまして、なるべく来ていただくようにしております。なんとか福井県内に東邦大学出身の先生方を見つけ出して積極的に来ていただけるようにしております。ただ福井県もなかなか若い新しい先生の入会が無く、20年後、30年後を危惧している状況ですが、集まりますと楽しく会を催しております。これからも支部会を積極的に継続していけたらと思っております。以上です。ありがとうございました。

山口県支部 寺園 崇(平成2年卒)
ご報告といたしましては昭和53年卒の第一内科の河村康明先生がこのたび山口県医師会の会長になられました。山口県は下関から岩国までかなり横に長い県です。岩国は広島に近く、ほぼ広島経済圏で下関はほぼ福岡経済圏ということになり、野球も岩国はほぼ広島ファン、下関はほぼホークスファンと県自体にまとまりがありません。それが理由にはならないのですが、支部会も停滞しております。幸い東部の広島に近い地域に知り合いの先生方が多くいらっしゃるので私的な集まりはあるのですが、なかなか支部会の開催までは至らず、交付金をいただいたままで申し訳なく思っております。広島の高橋先生には広島県支部にいつもお招きいただきまして、ありがとうございます。以上です。ありがとうございました。

宮崎県支部 藤元秀一郎(昭和59年卒)
現在の会員数は約10名ほどです。昨年の総会へ舳松先生にお越しいただき、ありがとうございました。出席者はほぼ同じ顔ぶれなのですが、会員の先生方はみな忙しくまた私もいろいろと雑用が多いものですから、東邦の同級生の妻に助けてもらいながら、細々と活動しております。今後ともよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

大分県支部 山田滋彦(昭和43年卒)
4月の熊本・大分の地震でかなりの被害が出ました。とくに温泉で有名な湯布院と別府では家屋の倒壊やブロック塀が多数崩れました。私のところもスプリンクラーが壊れ、水害でたいへんでした。観光客が減少してしまい、今行くとかなりの割引でお安く宿泊できます。大分県支部の会員数は約30名ほどです。なかなか支部会を開催できない状況が続いておりますが、今年は勉強会など何かしらの会を開催しようと予定しておりましたが、地震などの影響で中止しました。それから私は支部長になって長いのですが、そろそろ引退しようと各先生方にお願いしていますが、なかなか引き受けていただけない状況です。それでもそのうちに何とか納得していただこうかなと思っております。これからも極力、東邦会の活動を続けていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

司会 寺園 崇理事
住所などが不明の先生方が多くいらっしゃるというご意見が多数ありました。今後、東邦会のホームページに不明者リストを掲載予定です。不明者の連絡先を知っている先生から連絡先を知らせていただき、支部名簿に反映していく予定ですのでご活用ください。
各支部の状況報告2

各支部出欠ハガキのコメント一覧

青森県支部 菊池和義(昭和52年卒)
会員の高齢化に伴い一同に集まることが困難になって年1回の青森支部会開催を実施できない状況です。
連休前の休診は困難です。午後の飛行では5:00過ぎになってしまいます。できればもう1時間位後の開始時間であれば出席可能となります。ご検討いただければ幸甚です。

秋田県支部 伊藤晴通(昭和58年卒)
昨年は研修会で会員の先生方と連絡をとりあうことができました。今後も連絡を待ちたいと考えています。

富山県支部 浅地 聡(昭和59年卒)
平成28年3月5日に支部会を開催しました。

群馬県支部 岸 芳正(昭和30年卒)
昨年は支部会を開催できませんでしたが、今年は秋頃に役員会を開き、この全国支部長会の報告を致したいと思っております。

栃木県支部 高橋邦生(昭和48年卒)
年1回の会合を開催しております。参加人数が少なく苦労しております。

茨城県支部 渡邊行彦(昭和57年卒)
平成27年11月に総会を開催しました。

千葉県支部 桑原利章(昭和51年卒)
本年は7月3日AM11~千葉県支部の総会を津田沼の「銀座アスター」で予定しています。

横浜支部 荻原 泰(昭和56年卒)
6月11日、総会予定ですのでよろしくお願いします。新入生名簿ありがとうございました。

川崎支部 田中洋一(昭和40年卒)
年に1回総会、学術講演会。本年7月1日の予定。

湘南支部 山川ふみ子(昭和58年卒)
11月に支部会をする予定です。

相模支部 馬嶋順子(昭和56年卒)
相模支部会を7月9日開催予定です。

城南支部 松原龍弘(昭和57年卒)
相変わらず、城南・城西の合同会で行っています。中々、あつまりません。
会員への案内状の作製(往復ハガキ)などを同窓会本部でやって頂けるとありがたい、人数が多いので大変。

城北支部 柴田仁太郎(昭和50年卒)
6月18日、城北支部総会を行います。参加者は30名弱です。支部役員は14名で、仲良く活動しています。会報は9月発行予定です。
会の若返りのため、多くの若い人に役員をやっていただきたい。

静岡県支部 増田忠訓(昭和54年卒)
7月9日、第32回静岡県支部会を、大橋病院長谷先生をお招きして開催予定です。

長野県支部 武田 毅(昭和57年卒)
毎年秋懇親会を行い、20名前後の参加があります。

三重県支部 林  毅(平成7年卒)
平成27年10月31日 支部長変更、同門会施行。野呂純一先生→林 毅(平成7年卒)に変更。

広島県支部 高橋 淳(昭和58年卒)
ゴルフコンペ年2回、総会年1回開催しています。今年は7月2日(土)予定です。会報年1回発行しています。

福岡県支部 鎌田重之(昭和47年卒)
高齢化で入会者も少なくこの2年会合もしていません。いつかと考えてはいますが。

長崎・佐賀県支部 大塚英徳(昭和40年卒)
活動していません。若い人に期待してます。
東邦の先生方が多方面で活躍されていて頼もしく思います。もっとアピールして東邦の名をとどろかせて下さい。

沖縄県支部 棚原 巽(昭和56年卒)
支部会の出席状況は変わりなく、限られたメンバーのみです。

お問い合わせ・連絡先

一般社団法人
東邦大学医学部東邦会事務局

〒143-8540
東京都大田区大森西5-21-16
TEL:03(3761)0338
FAX : 03(6450)0620
メールアドレス:
tohokai-info@wonder.ocn.ne.jp