本部活動

メニュー

令和元年度総会

日 時 令和元年5月19日(日)11時30分
場 所 大森東急REIホテル 5階フォレストルーム
出席者 会員数4,315名のうち、出席991名(委任状含む)。定款17条により総会は成立。
司 会 荒井一歩(昭和54年卒)専務理事

挨拶

黙祷

総会に先立ち平成30年度の物故会員に対し出席者一同が黙祷を捧げた。

議題

議長 河上 修(昭和33年卒)

一号議案:平成30年度事業報告

池田基昭副会長
担当理事 池田基昭副会長(昭和62年卒)
 
平成30年4月1日から平成31年3月31日までの事業報告をさせていただきます。総会が平成30年5月20日に大森東急REIホテルで行われました。理事会は臨時理事会が7月と12月に通常理事会が5月と3月に行われました。常任理事会は毎月行われております。全国支部長会が7月21日に同じくREIホテルで行われました。全学同窓会も行われました。それから全国私立医科大学同窓会連絡会の東部会と全国会も行われております。第42回卒業生学術講演会は「心エコー所見と心電図所見の関連」の演題で鈴木眞事先生に、「外来診療で知っておきたい軟部腫瘍の知識」の演題で土屋一晃先生にご講演いただきました。それから第33回研修会は10月6日7日北海道支部が担当で札幌で開催されました。奨学金、(援助金)の給付は5名に月額5万円、総額300万円給付いたしました。東邦大学のルーツ、額田先生の考え方のまとめを炭山理事長が行っておりましたので、その抜粋とボールペンを卒業生に記念品として贈りました。東邦会館の管理、運営、それから機関紙の発行として東邦会ニュース24号から27号を発行しました。海外からの留学生(ポーランド・中国・台湾・タイ)の援助金を50万円給付いたしました。支部への出張は横浜、城北、相模、広島、城東、湘南、城南城西(合同開催)に行っています。その他目的を達成するために必要な事業を行っております。以上が平成30年4月1日から平成31年3月31日までの事業報告です。

二号議案:平成30年度収支決算並びに財産目録の報告

監査報告

美島利通監事
美島利通監事(昭和35年卒)
 
監査報告をさせていただきます。上野正彦先生(昭和29年卒)と私で監事をしております。私たち監事は平成30年4月1日から平成31年3月31日までの平成30年度の理事の職務執行の監査をいたしましたので以下のとおり報告いたします。

1、監査の方法及びその内容

私たち監事は、理事及び使用人等と意思疎通を図り、情報の収集及び監査の環境の整備に努めるとともに、理事会その他重要な会議に出席し、理事及び使用人等からその職務の執行状況について報告を受け、必要に応じて説明を求め、重要な決裁書類等を閲覧し、業務及び財産の状況を調査し、当該年度に係る事業報告について検討を行いました。
さらに、会計帳簿又はこれに関する資料の調査を行い、当該年度に係る計算書類(貸借対照表及び正味財産増減計算書)及びその附属明細書並びに財産目録について検討を行いました。

2、監査意見

(1)事業報告及びその附属明細書の監査結果
一 事業報告及びその附属明細書は、法令及び定款に従い、法人の状況を正しく示しているものと認めます。
二 理事の職務の執行に関する不正の行為又は法令若しくは定款に違反する重大な事実は認められません。
(2)計算書類及びその附属明細書並びに財産目録の監査結果
計算書類及びその附属明細書並びに財産目録は、法人の財産及び損益の状況をすべての重要な点において適正に示しているものと認めます。
なお、この監査は嶋方会計事務所の嶋方拓郎公認会計士が2019年4月1日に実地調査で現金、通帳、小切手などを調査しました。5月8日と9日に期末監査を実施しまして以上のような報告となりました。以上です。

役員選出

荒井一歩専務理事
荒井一歩専務理事
 
昭和47年卒の額田先生に新理事をお願いしたいと思い、理事会で決定いたしました。皆様に承認していただきたいと思いますので賛成の方は挙手にてお願いいたします。賛成多数で可決。
引き続き新会長を決めるため、ただ今理事会を開き新会長に額田均先生が決定いたしました。

東邦会新会長就任

挨拶する額田新会長
東邦会新会長 額田 均(昭和47年卒)
 
新会長に選ばれました昭和47年卒の額田均でございます。簡単に自己紹介をさせていただきます。昭和47年に卒業しまして、最初7年間は北里大学にいました。8年目にニュージーランドへ行きまして、これは単にラグビー部であったというだけで学問的な意味はまったくございません。当時の北里大学脳外の矢田教授に「お前、なんでニューギニアへ行くんだ」と言われまして、それほどニュージーランドの認識がまだ少ない頃でございました。ニュージーランドに行きまして40年近くおりまして10年ぐらい前に帰り、稲毛の額田医学生物学研究所で細々とやっておりました。それが去年の12月に突然会長になるということでガラッと変わりました。これからは副交感神経亢進の時代をゆっくり過ごそうと思っていたのが突然、交感神経を使うことになりました。
東邦大学ですが、ロンドンにありますタイムズ・ハイヤー・エデュケーションが毎年発表している世界大学ランキングで、世界に約3万ある大学の中でトップ3%にランクインしています。国内大学では779大学中25位、私立大学604校中9位です。これは教育、研究はもちろん、論文採用数、産業収入、国際性も加味されており、東邦大学は国内のみならず国際的にも認めらました。また財政的にも現執行部、教職員の皆様のご努力により、十数年前に比し素晴らしく改善しており、昨年には待望の大橋に新病院が開院しました。
このようなタイミング的には最高の時期に会長を拝命しましたので後は、舳松先生、海老根先生が築かれた東邦会をさらに発展させるよう努力して参ります。特にこれからは若い先生方へバトンタッチするちょうどいい時期かなと思っております。私の時代に若い先生方にぜひ協力していただいて松明を引き継ぐという感じでおります。東邦大学および東邦会のますますの発展のために頑張りますのでよろしくお願いします。

功労賞表彰

功労賞表彰
賞状と記念品贈呈
 
城北支部 有村 章先生(昭和48年卒)
千葉県支部 斎藤信彦先生(昭和47年卒)
千葉県支部 上田哲郎先生(昭和44年卒)

お問い合わせ・連絡先

一般社団法人
東邦大学医学部東邦会事務局

〒143-8540
東京都大田区大森西5-21-16
TEL:03(3761)0338
FAX : 03(6450)0620
メールアドレス:
tohokai-info@wonder.ocn.ne.jp