ホーム > 活動内容 > 研修について(2013年度) > 臨地実習指導者 研修レポート > 平成25年度 臨地実習指導者研修 シャドウイング報告 第2弾

トピックス

お問い合わせ先

学校法人東邦大学
法人本部看護企画室キャリア支援セクション
〒143-0015
東京都大田区大森西4-16-20(看護学部内分室)
TEL:03-3762-9890
FAX:03-3762-9896

平成25年度 臨地実習指導者研修 シャドウイング報告 第2弾

シャドウイング報告、第2弾です!
今回のレポートは、臨地は成人看護学実習と精神看護学実習のシャドウイングです。学内は、基礎看護学のバイタルサイン測定と採血の演習でのシャドウイング風景です!

【学内演習】

基礎看護学 バイタルサイン測定の演習で、教員の関わりをシャドウイングしました。
基礎看護学 初めての模擬腕を使った採血の演習です。危険を伴う演習での教員との関わりをシャドウイングしました。

【臨地実習】

成人看護学実習

関連図を使い担当患者さんの理解を深めています。

精神看護学実習

これから担当ナースに今日のケアについて報告。担当教員と患者さんの問題点を整理します。

【受講者の声】

  • できていないところは、はっきり伝えているが、学生が動機づけられるような伝え方をしていた。
  • 次のステップに進めるよう、学生が自ら考えられるよう、問いかけていた。
  • 「○○さんは、アセスメントが苦手かな?」と、苦手な個所を明確にしつつ、でできていることも的確に伝えていた。学生の表情が和らいだ。
  • プラスのフィードバックで学生の緊張をとっていた。
  • 少しのことでも喜ぶことができるようフィードバックしていた。
  • 学生の特徴を知って、関わっていた。

【センターより】

臨地実習指導者研修の受講者がシャドウイングの日は、受講者の様子を見に行っています。伺った病棟や学内演習の会場では、受講者だけでなく、先生方や学生の皆さんとも挨拶したり、笑顔を交わしたり、少し話せたり・・・と、楽しくレポートさせていただいています。
先生方、臨床の皆さん、ご協力をありがとうございます。

【シャドウイング実施場所・期間】

学内演習

東邦大学看護学部 10月~12月 基礎看護学,成人看護学,高齢者看護学,国際保健看護学
佐倉看護専門学校 9月 基礎看護学

臨地実習

東邦大学医療センター大森病院 9月~12月 基礎看護学,成人看護学,小児看護学,家族・生殖看護学,精神看護学
同センター大橋病院 9月 基礎看護学
同センター佐倉病院 9月~10月 老年看護学

KAN