ホーム > 活動内容 > 講座 > 【学び直す】 No.4 文献講読-中級(全2回)講座開催レポート

トピックス

お問い合わせ先

学校法人東邦大学
法人本部看護企画室キャリア支援セクション
〒143-0015
東京都大田区大森西4-16-20(看護学部内分室)
TEL:03-3762-9890
FAX:03-3762-9896

【学び直す】 No.4 文献講読-中級(全2回)講座開催レポート

概要

院内研究等、研究に直接関わった経験のある方を対象とします。

研究対象、フィールド選びに苦労し、学会発表で質問を受けた今こそ、他者の論文がおもしろいように読めるものです。他者の研究を自分の研究に生かす、さらに研究成果を実践に応用する、または後輩へのアドバイスに役立つ文献講読講座です。大学院進学を考えている方にも役立ちます。(対象者は「文献検索」終了、または同程度の能力があり、研究の経験のあることを前提とします)

目的

看護学における研究方法について基本的な知識を習得し、文献を批判的に吟味できる基礎的な能力及び態度を身につけます。

期待される学び

  1. 看護研究とは何か、研究の目的・手順について述べることができます。
  2. 文献クリティークの方法について理解できます。
  3. 実際に読みたい文献を選択し、枠組みに沿ったクリティークを実施できます。
  4. 文献クリティークの内容を発表し、受講者間でのディスカッションを通して、臨床実践における文献の活用法について検討します。

講師

山田 緑  東邦大学 看護学部 准教授 博士(看護学)

対象者

講座No.2を修了または修了程度の方、研究の経験のある方

参加者

10名

内容

第1回 7月18日(金) 東邦大学看護学部 新館2階 演習室1,2
13:15~14:45  看護研究に関する基礎知識
15:00~16:30  文献クリティークの方法と実際
第2回 8月1日(金) 東邦大学看護学部 新館2階 演習室1,2
13:15~16:30  文献クリティークの発表、質疑応答、まとめ
正面 山田 緑 先生
正面 山田 緑 先生

受講者の声

  • 研究の基礎的知識を学び直すことができた。
  • クリティークは難しい印象があったが、講座で学んだ方法を使うと分かりやすいと思った。
  • 文献の選択が難しいと思った。
  • 最後に、自分の読み込みと他者の読み込みについて意見交換でき、気づきができ学びになった。
  • このような文献を読んで意見交換する会を病棟や仲間で定期的に行いたいと思った。
  • 先生のリズミカルな講義がとても明快で分かりやすかった。

センターより

研究に関する基礎知識から、実際に研究を進めるにあたり多くの人が難しいと感じる、文献の選択と文献クリティークについて学ぶことができました。少人数制の講座だったこともあり、ひとりひとりの文献について丁寧にディスカッションできたと思います。また、受講者のほとんどが病棟で行っている研究の中心メンバーであり、ちょうど病棟の研究チームで文献を読む込む時期と重なり、時期的にも効果的でした。

受講者から、「文献の選択」がうまくできていないと感じているという困難感が表出され、文献の選択への支援にニーズがあることも分かり、次年度の課題となりました。

(KAN)