トピックス

お問い合わせ先

学校法人東邦大学
法人本部看護企画室キャリア支援セクション
〒143-0015
東京都大田区大森西4-16-20(看護学部内分室)
TEL:03-3762-9890
FAX:03-3762-9896

【極める】 No.16 東邦看護のリーダーを育てる(主任編)
第1回講座開催レポート

東邦看護のリーダーを育てる(主任編)の 第1回を開催しました。

概要

主任という役職を得ることで改めて組織というものを意識するのではないでしょうか。患者への質の高い看護の提供者となるとともにスタッフを束ねていく役割期待も高まるのが主任という役職だと思います。その役割や期待は部署部署で微妙に異なり、自分自身で模索、確立していかなくてはなりません。センターでは同じ役割を担う方々を集め、各自が考える「主任像」について語り、討議するワークを開催してきました。このワークは各自の振り返り、課題解決に十分な役割を担ってきましたので、継続開講したいと思います。

東邦3病院の看護の役割、主任への期待等について、東邦のトップ陣から講義を受けます。その後、主任として考えさせられた場面やエピソードの語りを経て、自分に求められている主任像を具体的に描いていきます。

目的

東邦看護の職員であることを認識し、東邦大学、施設の理念、ならびに看護部の理念との整合性を図りながら、主任としての役割を理解、明確にします。

期待される学び

  1. 東邦看護の主任としての役割を理解します。
  2. 「主任とは・・・」と自分の言葉で語れるよう役割を明確にし、プレゼンテーションします。

講師

杉  薫   東邦大学医療センター大橋病院 院長
菊地京子  東邦大学医療センター大橋病院 副院長 兼 看護部長

対象

主任、またはその役職に該当する方(部署推薦)

定員

20名

開催

第1回 09月24日(水)  9:00~13:00  大橋病院
第2回 10月22日(水)  9:00~13:00  大橋病院
第3回 12月10日(水)  9:30~17:00  大橋病院

アドバイザー

稗田幾子  東邦大学医療センター大森病院  副看護部長
影山美子  東邦大学医療センター大橋病院  副看護部長
前田富士子 東邦大学医療センター佐倉病院  副看護部長 認定看護管理者
鈴木加乃  東邦大学看護企画室  副看護部長 認定看護管理者

内容

第1回 9月24日(水) 9:00~13:00 大橋病院 日本調剤会議室 3階

講義

  • 杉  薫 東邦大学医療センター大橋病院 院長
    「大学理念と病院理念,目指す医療」
  • 菊地京子 東邦大学医療センター大橋病院 副院長 兼 看護部長
    「病院理念と看護理念 目指す看護」

グループワーク

  • 私の考える「主任とは」
東邦医大学医療センター大橋病院 杉  薫 病院長
東邦医大学医療センター大橋病院
杉 薫 病院長
東邦大学医療センター大橋病院  菊地京子 副院長 兼 看護部長
東邦大学医療センター大橋病院
菊地京子 副院長 兼 看護部長

受講者の声

  • 講義の中に自分の悩みを解決するヒントがあった。
  • グループワークで自分のことを話すことで、自分にとって最も壁になっていることが明らかになった。
  • 今日、グループワークで話を聞いてもらい、グループのみんなから意見をもらえて元気が出た。
  • 東邦の3病院の主任同士で意見交換ができ東邦を良くしていく主任になりたいと思った。
  • 同じ立場の主任と話すことができ、分かり合えて前進できる。
  • 課題に取り組むモチベーションが上がり、参加して良かった。
  • 自分から足を踏み出さないと進まないが、できていなかったことに気づいた。
  • 「自分を変えたい」と思って参加し、悩んでいることを話せて気持ちが落ち着き、少し現状を整理できそう。
  • 部署に戻ったら、師長とさっそく話したい。
  • 部署の他の主任ともっと話そうと思った。

センターより

大橋病院の院長 杉先生と、副院長兼看護部長 菊地先生には、参加した20名のためだけに講義をしていただきました。杉先生からは、ご自身が医局長として病棟にいた頃、主任さんたちが患者さんにより良い看護を提供しようと、とても頑張っていたことを知っていると言っていただきました。また、医師と看護師は患者さんが幸せになれる医療を提供するために、それぞれが専門職の立場からもっと意見を交換できるようになると良い、とご提言いただきました。菊地先生からは、当たり前のように日々行っている看護こそ自部署でうまくいっている看護。是非その看護を自分たちで認め、言葉として他者に伝えられるようになってほしいと力強く話してくださいました。東邦のトップ陣から直接話を聞く貴重な機会でした。

グループワークでは、自分が思い描く主任像と、今の自分の迷いや悩みを話し、それを題材に意見交換しました。同じ立場の者が集まり、立場や気持ちを分かり合うことができ、納得できる建設的な意見交換ができました。2回目の開催に向け、「主任とは」を自分の言葉で語れることを目指し、さらに悩み、考えを深めていきたいと思います。

(KAN)