ホーム > 活動内容 > 2015年度 > 講座 > 学び直すNo.8 教育の基礎を学ぶ—学生を育てる

トピックス

お問い合わせ先

学校法人東邦大学
法人本部看護企画室キャリア支援セクション
〒143-0015
東京都大田区大森西4-16-20(看護学部内分室)
TEL:03-3762-9890
FAX:03-3762-9896

講座No.8 教育の基礎を学ぶ—学生を育てる

教育の基礎を学ぶ—学生を育てる 開講報告です!

6月9日(火)、「教育の基礎を学ぶ—学生を育てる」を開催しました。
本講座は臨地実習において学生指導を担当する方々を対象に「教育とは何か」を改めて学びます。
人はつい、自分がこれまで習い、育てられてきた方法で学生の指導を行ってしまうものです。しかし、相手は自分と同じではない…。どうしたら学生への理解を深められるのか、ちょっと立ち止まって考えるための基本的な知識とスキルを学びます。

【講師】
新保 幸洋 東邦大学理学部 教授 博士(文学)

【内容】
講義・ディスカッション・事例検討など
◆教育とは何か(教を重視する立場、育を重視する立場)
◆共育としての教育
◆共育が可能になるためには何が必要か?(特に指導者の側の要因について)
◆看護学生の成長・発達を阻害する要因は何か?
◆看護学生の認知・行動特性について
◆関連する内容についてのビデオ視聴、グループディスカッションなど
◆事例検討(看護学生への指導について受講者が体験した事例で考えます)

参加者35名 (大森17、大橋7、佐倉11)

「教育」って何だろう?…から講義は始まり、「教育」という漢字の成り立ちを紐解きました。次にDVDを観て「人の育て方」を考え、「持っている力を信じて待つこと」なんだとみんなで話し合いました。最後に、受講者が体験した事例から学生への指導について考えました。
その人自身の力で変わっていく姿は想像するだけでも嬉しいです。その支援ができるとし幸せです。さて、自分の病棟だったらどんなふうに実践できるか、各自が考えレポートにまとめることとなりました。