キャリア支援セクション

メニュー

2020年12月 キャリア支援セクション活動報告

<看護企画室キャリア支援セクション運営>
□看護企画室キャリア支援セクション会議/随時
□研修運営に向けた連絡・打合せ・企画書等書類作成
□新人を育てる研修 運営 : 12月2日(水)
□シミュレーションエクササイズ(大橋病院会場)研修 運営 : 12月9日(水)

<お知らせ>
<広報>
□現在お申し込み頂ける研修・Career Cafe/フィジカルアセスメント講義
☆研修内容・方法・申し込み締め切りが大幅に変更になっています。参加ご希望の際は当部署ホームページをご参照ください。

<開講報告>
□E2.新人を育てる 第2回
 第1回目の教育の基礎についての学びをもとに、各々の所属部署の教育環境について検討した事項についてグループ討議を行った。グループ討議には、各施設で準備したパソコン又は企画室で準備したiPadをひとり1台使用し、zoomのブレイクアウトルーム機能を利用した。オンライン上ではあるが3病院異なる施設からなるメンバーでのグループ討議を行うことができた。多少の通信トラブルもあったが、話し合い自体は充実した内容であった。今後、受講者は今回の学びをもとにさらに自部署の教育環境(人的環境も含む)を整えるための計画をブラッシュアップしながら実践、または次年度へ向けての準備を行い、レポートする予定である。部署の皆さま方には、計画・実施についてのご支援をお願いしたい。
□C3.シミュレーションエクササイズ—発熱から考える急変予測と対応
 3病院各施設で開催することとしたシミュレーションエクササイズは、大橋会場でのみ開催した。
 参加人数は8名であった。感染防止対策として、シミュレーションを実際に行う時は防護具を着用し、1回ごとにシミュレーターの消毒を行った。受講者のアンケート結果は添付資料をご参照いただきたい。
大橋病院の注力する看護の一つである高齢者看護の要素も含めたい、という認知症看護認定看護師を含む大橋病院インストラクターの発案により、迅速評価、C-ABCの習得を柱とするところは変えず、認知機能の低下がある患者の急変という内容をプラスした。各施設ごとで開催することにより、各施設の特色を入れることができるという点では効果的であった。
 しかし、3病院から異なる施設の看護師が集まり、東邦大学の看護職であることを再認識すること、異なる施設の看護職との良い意味での緊張感を持ちながら切磋琢磨する、ということは能わず次年度も各施設開催となることは必至である中で、看護企画室キャリア支援セクションとしての研修の在り方に工夫が必要である。


<ウェブサイトのアクセス数推移> 2020年12月31日現在
ビュー: 998 (前月 1,502)  訪問数: 430(前月 634)
ホームページを2回更新した。

お問い合わせ先

東邦大学 法人本部
看護企画室
採用セクション

〒143-8540
東京都大田区大森西5-21-16
TEL:03-5763-6529
FAX:03-3768-0660

お問い合わせ先

東邦大学 法人本部
看護企画室
キャリア支援セクション

〒143-0015
東京都大田区大森西4-16-20
(看護学部研究棟2F)
TEL:03-3762-9890
FAX:03-3762-9896

お問い合わせ先

東邦大学 法人本部
看護企画室
特定行為研修セクション

〒143-8540
東京都大田区大森西5-21-16
TEL:03-5763-6505
FAX:03-3768-0660