アーモンド

アーモンド

中央アジア、西南アジアが原産地です。紀元前からヨーロッパ、アジアで栽培されてきた8m程にもなる落葉高木です。葉は卵状披針形で、縁には細かい鋸歯があります。花期は3~4月、白から淡いピンク色の5弁花を数個つけます。果期は5~6月、熟すと開裂し、中には倒卵形の種子があります。
当園では、甘みのあるP.amygdalus var. dulcisを植栽しています。

学名

食用には甘みのあるPrunus amygdalus var. dulcis
薬用には苦味のあるPrunus amygdalus var. amara

科名

バラ科

生薬名

甘扁桃(カンヘントウ)⇒甘みのあるもの。
苦扁桃(クヘントウ)⇒苦味のあるもの。

利用部位

種子⇒完熟したものを採り、果肉と殻を取り除いて日干しにします。

利用法

甘扁桃=
圧搾して採る甘扁桃油は、鎮咳、去痰薬の乳化剤。
マッサージオイルの添加剤。
緩下剤として内服します。
苦扁桃=
香料、リキュールに。 
苦扁桃は青酸配糖体を含んでいるので、生食すると中毒を起こすので注意。

効能

甘扁桃⇒緩下作用。 苦扁桃⇒水蒸気蒸留で採る苦扁桃水は鎮咳、去痰。

成分

種子に脂肪油、タンパク質、酵素のエムルシン、他にビタミン類。

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム