アケビ

アケビ

本州、四国、九州に自生する、落葉蔓性植物。雌雄同株。花期は4~5月。先の方に雄花、基部に雌花をつける。花弁のように見えるのは萼片。花後、液果を結び成熟すると開裂しますが、中には半透明の果肉が詰まっています。果肉は食べると甘く美味しいのですが、種の多さには閉口します。果肉だけ食べて苦い果皮はほとんどの人は捨てますが、果皮も茹でこぼして、油味噌炒めやそのままの形に詰め物をして調理できます。春先に伸び始める蔓先は大変苦いのですが、蔓先のお浸しは食べるとやみつきになります。
近縁種にはミツバアケビや常緑のムベがあります。

学名

Akebia quinatai 

科名

アケビ科

生薬名

木通(モクツウ)

漢 方

消風散、通導散

利用部位

⇒晩秋蔓の太い部分を輪切りにし、日干しします。

利用法

蔓の先端を曲げて折れるくらいまでを摘み、茹でてお浸しに。 
果実⇒果肉は勿論のこと、果皮も食べられます。果皮は数回茹でこぼして、油味噌炒め、具を詰めて包み焼きに。

効能

腎炎、尿道炎、膀胱炎等のむくみには、木通5~15gに水400mlを加え、水が半量になるまで煎じ、1日3回に分けて服用する。この煎汁で、できものの患部を洗っても良い。

成分

サポニンのアケボシド類、カリウム塩

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム