ベルガモット

ベルガモット

北米原産の多年草です。モナルダやビーバームの名前でも呼ばれています。モナルダはヤグルマハッカ属の学名での呼び方で、ビーバームは花の蜜に蜂がよく来るのでそう呼ばれます。名前の由来は、葉の香りが香料になる柑橘のベルガモットオレンジの香りににていることによります。花色もピンク、濃いピンク、赤、などいろいろあります。冬期は地上部は枯れますが耐寒性はあるので、春になると新芽を出します。密生させると風通しが悪くなりうどんこ病がでやすいので、風通しよく栽培します。和名は、ピンク色はヤグルマハッカ、また赤色はタイマツバナと呼ばれます。

学名

Monarda didyma

科名

シソ科

利用部位

葉、花

利用法

花壇や切り花に。乾燥してポプリ、ドライフラワーに。


ティーは吐き気、腸内ガスや不眠に。
風邪の時、蒸気吸引に。
ワインや飲料の香り付けに。若葉はサラダに入れたり肉料理の香り付けに。
インフューズドオイル
にしてヘヤーオイルに。吹き出物にはハップに。


花弁をサラダやデザートの彩りに、クッキー生地に練り込んでも彩りになります。 

成分

⇒殺菌作用のチモール 

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム