エンコウソウ

エンコウソウ

北半球の湿地に分布し、日本では北海道、本州の東北、関東、中部の湿地や池沼に生える多年草です。近縁種にはリュウキンカ、それより大型のエゾリュウキンカがありますが、エンコウソウはリュウキンカの変種になります。草丈は20~50cm、茎は横に這い四方に広がるのが特徴です。葉は腎円形、5~15cm程で浅い鋸歯があります。花期は5~7月、長く伸びた茎の先に2~3cm、5~6弁の黄色い花をつけます。花弁のように見えるのは萼片です。名前の由来は、茎が伸びた様を猿(猿猴)が手を伸ばしているように見立てられたものです。因みに猿猴とはサル類の総称であり、人形浄瑠璃界の隠語で手のことを示します。低毒ではあるが有毒のものが多いキンポウゲ科の中でも、この3種は食べることが出来る数少ないものですが、低毒ではあるが有毒成分を持つので、茹でて水で充分晒してから用いてください。

学名

Caltha palustris var. enkoso 

科名

キンポウゲ科

利用部位

葉、茎

効能

葉茎⇒食用の場合は、水量の豊富に流れている環境に生育したものを摘んで、茹でて半日から一日は水で晒して用います。水質が少ないところのものは、有毒成分が多い場合があるので食べないこと。
喘息⇒陰干しした葉茎一日量5~10gを煎じて飲用。
咽頭炎、咽頭結核の嚥下の痛み⇒葉、茎の煎液でうがいします。

成分

ラヌンクリン (ranunculin) 、トリテルペンサポニン類、トリテルペンラクトン類、イソキノリンアルカロイド類など。

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム