フタバアオイ

フタバアオイ

本州福島県以南、四国、九州に分布する多年草。高さ15~20㎝位。山中のやや薄暗い林床、沢沿いなどに多く見かける。早春に2枚の葉をだし、その間から1つの花を下向きに咲かせる。花色は普通濁紫から淡黄褐色、稀に緑花。一面足の踏み所がないくらい自生していたが、山野草ブームで乱獲され少なくなった。

学名

Asarum caulescens 

科名

ウマノスズクサ科

生薬名

土細辛(ドサイシン)

利用部位

根茎、根

利用法

咳止めには5~10gを水300mlで半量に煎じて服用。

効能

咳、発汗、胸痛

成分

アサリニン、アサリルケトン、メチルオイゲノール、サフロール

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム