ホンゴシュユ

ホンゴシュユ

中国原産の雌雄異株の落葉低木です。江戸時代、享保の頃小石川御薬園に導入されたものから、株分けされたものが各地で栽培されています。樹高は3~5mで、葉は対生、奇数羽状複葉です。花期は6~8月、枝先に散房花序の緑がかった白色の小さな花をつけます。果実は偏球形、6mm程の蒴果で独特の香りがあります。ゴシュユは導入当時、雌株だけが入ったため、日本には現在も雄株はないため、結実しても種子は出来ません。

学名

Euodia officinalis

科名

ミカン科

生薬名

呉茱萸(ゴシュユ)

利用部位

果実

効能

頭痛、吐き気、口内炎、歯痛

成分

アルカロイド

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム