フタリシズカ

フタリシズカ

日本各地の山地や林野に生える多年草です。花穂が1本のヒトリシズカに対し、花穂が多数あり、おおかたが2本であることが名の由来です。中には花穂が5本以上あり、最高12本までは確認しております。茎は枝はなく単一で直立しており、節があります。草丈は30~50cmで、10cmほどの葉は十字対性で、花期は4~5月、小さな白い花を穂状花序につけます。花が終わると閉鎖花をつける特性があります。当園のフタリシズカは、腐葉土の中から発芽し生長したもので、薬用植物として栽培しているのではありませんが、山野草として鑑賞、栽培しています。

学名

Chloranthus serratus

科名

センリョウ科

利用法

鑑賞用

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム