日本全土、朝鮮半島、中国、台湾から北米の日当たりのよい湿地に自生する多年草です。
江戸時代には髄をろうそくなどの点火用に使われていました。現在でも和ろうそくの芯に使われています。新しい畳の匂いはこのイグサの匂いですが、畳表に使われるのは、栽培品種のコヒゲという花穂の短い品種です。

学名

Juncus effusus L. var.decipiens Buchen

科名

イグサ科

生薬名

燈心草(トウシンソウ)

利用部位

効能

利尿、不眠、小児の疳などに処方されます。
民間薬としては、茎をかみ砕いて、外傷の止血に使われます。

成分

キシラン、メチルペントザンなどの多糖類。

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム