ジャーマンダー

ジャーマンダー

ヨーロッパから西アジア原産の小低木で、ニガクサ属の、多年生草本です。高さは50~60cm程になり、根元から分枝する茎は四角、光沢のある葉は1~2cm、縁に浅鋸歯があり、かすかに芳香があります。花期は7~8月、青みがかったピンク色の花を穂状に輪生してつけます。よく拡がり地を這う性質から、花壇の縁取りや鑑賞用に植えられます。
ヨーロッパでは古くから地上部を胆嚢や消化器系の治療、痛風やリウマチ、解熱などに用いられていたそうですが、現在、「メディカルハ-ブ安全性ハンドブック」によると、現在アメリカでは規制されてアルコール飲料の香料としての使用だけが認められており、カナダでは本品は、非医療薬品の原料として経口製薬への使用は、禁止されています。
単にジャ-マンダ-又はウォ-ルジャ-マンダ-と呼ばれます。同じニガクサ属にツリ-ジャ-マンダ-がありますが、こちらも鑑賞用として生け垣に利用されます。

学名

Teucrium chamaedrys

科名

シソ科

利用部位

地上部

利用法

食用、花壇の縁取り、切り花、鑑賞用。
地上部⇒薬用酒の香料に。

効能

現在では脂肪沈着の軽減や、潰瘍の治療への研究中。

成分

カリオフィレン、イリドイド配糖体、タンニン

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム