カギカズラ

カギカズラ

中国南部にも分布し、日本では千葉県房総半島を北限として南紀、山陽、四国、九州の温暖な山地に自生する落葉蔓性木本で、希少な植物です。千葉県では絶滅危惧種に指定されており、植物園でもあまり見ることは出来ません。花のつく若枝は四角で水平に伸び、枝は蔓になり葉腋には小枝の頂端組織が枯死、木化して出来る太く曲がった鋭い鈎(茎刺)が1つ、2つ、1つ、2つと交互についています。その鈎を他の木に引っかけながら伸びて、10m以上にも生長します。茎刺には、葉や茎よりも多くのアルカロイドを含み薬用とされます。葉は5~6cmの先の尖った長卵形で葉裏はやや粉白色、4~5本の葉脈がはっきりしています。一つの花は5mmほどの筒状で、葉脈から長く出ている花茎に淡黄色の頭上花序をつけます。開花期は6月下旬から7月です。
別名には、この鈎を猫の爪に例えた「ネコヅメカズラ」とカラスの爪に例えた「カラスノカギズル」があります。

学名

Uncaria rhynchophylla

科名

アカネ科

生薬名

釣藤鈎(チョウトウコウ)または釣藤鉤

漢方

高血圧症に伴って起こる症状の、頭痛、のぼせ、精神的興奮症状、心悸亢進⇒釣藤散、抑肝散など。

利用部位

茎につく鈎状の部分(8~9月に採取して用います)。

効能

鎮痙、鎮痛、血圧降下、頭痛、めまい、脳動脈の硬化、小児のひきつけ

成分

アルカロイドのリンコフィリン、イソリンコフィリン、コリノキセイン、ヒルスチン等。

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム