カリン

カリン

中国原産の落葉高木。日本および中国、朝鮮半島、アメリカ、フランスなどで栽培されている。高さ8m位。葉は互生し倒卵形~長倒卵形。樹皮が鱗状に剥げ落ち、雲紋状に後が残り綺麗。花は5弁で淡紅色。枝先に単生。実は倒卵形の実が付、き熟すと良い香りがする。薬用のほか観賞用として広く庭木、鉢植えや実物盆栽で楽しまれる。

学名

Pseudocydonia sinensis 

科名

バラ科

生薬名

和木瓜(ワモッカ)、榠櫨(メイサ)

利用部位

果実

利用法

成熟果実を日干しにして使用。

効能

鎮咳、鎮痛、利水、疲労回復

成分

リンゴ酸、クエン酸、酒石酸、ショ糖、サポニン、タンニン

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム