キブシ

キブシ

本州、四国、九州に分布する。山地、丘陵地に生える落葉低木。高さ4~5m位。葉は互生し卵状楕円形で10㎝前後。花は雌雄異株、総状花序、下向きで色は黄緑色のあまり目立たない色だが密につき結構目立つ。

学名

Stachyurus praecox

科名

キブシ科

生薬名

通条樹(ツウジョウジュ)、木附子(キブシ)

利用部位

若枝、葉、果実

利用法

1日量4~8gに400mlの水を加え3分の1にまで煎じ3回に分け空腹時服用。

効能

利尿、しもやけ、歯痛

成分

シアニジン、タンニン

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム