コノテガシワ

コノテガシワ

中国、朝鮮半島原産の常緑小高木。高さ3~12m位。約250年位前に日本に渡来。葉は対生し鱗片状で三角状卵形。花は春、雌雄同株で雄花は小枝に頂生。球果は枝先に単性する。お寺などで古木を見ることがある。公園や庭木として植えられる。

学名

Thuja orientalis

科名

ヒノキ科

生薬名

側柏葉(ソクハクヨウ)、柏子仁(ハクシニン)

利用部位

葉、種子

利用法

種子は秋、葉は必要時に採集し日干しにして使用。滋養強壮、鎮静に柏子仁1日量6~9gを煎じて服用する。

効能

収れん、止血、鎮痛、滋養強壮、鎮静、消炎

成分

α-ピネン、ツヨン、フェンコン、セスキテルペンアルコール、カリオフィレン、ユニペリン酸、サビニン酸、ペンタトリアコンタン、ヒノキフラボン、脂肪

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム