クロモジ

クロモジ

本州から九州および中国に分布する落葉低木。高さ2~3m位。明るめの山地に生える。幹肌は緑色をしているものが多く、黒い斑紋が出る。葉は互生。花は春、芽出しとほぼ同時に散形花序の黄緑色の小花を咲かせる。雌雄異株。木に良い香りが有り、高級楊枝の材料で知られている。

学名

Benzoin umbellatum

科名

クスノキ科

生薬名

釣樟(チョウショウ)、釣樟根皮(チョウショウコンピ)

利用部位

枝、葉、根皮

利用法

8~10月に取り、陰干し使用。根は必要時。

効能

去痰、脚気、急性胃腸炎、石鹸の香料、香水

成分

シネオール、ゲラニオール、リナロール、ジペンテン

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム